爆走する王蟲
2017年07月12日 (水) | 編集 |
 昨日ツイッターでちょっと書こうかなと思ったけれど、やはり140文字では私には無理がある(←話が冗漫)と思いましたので、こちらで発散。

加計問題、なぜか報道されない「当事者」前愛媛県知事の発言全容
2017/7/11 19:42 J-CAST
https://www.j-cast.com/2017/07/11302992.html

 私がざっと聞いたところでは、これ、何が問題なんだかさっぱりわからない。さまざまある特区の中ではいろんな試験的な試みもされていると思いますが、いわば「従来の規制を外して諸政策を試験的に行い、その経過や結果を見る」ものですよね。
 そういう中では、従来の規制の中では実現できなかったことを行なったというだけのことであり、それがなんでスキャンダル扱いされているのかさっぱりわかりません。

 国会は閉会中であるにも関わらず強引に何やらやっているようですが、パフォーマンスというのか茶番劇というのか、小芝居とでもいうのか、「………なにやってんの?」という感じで見るに耐えない。
 
 挙げ句の果てには民進党(民主党)さんは、特区の廃止を、なんてことまで言ってましたよねえ? 引っ込めたんですかあれ。面白いから続ければよかったのに。そうすればどれほど民進党(民主党)が国を破壊することに熱心なのかがもっと浮き彫りにされたのに。

 彼らが政権を取っている間、私は「ロクデモナイことしかしないならもう何もするな!」とどれほどキレまくっていたかわかりません。野党の今も全く同じで、ろくなことをしないし言わないんですね。
 そんなんだから共産党さんと並んで外国の出先機関扱いされるんですよ。

 ともあれ、この加戸守行さんのお話は、上記記事でしか私は拝見していませんが、これだけでも、「ああ、なるほどね」と腑に落ちます。物事の筋道がわかりますね。
 とするならなんの不備もない話で——繰り返しますが、これが何故、スキャンダル扱いなのでしょう? それとも「特区」という制度自体が「違法」だということなんでしょうか? とするなら特区制度をちゃんと法律の上でも廃止するのが筋でしょうが、私はその案には賛成しません。
 規制ガチガチで経済活動の上でもなかなか新しい芽が出ないのが日本の風土の悩みどころなんですから、それへの一つの挑戦として設定された各種特区、やめるべき理由はないでしょうしね。

 昨日、もっと嫌だったのは、——私は存じませんでしたが、今って午前中からワイドショーってやってるんですね? 朝の時間帯はしょーがないと諦めてましたが、なんと、正午まえの時間帯からすでにあんなくだらないものをやっているとは!

 仕事で顔を出しに行った先にテレビがありまして、別に誰が見ているわけでもないけどBGMがわりにテレビがつけっぱなしに。で、そのワイドショーを見るともなしに見る羽目になってしまいました。
 司会やコメンテーターの方々のいうことは噴飯ものとしか言いようがなかったですが(噴飯というのは、バカバカしくてつい吹き出してしまう、という意味で、怒り出す、って意味ではありませんので念のため)、一つ気になったのは、「この連中、なんで結論を決めてんの?」ということ。

 私にはこれがスキャンダル扱いされるのも不思議ですが、彼らは暗黙のうちに、「この”事件”はこういうこと」という、筋書きをちゃんと「作って」あるんですね。
 で、その筋書きには合わないと、全て「疑惑」「うそ」とみなす。

 最近ではネット含めて視聴者からの反応もうるさいでしょうし、そのせいもあるんでしょうね、ずいぶん遠回しに、奥歯と前歯に物が挟まったみたいな言い方でしたが、主旨はわかる。

 それで思ったんですが、———「この人が犯人に違いない」と決めつけて、無実の人、それどころかその人自身が被害者であったのを犯人呼ばわりし、早く自首をしろ、みたいなことを言った人がありましたね。
 今回も、同じことをしていますね。

 例えば警察が、犯人はこの人と決めつけ、まともな捜査もせず、その用意された結論には合わないという理由から重要な目撃証言等を採らず、冤罪事件を起こしたら。
 このハイエナみたいなと言ってしまってはあまりにもハイエナに失礼なワイドショー、その司会やコメンテーターは、なんというでしょうね。

 他人は冤罪事件を起こしてはいけないが、自分たちはいくらでも無辜の人を罪人として侮辱していい、という発想みたいですね。

 あんまり気分が悪いので——仕事とは関係ないけどなんとなく私の顔色が変わっていたんでしょうかね(とすれば要反省;;)、先方が気を利かせてくださって、
「(テレビの)チャンネル変えましょうか」
 というので、お願いします、と言いながら、
「国会もそうですけど、馬鹿に付き合わされるのって拷問ですよね〜」
 と世間話のつもりで軽く言ったら、ちょっとビビられました;; すみません;;

 引かれたとかドン引きされたとかではなく、怖がられる、ということが、ときどきあります;; たぶんウッカリ本性が出たとき、普段のようすとのギャップが激しいんでしょうね;;
 そのへんは私も——自覚があるというより、これまで何人かから指摘されて、そうなのかと反省してはいるので、気をつけているのですが。

 ただ、ならばふだんのぼーっと呑気なところは「うそ」かというとそうではない。ぼや〜んと呑気、というのも、立派に私の”本性”です。
 が、怒ってしまうとそれとは違う側面が現れる。……それだけだと思うんだけどな;;

 私だってそうむやみなことで怒りゃしません。怒るには相応の理由はある。……だからって怒りを正当化する気もございません。自重する(可能な限り)のはもちろんです;;

 その昔、怒りの大魔神を見たときは(あのシリーズ、私はリアルタイム世代ではないのですがいちおう知ってる)、他人とは思えなかったし、目を真っ赤にして爆走する王蟲には親戚のような親しみを感じたし(…………)。
 あんまりいいことじゃない、という自覚はあります;;

 気をつけます;;(可能な限り)

【参考】
大魔神とは (ダイマジンとは) [単語記事] - ニコニコ大百科
 
 
関連記事