2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2017.04.14 (Fri)

言葉の使い方

 今日で熊本地震発災から1年。何ができるわけでもありませんが、少なくとも忘れてなどいないことだけは、こっそり書いておきたいと思います。

       ●

科学者たちが「間違っているから使ってほしくない」と思っている10の科学的用語
2014年07月14日 カラパイア

 早野龍五先生(https://twitter.com/hayano)のツイートで拝見して、これは勉強しよう、と思ったんでした。

 言葉の使い方については私もたびたびここでぶーぶー文句垂れてますが、使いこなすのはやはりなかなか難しい、と思います。
 言葉は時代とともに変わっていくものであり、言葉の乱れくらい、問題にするようなことじゃない、というご意見もありますが、私が頭にくるのはこういうことを言う人に限って日本語がもとよりアレであることが多いため。

 ちゃんと使える人が、多少の変化は仕方ないよねと言うなら、そうですかねえ、と言いますが、自分が「〇〇さんがおいでになられました」と言った日本語を使っていて、間違いを指摘されたときの言い訳に使うのは、承服しかねます。

 言葉はつまるところはイメージと概念、意外と「いい加減」「あやふや」なものなんですよね。
 だから尚更、その正確性には気をつけないと、あっという間に崩壊する可能性がある。まさしくバベル。
 ある程度「正しい」意味をおさえることがなぜ必要かと言うと、「意志の疎通」が起きるから。

 間違った意味で言葉を使った結果、相手にものすっごい誤解をされ激怒されてびっくりしても、なぜ、相手が激怒したのかがわからず、ただオロオロしているだけ、挙句には、こちらこそ訳のわからないことで怒るなんてと腹を立てて修復も難しい大げんか……、ってこと、割とあるからです。

 私もちょっとした意味の解釈の間違いから喧嘩するところだった、と言う経験があるので、やっぱり気になります。
 今はデジタル環境のおかげで、むしろ昔よりも辞書は気軽に引けるんだし、ちょっとでも引っかかったら念のため辞書を開くと言うの、習慣にするのをお勧めしたいです。

 ということで。
 この科学系の「用語」ですが、なるほど、世間一般の解釈とはだいぶ違うなあ、って言うの、ありますねえ……。
 証明 proof の意味は、この説明を読んでも「どう違う?」と思う人もあるんじゃないかと思うくらいですが……でも、違いますよね。
 私、アメリカのドラマの「ボディ・オブ・プルーフ」と言うのが結構好きなんですが、proof を、この説明の通りに解釈すると、なるほどなあ、と思いました。

 Body of Proof は検死官が主人公でして、直訳すればこのタイトルは「証明である遺体」ですが、これは「証拠」と言う意味に解釈するよりも、「ある予想を正しいものにするための論理的手順」だと言われると、あー、なるほどー、と思う。

 ただ「遺体は語る」んじゃなく、ご遺体が、事件解明の「手順」そのもの、ということで、主人公たちのやることはその手順に「気がつく」ことができるか、というところにドラマがある訳……、あー、なるほどー、と。

 人と人とのコミュニケーションにおいて言葉が果たす役割は3割程度でしかない、というのは事実ですが、だからって「言葉をいい加減に扱っていい」訳じゃないんですよね。
 言葉があるからこそ複雑な概念なり意思なり思惑なりを、瞬時に伝えることができる。
(相手の人となりや感情など、何かを掴むために、やはり重大な手がかりでもあるんですよね…言葉って)

 ただ、それができるためには言葉に対して「誠実」であることは必要。
 辞書を引きもしないでテキトーに、こんな意味だろうと自己解釈して喋るのは、混乱の元。
 そういう意味で私がときどき頭を抱えているのは、復旧と復興をごっちゃにしてものを喋る人がいたとき、ですねえ。……最初は本当に大混乱しました。(^^;)

 哲学の用語である「命題」という言葉も、ときどき「課題」「問題」の意味で使う人があるけれど、哲学で命題というときは課題ではなく「真か?偽か?」という問いかけ(の具体例)のことなんで、ちょっと違うんですよね。

 科学の用語もそういう意味では専門用語なので、なかなか、「正しい」意味を掴む機会もないというのが正直なところですが、素人といえどわかる範囲で理解した方が、科学系の雑誌や記事も、理解が(今よりは;;)深まるんじゃないかと思います。

 学校の成績はまったくダメダメでしたが、でも、科学についてのお話って聞くのは好きなんですよね。
 せっかくなのでもーちょい頭に叩き込んでおきたいと思います。

 専門家の皆様には、どうぞ素人だからとお見捨てなく;; ときどきでもこんな風に説明をしていただけるとありがたいです。
 
 
関連記事

タグ : 日本語

11:34  |  身辺雑記2017  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |