フルーツパーラー「果実園」様【少しだけ追記あり】
 ちょっと遠出の出張では、小さい楽しみがくっついてきてくれると嬉しいもので。(*^ω^*)
 前回行った、新丸ビル内、Afternoon Tea (ティールーム)様。これが楽しかったので味をしめて、昨日は東京駅キッチンストリート内「果実園」さんへ行ってまいりました。

 フルーツパーラーとは、「果物屋➕喫茶店」という理解でよろしいかと。
 フルーツパーラーとして有名どころはいくつかありますが、いずれも、果物屋さんが選んだ果物を使ったメニュー各種ですから、それはもう、美味しいに決まっている。

 東京駅、八重洲口側が現在のように改装される以前には、私どもは、大丸さんの中にあったカフェ・コムサ(Cafe comme ca)様でお茶していくのを楽しみにしていました。こちらもケーキ類、フルーツたっぷりですよね。

 さりながら改装以後はそういうお店もなくなってしまい、残念に思っていたところで、——友人から「果実園」さんのお話を聞いて、これは行かねばなるまい、と思いまして(どこからきている使命感なのか・笑)。

「果実園」様 ウェブサイト
http://kajitsuen.jp

 現在、本店「果実園リーベル」目黒店、同新宿店とあり、東京駅のは「リーベル」がくっついてこない「果実園 東京店」となってますね。
 場所が場所なので、東京駅の方は他2店よりもちょっと内容が違うのかな。

 基本的には私は行列作ったり、——そもそも「待つ」ということが本来的には嫌いで、田舎者でそういう状況に慣れていないせいもあって、行列を見ると回れ右して帰ることがほとんど。

 でもまあ今回はしょーがない、ということで1時間を見込んで、これを超えたら帰るつもりで行って見ました。

 行って見たらやはり行列はありましたが、たぶん、都会慣れした方はなんとも思わないくらいだったんじゃないかな。時間にして10分くらいでした。
 私の後に並んだのは品の良いご年配の男性と、お仕事でご一緒になったらしい、男性と同年輩の女性。
 男性の方は以前からこのお店の前を通ることがあったようで、
「興味があっても一人じゃ入れないから。女の人はいいね」
 と笑ってらっしゃいました。……そうですねえ、別に男性お断りってことじゃないけど、女性や子供さんばかりだと、男性お一人って、辛いかもしれませんね。(^^;)

 女性一人で牛丼屋へいくより厳しいかなあ……。うーん。なんでだろう。
 女性が多いお店でも男性お一人がすっと入れるようになったら、世の中も進歩したと言えるでしょうか。

 お連れの女性はそういうわけで「おつきあい」ということのようですが、こういうお店の食べ歩きはお好きらしく、
「銀座千疋屋さんのフルーツサンドは本当に美味しいですよ! あれは絶対おすすめ!」
 とのことでした。

 こちら、果実園・東京店さんでは通常の果物の販売のほか、ケーキ類もお持ち帰りが可能で、ショーケースは通路からでもよく見える。
 しかしその、ケーキ類の大きさというのがね。(^^;)
 
 私もあらかじめサイトで拝見していたのですが、実物を見ると本当に大きいなあ! と。
 目を引くのが「ズコット」というケーキ。イタリアはトスカーナ、フィレンツェに起源があるというドーム型のケーキです。
ズコット参照画像ウィキより
By Naomi KAWAKAMI,Gattaiola Dolci - http://gattaiola.net/, CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=18761824

 これがもう、通常のズコットじゃありえない大きさ。
 惜しげも無く果物を入れているせいもあるかと(嵩が増しますから;;)思いますが。

 インスタグラムであまおうのズコットのポストがありました。実物の迫力にはかないませんが……これがどれほどのインパクトがあるかは、この画像のイチゴはあまおうだということをご確認ください。(^^;)
 なんとなく大きさの想像がつくでしょうか。



 行列している間にお店の中も見ておりましたが、そのズコットとパフェ(これも巨大)を一人で召し上がっている女性がいて、「あれを一人で?!」と、お連れの女性が驚いていたのが印象的でした…。

 並んだ時間は10分ほどでしたが、テーブルに案内されてから、オーダーした「クレープ包み」が来るまでは20分ほども待ちました。
 これだけ混んでいるとなるとややこしいモノだったのかな、ズコットを頼んだ方が(お店の人には)楽だったかな…とか反省。

 そのクレープ包みも、アイスクリーム2種が付いたうえ、じつはパンケーキ入りだったのでびっくりで。

果実園様 クレープ包み
⬆️クリックで画像拡大

 はちみつが付いてきたけど、………要るかなあはちみつ…。もう生クリームとアイスクリームでジューブンだと思うけどなあ。果物自体も、もちろん甘くて美味しい。

 果物の販売もあると申しましたが、ちょっと珍しいものもありましたね。じつは私、生のザクロは初めて見ました。
 あと、土佐のなんとかという(すみません;; 名称を忘れてしまいました;;)みかんがあって。
 箱売りもありますが、バラ売りもあって、1個250円だという。(……税別?)

 みかん1個が250円ですか……、リアル「千両みかん」だなそりゃ。と、思わずこめかみを押さえるド庶民。

 フルーツサンドも美味しそうでしたが、すでに昼食タイムは過ぎたところだったせいか私が行ったときには売り切れでした。
 周囲の方々のオーダーもこっそり拝見してましたが、パフェでもなんでもとにかく大きい。
 その大きさは、もちろん、果物を惜しげも無く使っている、というのが主な理由ですね。

 それでも、生クリームやら何やらも結構な量なので、………面白いもんですね、最近こういう外食関係って、ほのかにバブルの香りがしますね(笑)
 さんざん萎縮、縮小、緊縮の時代を経て、今は——いささか「やりすぎ」になっているような。

 美味しいものをいただくと幸せ♡ …とはいっても限度っつーもんがある。おやつのつもりのクレープ包みで、満腹でひっくり返りそうなほどの、むやみな量があるというのは、ちょっと「やりすぎ」じゃないか?
 …なんて思ったけど、私の隣に座ったおねえさん、私より後に来たのに、ズコットひとつを頼んだと思ったら、あっという間に平らげて行ってしまいました。
「……あの量を……この短い時間で……」
 思わずボーゼン(笑)

 あれほどの達人となれば、やっぱりズコットとパフェくらいはお一人でペロリといっちゃうんだろうなあ。スゴイな;;

 ミョーなことにも感心しつつ、でも私も久しぶりで、フルーツたくさんのおやつ(……というにはあまりにも;;)をいただいて、大満足でございました。

 ごちそうさまでした。(^人^)
 
 
関連記事
プロフィール

みずはら

ブログ内検索
最新記事
リンク
地球の名言

presented by 地球の名言

カテゴリー
RSSフィード
月別アーカイブ