身も蓋もない

 昨日は、受動喫煙の防止法整備に向けて、非喫煙者にとっての環境だけではなく、喫煙者にとっても快適な条件を整える必要があるだろうと書きまして。
 喫煙者にも良いように、という発想自体に疑問を感じられた方もあるようですが。

 現実主義、実利主義の考え方ってそういうもんなんですよ。(^^;)

 そりゃ喫煙には飲酒と違って「使い方を間違わなければ健康メリットもある」なんてものはひとつもない。害でこそあれ良いことなどない。
 ロビンソン・クルーソーにはタバコの生葉であれこれやって恐らくは感染症だろうと思われる症状の、「治療」を試みる場面もありますが、——あれは「毒を以て毒を制する」というもので、嗜好品として考えることとは別物と見なさざるを得ない。

 ということで喫煙は「撲滅」すべきものであり、であるにもかかわらず「喫煙者にとっても快適に」とは何事か、というお考えかと存じます。

 が。
 理想はそれでいいとしても、それ実現可能ですか、ってハナシ。

 いつかは喫煙もゼロになるかもしれない、あるいは喫煙の有害性を取り除いて利用できる日が来るかもしれない。そういう地点を目指して行くにしろ、でも「現在」、それは可能なことではないはずです。
 
 現在ただいま目の前に現実にあるものを、あるべきではない、と言ってヒステリー起こしたって意味ないでしょう。
 優先順位、とにかく早く実現したいのは、ご病気の方、その予備軍、子供の健康をタバコの有害物質から守ること。

 とにかくなんと理で諭そうと、「自分の利益を奪われる」と思ったら、人間、テコでも動きゃしません。喫煙者の強固な抵抗と反発は「正論」ごときでどうにかできるようなものじゃないわけです。
 であれば、彼らの理解も取り付けるためには、喫煙者にも「安心」してもらう必要がある。
 喫煙の「権利」を奪うわけではない、ということを、あらためて合意しないと、この話は進まないだろう、と。
 私はかように申し上げているわけです。

 目の前にあるものに対して、けしからん、あるべきではない、と言って怒る人も多いですが——んなもん怒ったってしょーがねーだろ、というのが私の思うところ。怒りゃ何かが変わるのかい。

 いかに自分から見て怪しからんと言っても、相手もまた自由意志と人格を持つ一個の存在なんですから、もうそれはしょーがないでしょうよお互いに。
 そういうとき、一番の目的(ここでは受動喫煙をなくすこと)を忘れてはいけない。

 怪しからんと言っておこり、怒るあまりに相手を「殺す」ことに夢中になる人が、世の中、ほんっとに多いなと思いますが、そんなことに夢中になっている間に時間が浪費されてしまう。
 人間は結局のところ「利益」で動く。——だったら、相手の立場にとっても利益をもたらすようにすれば、事態も進むはず。

 現実主義ってそういうことです。

 自分が目指している一番の目的は何かということを忘れないこと。——それだけのことだと、私は思うんですけどねえ…。

 私自身はかなりの嫌煙家です。喉の粘膜も弱いので、あの有害物質のカタマリの煙はかなり堪えます。
 家の中にいて窓を開けていると、家の前を喫煙者が歩いただけで、「タバコくさい」と思うくらい敏感です。
 それでも、私は喫煙者を「迫害」する趣味はありませんのです。

 誰だってひとつやふたつ、自分の身を害するとわかっていてもやめられない悪習慣はあるでしょう。やめるべきだと思いつつもやめられないもの。
 そのあたりを突き詰めて考えていくと、結局、喫煙だって、そう簡単に「撲滅」しようという気にはなりませんよ;;

 自己破壊行動で自分を壊していくのはその人の勝手。
 でも、そのせいで子供の健康まで損なうことは「やりすぎ」だからやめろ、というだけのこと。
 ゆるやかな自死行為ともいう喫煙ですが、でも、世の中にある他の「悪習慣」と比べたとき、ご本人がどうしてもお好きと言うのなら、あえて止める——強制的に——ことが、妥当だとも思えないんですよね。

 だから、喫煙したいという人のことも、「環境整備」の中で考えて、受動喫煙防止についての、彼らからの協力を得るほうが得策だし早期実現に近づける、と。
 私はそのように思います。

 ………とはいえ。
 あの煙の始末の悪さを考えますと、どうすれば喫煙者にも(ある程度の)快適環境が実現できるのか、この点については私には全く想像もつかない——という無責任さであることも、申し訳ないと思いつつ、書き添えておきますね。(^^;)
 
 とりあえず煙が出なければだいぶ違うんですよねえ…。でも喫煙者はあの煙自体が「好き」なんですよね;; 煙が出ないと気持ちが盛り上がらないんでしょう?

 あと、タバコを吸い終わってから5分くらいはよゆーでその人の吐息に有害物質が含まれていることは確認されているので、吸い終わったら5分からできれば10分、呼気についてもマスクをつけるか何かで気をつけてもらうとか……。

 …………なんて考えていたら、なんだか絶望的な気分になってきました;;
 このあたり、イグノーベル賞の常連と化した日本の科学界に期待したいんですが………。
 無理かなやっぱり? (^^;)
 
 
関連記事
プロフィール

みずはら

ブログ内検索
最新記事
リンク
地球の名言

presented by 地球の名言

カテゴリー
RSSフィード
月別アーカイブ