Entries

「客」とは誰のことか?

「これを超えたら客じゃないラインがある」日本も見習いたい外資系のクレーマー対応の極意
togetter まとめ
https://togetter.com/li/1027323

 この↑まとめとはまた別件で、スーパーマーケットなのかな、「自称・客」が「差別をするように要求してきた」のを、「二度と来んな」と蹴っ飛ばしたというお話がありまして。

 お店に寄せられる要望やら「ご意見」やらに対し、お店側から回答をつけて掲示するのが通常らしいのですが、「自分が希望するとおりに、この店は差別行為をしろ」と言われたのを、そのお店ではなくさらに上の部署から、「差別行為をしろという要求はお断りです」と書いて張り出したとのことでした。

 差別しろという要求? と思われるでしょうが私のタイプミスでもなんでもございません。その「自称・客」は、来店する人の中に同性愛者と思しき人がいるのが不快なので、同性愛者に来させないようにしろ、という「要望」を書いていたとのこと。

 テメエが差別主義者なのを恥じないどころか、「お前らも全員自分と同じ差別主義者になれ」とは、……
自分で自分のバカがわからないからバカなんであるとはいえ、ひどい話。

 これ、「そんな奴は客ではない。自分の要求を呑まないならもう来ない? 結構だ、二度と来るな」という主旨のことを丁寧な日本語にしてあるわけでして、これは頼もしいねえと思いまして。

「バカと基地外は声がでかい」が私の持論でして、で、こういう「自称・客」のモンスターは、バカか基地外のどちらか、もしくは両方ということなんで、声がでかいなんてものではない。
 これまでは温厚な日本の文化としては、じっと忍耐の対応をしてきたわけですが、それも限度問題でしょう。

 日本人の「劣化」が進んでいるのか、外部文化の影響を受けているのか、あるいはネットメディアの発達により、今までよりも人々に知られる機会が増えただけ(実態は以前から変わらない)ということなのか、そのあたりははっきりしませんが、ともあれ、いーかげんちゃんとした「ご意見」と「犯罪者」は区別して対応しましょうよ、と思ってきました。
 ようやく最近そういう感じになってきた、——ところもある、かなあ、と思って聞いたお話でした。

 冒頭に引っ張ってきた、ツイートの「まとめ」が、そういう中ではひとつの例、あるいは指針のヒントを与えてくれるんじゃないかな、と思いまして。

 基本的にバカって相手にされると喜んじゃって、さらにエスカレートしていく傾向があるんですよね。大人の顔色を見ながら「悪さ」をするクソガキっているものですが、多分、あれと同じじゃないかと思ってます。超えてはいけないラインがあることを伝えるのは、社会のためにもそのクソガキのためにも必要なこと。
 なあなあでその場しのぎをしていればいい、というのをクソガキは見逃しません。犯罪被害を拡大させないためには、早いうちに毅然とした対応をすることは必要です。
 それが社会全体でできればかなり有効となるので、こういう対応をすることが「常識」となることを希望します。

 ……しかしまあ、自分が差別主義者だからって他人にも同じにしろという、その神経もすごいと思いますが。

 じつは、引用したまとめの、終わり頃にもポツリとあるのですが、こういうとき、「お金を払っているんだから(どれほどの犯罪者レベルのモンスターでも)”客”扱いすべきだろう」という、まるでモノがわかっていないご意見て、だいたい出て来るんですよね。

 あのですねえ、なにか物品を「もらう」なり、サービスを受けるなりしたときに対価を支払う、なんてのは当たり前中の当たり前で、それがなかったら泥棒っていうんですよ。
 お金を払っていればなんでもありがたがれ、というのは、一体お金がどれだけ「えらい」ものだと思っているのか、どれほどお金に対して「卑屈」になっているのか、不思議な気さえします。

 私も今、「ただお金を払いさえすれば”客”と言えるわけではない」と書きかけて、はて、では、客とはなんだろう? と気になったのでまたちょっと考えてみますね。

 ——その昔、私の仲間内の野郎どもが、とあるお店のご主人に「客には客としての仁義ってもんがあるんだよ!」と大目玉を食らってましたが、これはもっともなことだと思います。
(連中がどんだけ非礼を働いたかは聞いていませんが、どーせろくなことをしなかったんだろうことは容易に想像がつく)

 金を払いさえすれば「偉い」のだという発想を、私はまず否定しますが、では、客と言えるのはどんなことか?

 ………これはちょっと考えてみてもいいかもしれない。
 
 
関連記事

ご案内

プロフィール

みずはら

ブログ内検索

最新記事

地球の名言

presented by 地球の名言

右サイドメニュー

月別アーカイブ