休み明けほけほけ
2017年05月08日 (月) | 編集 |
 今日はもう何の話題ってこともなくて、休み明けで、ぼんやりと(笑)

 連休明けの月曜日でございます、皆様、ご機嫌いかがでしょう。
 休むのはいいけど、終わった途端に仕事が(ふだんより多量に)降りかかってくる、という人は多いんだろうなあ;;
 まして月曜日、これで連休明けたら水曜とかで、あと2日頑張ればまた週末だ、というなぐさめもない無情ぶりですね(笑)

 日常においても時間に追われてあれこれ頑張って、で、休みとなると、これはこれで、イベントに出かけ海山に出かけ、頑張って頑張って、行列に並んで、人混みに耐え、行きも帰りも渋滞に耐え……。
 考えてみればそういうことをしている私どもって、なかなか「エライ」んじゃないかという気がします。

 家にいればのんびりするかというとそうでもなく、今の季節は気候がいいので、ふだんはなかなかできない、片付けや掃除をしたくなる。ついでにちょっと模様替え、なんて言い出して、夕方にはヘトヘトになっていたり(笑)
 でも、ふだんはしないこと、できないことをした後って、なーんとなく気持ちがスッとしていますよね。

 結局、生きている限りは、どうしてもその瞬間には、あれこれ頑張ってしまうのが人間の性(さが)なのかもしれません。
 慌ただしく過ごすようでも、その中にも感動があったり、ほっと息をつけるものがある。

 それでいいのかもしれませんね。
 身体の疲れと心の疲れにはちょっとズレがあって、そのバランスを取る意味でも、休日には「休日の一生懸命」があるのかもしれません。

 大型連休なんて言っても、というよりそういう時こそ仕事が忙しい、という方も。
 お疲れ様でございました。
 こういう「ど」いそがしいときというのも、ある意味では「非日常」で、——それが終わると、通常の日常が(わりと)穏やかなものに思える、という効果もある…………かなあ;;

 でも「ふだんとはちょっと違う」ことって、あまりにもハードなのは困りますが、でも少しくらいなら、ある意味、気分転換になる部分もあるような。

 お天気のいい日にベランダや庭で、洗ったシーツをばっさばっさと振って風に当てるように、「非日常」でちょっと気持ちに刺激を加えるのも楽しいし。
 非日常が楽しいことは事実でも、でも、日常は日常でいいもんだとあらためて思うところもある。

 そんな風に過ごせたようならバッチリじゃないでしょうか。

 ということで私も多分、明日か明後日か、またお出かけです;;
 明日ブログの更新がなかったら、また出かけたか、と思ってやってくださいませ。

 ………じつは昨日から一部、仕事、やってんですけどね;; いいよもう、なんでも;;
 このGWはきもの着て遊んできたから、私自身は満足してるよ。

 単衣の着物は着られる期間が短いので……7月までとなる期間中、もう何回か、着たいなーと思っております。

 昔は単衣の着物は(春季では)6月に着るとされましたが、最近は5月ももう夏みたいな日もあるので、私はどうかしたら4月末から単衣を着ることもあります。今は5月に単衣でも、咎める人もないでしょう(多分)。

 着物というと、ミョーにガッチガチの石頭になっている人もありますが、私はああいうの、無視していいと思っているので。
 温暖化とも言われ、30年前よりも明らかに気温は高くなっているんだし、地域による違いもある。「原則」はあくまでも「目安」であり、これを破ったら死ぬなんてものじゃない。

 暑いのに汗ダラダラで無理に袷(あわせ)の着物を着て熱中症、なんてシャレにもならんでしょう。
 目安は着物のためにあるんじゃなく人間のためにある。人間の健康を損なうような着方をしてどーすんのさ。ねえ。
 フォーマルとなる席であれば、そりゃまあ考慮することも変わってきますけども、それこそ日常の「普段着」なら、好きに着ればいい。そう思いますね。


 ………と、ほけほけ話をしたところで、仕事に戻ります;;

 休み中のお疲れもあるでしょうから(っていうと、なんのための休みだよとつい思っちゃうのも本音ですが・笑)、今日のところはあまり無理せず、安全運転を心がけましょう。
  
  
関連記事