2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2017.07.09 (Sun)

許せないの意味

 考えてみると「許せない」という感情も、ちょっと面白いものですよね。

人の幸せが許せない? 他人を見下す人の本当の心理
寓話「すっぱい葡萄」のように、誰かのぶどうを酸っぱいと言ってない?

2017年7月7日 日経WOMAN ON LINE

 私は人様のノロケ話を聞くのが好きですが、なかなか「同志」が見つからない。そういう中では上記コラムにあるようなことはうすうすでも感じ取ることですが——「許せない」って、妙なもんですよね。

 許せないという感情は自分の何かを守ろうとしている姿勢を表す。
 許せない、と思って頭に血が上ったとき、自分は自分を守ろうとしていると自覚できると、頭に血が上って「発狂」する度合いも、低めに抑えられるかもしれません。

 これ誰かがツッコんでくるんじゃないかなあと昔からうっすら思ってるけど、いまだに誰も言ってこない、ってことがありまして。
 私が人様ののろけを呑気に聞いては嬉しがるのは、そりゃまあキレイにいえば、「他人の喜びを自分のものとしている」ということですが、——ま、これはこれでハズレじゃないので、それはありがたく受け取っておきたいと思いますが、別の側面からすると、
「ノロケをのんきに聞いているのは、自分にはまったく関係のないことだとあきらめきっているから」
 とも言えるんですよね。

 誰かそのうち、そのへん突っ込んでこないかと思ってきましたがいまだに誰も何も言わない。
 あんまり気の毒なので思ってはいても言わない、というだけかもしれませんが。(^^;)
 そうであるなら、お心づかい、かたじけのうございます。いやホントに。

 そういう人並みの幸せは自分にはまったく縁のないものだと思っていると、他人様の幸せそうな様子を見ても、うらやましいとすら思わない。そうですかあ、いいですねえ、とニコニコしているのは、ある意味、大変に「距離」がある心理状態。

 ノロケを嬉しがる理由はもう一つあって、口が固いのが幸い(災い?・笑)して、いろんな人のナイショ話を聞くけれども、これらはどーしても話としては深刻なことが多い。私としても聞く以外のことは何もできないので、実質、自分の負担になることは何もないけど、でも、話を聞いて心が晴れるようなことでもない。

 そういう中ではノロケなんてもんはもうね、聞いてにやにやして冷やかしてりゃいいだけなんで、こんなに気楽でありがたいことはない。——そういうあたりから、どうせ聞かせるならノロケなさい! どんどんノロケてきなさい!! みたいなことになっちゃった経緯もあります(笑)

 そういう、ちょっと特殊であるらしいところにいる人間から見ますと、自分が直接被害を受けてもいないのに、他人の幸せを「許せない」と感じるというのも、不思議な心理ではあります。

 何らかの被害をこうむって相手を憎むというのは理解できるけれど、なんの実害もないのに…というのは、ちょっと不思議。
 しかも、許せないというのは自分を守るための感情とすれば、なおさら。

 他人の幸せが許せないというのは、うらやましい、と同義語。ならば素直にうらやましい、自分もそうでありたい、と認めた方が自分も楽になれる。
 うらやましいと認めると、自分が望んでいることが見える。そのとき、望みがあまりにも遠く離れたものだと気づくと——努力してどうにかなることじゃない、てものもありますから——切なくなりますね。
 そういうときは、現実逃避の妄想三昧でもいいし(腐はこれが大得意)、切ないなあつって泣いていてもいいんじゃないかと思います。

 無意味に人様に理不尽な悪意をぶつけるよりも(おまけに、これをやると自分自身が人様から見下されたり嫌われたりするわけですよ……)、その方がよほど、「自分に対して親切」ってもん。

 この世には、許せないものなどない、ただ、許せないと「思う心」があるだけだ、——という言葉に出会ったとき、なるほどその通りだなと思いました。色即是空です。
 許せない人もものもない。ただ自分がそうやってこだわっているだけで、「実体」はない。

 と言って、許せない自分を嫌ったり憎んだりする必要もない。
 これは斎藤一人さんのお言葉ですが、「許せない自分を、許します」と言えばいい。最初のうちは言葉にすることもできないくらい抵抗があるかもしれませんが、口先だけだと自分でも思うかもしれませんが、でも、「許せない自分を許します」というのはなかなか威力のある言葉。
 毎日でも、気が向いたときだけでも、ちょっと唱えてみるのはオススメ。

 そんなことしても効果は薄いだろうと言われるかもしれませんが、薄くたって効果はゼロではない。今日実行して明日に結果ってことはなくても、何年か続けていれば、まったく何もしなかった何年かよりは良くなってる。
 わずかでも良くなるなら、その方がいいでしょう。ゼロでもマイナスでもないんだから。

 そうやって。
 この世に「ノロケ好き」仲間が増えますように。←自己都合
 
 
関連記事

タグ : 人間

11:56  |  身辺雑記2017  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |