コミュニケーション指南
2017年07月24日 (月) | 編集 |
 コミュニケーション取れてるってこういうことかなあ、と感心したこと。
 大勢の人が感心したものと見えて、「いいね」が現時点で20万…。



 こちら2枚組の漫画形式となっておりますので、ツイートを開いてメディアをご覧いただければと思います。
 が。環境で閲覧できない方もあろうかと思いますので(twitterさんフィーチャーフォンに帰って来て〜;;)無粋にもざっくり説明いたしますと。

 ツイート主さまがご帰宅。
→奥様ご在宅ながら、珍しいことに不機嫌そう。
→ツイ主さま、奥様に、「3つ質問していい?」「構いません」
   ↓
「落ち込んでいるようだけど体調悪い? 機嫌悪い?」
「体調はイマイチで機嫌が悪い」
「なるほど。一人がいい? そばにいて欲しい?」
「一人にしてもらえると助かる」
「では夜9時までカフェで作業してきますが、欲しいものある?」
「ジャイアントコーン」青じゃなくて赤のやつ
 おっけー。探してきてやるよ 最高のジャイアントコーンてやつを✨
「ありがとう」普通のでいいよ

 まず感心したのは、リプにもあるんですが、ツイ主さまに最初に「落ち込んでるみたいだけど、体調悪い? 気分悪い?」と質問されたとき、どうも甘えがあって、つい、「べつに」とかっていう返事をしそうになるよなあ…、と我が身を省みてまずここで、そもそも、大反省;;;

 そんなわけで、そう聞かれて「体調イマイチで機嫌が悪い」とお答えになる奥様、えらいなあ、と思いまして。
 機嫌が悪いときはその機嫌の悪さをまず外へ出してしまう、ってこと、多い気がする。

 それを甘えと申しましたのは、これ相手が友達だったらそういうことはしない。なのに、家族とかだとたちまち「べつに」になるから。

 あと、現在の自分の状況がどうなのかをきっちり把握してますよね。昨日お話ししました、「メタ認知」「自己分析」の意味はこのへんにある。
 機嫌が悪いときに機嫌が悪い「そのまんま」で対応するのではなくて、黙ったまま何処かへ行ってしまうのでもなくて、「今、私は機嫌が悪いのです」と言えるのは自己分析のなせるワザ。

 不機嫌ではあるとしても、それで他人を巻き込まない、というのは大事なことですね。
 で、そういうときに「ではそのように対応します」と言える方も偉いなあ、と。

 一人でいたいか、そばにいて欲しいか、というのは状況によって変わる。それをオプション(選択肢)として用意するのは、これはもう、それこそ、この場面だけのことじゃなく、日常での、あるいはこれまでの、お互いのやり取りの中から自然に出てくる「オプション」なんでしょうね。
 
 と思って、ツイ主さまのプロフィールページに行ってみたら、固定ツイートがありました。
 こちら。



 ご自分でもご夫婦仲がよろしいというのは自覚があったけれど、あらためて人からそれを指摘されたとき、コミュニケーションがうまく取れずにいる人が多いことんあらためて気がつき、ならば自分の話は参考にしてもらえるところもあるだろうか、とのこと。

 こういう、コミュニケーション上手のお話は是非、世に広めていただきたい。ありがたいなあと思った次第です。

 こちらではご夫婦間のことですが、でもこのコミュニケーションてやつ、人間関係全般に必須のものですから。上手な方のお話は是非とも、聞いて真似して応用・実践できるといいなと思いますね。

 印象的だったのは、その固定ツイートにありますが、基本的な心構えとして、
「妻は他人である。ということを絶対に忘れない」
 これは友達でも家族でもなんでも同じで、
「相手が妻・夫だから要求する権利がある」という考えは大変危険だ——とおっしゃる。

 その通りだと思います;;
 いつぞやは、ご夫君のお宝を許可もなしにごっそり捨てたという、人非人の誹(そし)りもまぬがれないであろう妻君のことが話題になっていましたが。
 基本、それがどんな人間関係でも、自分以外は「他者」なんですよね。他人というと抵抗してくる人もありますが、でも、他者、というとイメージしやすいかな。

 自分以外に自分はいない。その感覚。

 そうは言っても、これも相手のあることで、片方だけがコミュニケーション上手で、相手は箸にも棒にもかからないようなのでもなんとかなるなんてことはない。
 相互の「やり取り」、そのバランスだよなー、と、感心して拝見した次第です。

 人間関係において「距離感」の話をされることは多いんですが——実際、その通りだなと納得はするものの、では自分の「日常」にどう取り入れるのか、応用するのかという、具体論になると、途方にくれる、という人も多いはず。

 やっぱり先ずは、自分が、自分の「気分」に振り回されずにいることが大事なんですねえ……と、我が身を省みて猛省中;;

 まあ、できることをひとつずつ、でしょうけどもね;;
 どんなことも;;
 
 
関連記事