悲しくなる無知
2017年05月29日 (月) | 編集 |
 私は直接には拝見していないのですが、おととい夜から昨日にかけて、ツイッター上では、「男性の無知に呆れ果てる」話題があったもよう。
 私が見ていたのは、その話題について各々が感想を述べているツイートばかりだったんですが、それでもちらりと聞こえた話に、私も仰天しております。

 震災の折、女性の衛生品と言うことで生理用ナプキンがあったのを、「この非常時に」と言って「怒って」「送り返した」と言う例が本当にあった、とのこと。

 ………意味わかります?

 私もあのときは「こういうときだからさぞお困りだろう」と思ってナプキンもショーツも送りましたよ。
 非常時だから送ったんだよ。なんで怒られなきゃいけないの?
 意味わかんねえ、と思って詳しく聞いたら、生理=セックスしたときの出血 だと思ってるアホがいたんですと!!!!
 バカか!!

 と、さすがに私もパソコンの前で凍りつきましたねー。
 アホじゃアホじゃと思ってきたが、まさかそこまでだったとは!!!

 いえ私が呆れているのは「知らない」ことそのものよりも(もちろんそれにも呆れてはいますが)、仮にですよ、仮にそれがセックス時の出血用だったとして、それでなんで怒るの。なんで返送なの。

 実際避難所では、腹立たしいことですが性犯罪もあるとのことでした。本来なら配合経口避妊薬も、万が一に備えモーニングアフターピルも用意できるといいのになと思うくらい。(体調のことがあるので、やはりお医者さんがいてくれればそれが一番ですが)
 いい悪いじゃないの。現実の話をしてんのアタシは。
 じっさい困っている人に、いかに困らずに過ごしてもらうか、それ以外に何があるっていうんだ。他人の性生活の心配までする必要がどこにあるんだ。繰り返して念を押すようだけどアホか。

 ………どうも以前から不思議なんですけど、なんでこういう発想になるのかな? ピルの認可についても散々、認可したら世の中乱交パーティだらけになると主張したり、性病が蔓延すると主張したり、一度精神科へかかった方がいいんじゃないのというくらいの誇大妄想を並べる連中がいたしなー。
 とにかく女性側の保健衛生を整えることが「性倫理の乱れ」になる、という発想なんですね。
 わかりません、あれは。

 しかし、いい年をした大人が月経のこともきちんと知らないというのは驚きであり、驚きではあるけれども、日本じゃまともな性教育をしてないんだから無理もないのかなあとも思ったり。
 最近、性教育というとなんでアダルトソフトの話になると思ってんだよと嘆いたばかりでもあったので、あらためて考え込んでしまいました。

 とはいえ——月経のこともちゃんと知らない、って、これ、女性にも結構あったりするもんなー……。うーん。
 
 さらに、どなたかが、ちょっと気になったので聞かせてくれと言って、男性に回答を求めるアンケート形式のツイートをしてましたが、月経について、「ちゃんと知っている」「知らない」、そして「知りたくない」という選択肢がありまして。
 見たら「知りたくない」が結構あったので、ここでもまた頭を抱えてしまいました。

 繊細な殿方は「現実」を知ることで自分の妄想が成立しなくなり、萎えることを心配しているゆえに知りたくない、そういう意味の回答だ、と解説している方もいっしゃいましたが——まあなんですね、そんなことで役に立たなくなるんだったら、早いうちにそうしてもらった方が性犯罪も減らせるし、やっぱり現実を知ってもらう方がいいですね。

 パートナーシップの考え方なんて、説明する気にもなりませんねこれでは;;
 虚しいなあ……と思った、というお話でした。


 週明け月曜日からサワヤカな話題になってしまってすみません。(^^;)
 
 
関連記事