相手を尊み自分の位置を下げること

 やっぱりあんまり人様のことをあれこれ言うもんじゃないですねえ、昨日のエントリーを見て、「ほんじゃあ、今話題のアレはどう思う?」と聞かれてしまいました。

 あれか…、これまで世間からはおしどり夫婦と思われていたけれど、現在泥沼係争中の方々のお話ですね。

 あれはもうそれこそ人様のプライバシーであり、別に犯罪に関係するようなことでもないので、縁もゆかりもない他人が、まして面白おかしく取り上げることに、反対する。——という立場。
 どう思うかをしゃべるよりは、そんな人様のことを、まして本気で心配するわけでもないのに口を出すもんじゃないですよ、と、そっちの方が私には不愉快で、そちらの方を取り上げたいですわ。

 こういうときいつも思うのは、当事者ももちろんお気の毒だけれど、お身内の方は本当に気の毒だなあ、と思います。
 世間は自分たちの妄想があたかも現実にあったかのようにしてものを言いますからねー。あれ、本当に一種のパラノイア(誇大妄想狂)だと思いますよ私は。
 被害妄想はさほどでもないでしょうが、誇大妄想、誹謗中傷の攻撃性、自己中心的性格——、ね。ピッタリでしょうよ。
(余談ですが現在ではパラノイアという言葉は使えない、または使わない方がいい言葉になっているようです)(パーソナリティ障害という方が現在は一般的らしい)

 お身内の方からすれば、言いたいことは山ほど出てきてしまうでしょうが、でも、下手に話せばまたくだらない噂話に燃料を投下することになるから、黙って耐えるしかない。……そのストレスはいかばかりかと思いますと、なかなか私も、取り上げる気にはなりません。

 だからおめでたい話の方がありがたいって言うんですよーもー;;
 おめでたいことだと当事者を冷やかしてもご愛嬌で済むしさ。
 でも、週刊誌にしろワイドショーにしろ、おめでたい、あるいは、明るい、楽しい話題ってほとんど取り上げない。他人の悪口陰口ばかりでしょう。
 
 冗談抜きで、何かの悪口いうのって知能指数を下げるんですよ? それでなくても生まれついてのIQなんかアレなのに、そのうえに、おはようからおやすみまで他人の悪口言うのを毎日繰り返していたら、ますますアレがアレになってしまうではありませんか。
(言いにくいことはぜんぶアレで済ませる)

 私はどうもここんとこ、お若い人はみんなエライなあ立派だなあと思い、翻って見るに、今日日(きょうび)の古いやつらは話にならん、と思うことばかりなんですが、——多分、元から大したことがないIQの持ち主が、何十年もその知能指数を自ら押し下げるようなことをしてきた、その積み重ねの結果がアレなんじゃないかなと思います。

 お若い方には、ネットを含め、人様のことを面白半分に——半分ならまだいいのか——取り上げて悪口を並べるような「メディア」に接しないよう、またご自身もそのような積み重ねをしないように、気をつけていただければと思います。

 若い頃はそうでもなかったのに、最近、ちょっとびっくりするくらい、人格面に疑問を感じるような人を見てしまって——、けっこうそのへん、真顔で考え込んじゃっているのですよ。
 歳をとって丸くなったり、経験値が上がって人としての深みが出てきたりしてもいいところなのに、なんでこうなるのかなあ、……などとは、同年輩としては、情けなくて、そんなことは思いたくないんですけど。ねえ。(^^;)

 とまあそういうわけなので、いかに世間で話題になっていようとも、私は「三舎(さんしゃ)を避(さ)く」という態度を徹底していたいと思いますので、ノーコメントといたします、あしからず。

 ていうか——悪口はもちろん、軽々に他人のことを取り上げるのはやめとく、と言っていますが、現在のメディアのありようについてだったらいくらでも喋ってしまうかもしれません、いくらでもね。ええ。

 ………メディアについて喋って悪口にならないのは、私には、相当に難しい。(^^;)


 なお、本日のお題が、「三舎(さんしゃ)を避(さ)く」の意味でございます。
  
 
関連記事
プロフィール

みずはら

ブログ内検索
最新記事
リンク
地球の名言

presented by 地球の名言

カテゴリー
RSSフィード
月別アーカイブ