2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2017.03.15 (Wed)

エロ本と紙おむつ

 ツイッターで、リツイートされたのをポンと見ただけなので、最初は「???」と思ったけど。
   ↓↓↓


 なんのこっちゃと思ったら、こういう次第だそうで。
   ↓↓↓
「コンビニではエロ本を売らずにおむつを売って」ツイートに賛否
 「子供をダシに気に食わない物を叩きたいだけ」と批判も

キャリコネニュース2017年03月14日 16:51
http://blogos.com/article/214056/

 そうですねえ…。コンビニに紙おむつや液体ミルクを置いてくれという要望はわかります。必要な方には必要なものですから、種類は多くなくても、最低限なんとかなる…、というところを維持してもらえれば利用者としては助かるでしょう。
 旅行先で急に必要になったものがあると、とりあえずコンビニ探しますもんね。

 とはいえ。
 私も最初「は?」と思ったのは、エロ本を売らずに、というところ。
 エロ本とオムツの間に交換価値が存在するのか? と考え、一瞬、ものすんごいものを想像してしまったことを白状しておきます(笑)
 私の脳みそもいーかげん妄想脳だから困る(笑)

 私はこの「#コンビニはエロ本を売らずにおむつを売れ」なるハッシュタグを作った方のご意見を直接は拝見しておりません、ということを、まず前提としてご承知おき願います。

 ということでこちらも勝手な解釈で申しますが、——つまりなんですね、エロ本を退けてその空いた空間でオムツ等を置け、ということなんでしょうかね。
 
 私の頭の中で「えろ本を退けてオムツ」が意味不明になったのは、「エロ本を退けたらそのぶん専門雑誌をおけ」「文庫本を充実」とかいうならわかる、という発想があったため。
 つまり、本や雑誌、という「同種類」の中で、ものを入れ替える、ということですね。

 でも、本とオムツではかなり「ジャンル」としては隔たりがあるので「エロ本とオムツになんの関係が?」思ってしまいました。

 これは確かに「どさくさに紛れて変なことを言う」と思われてもしょーがないんじゃないかなあ。

 言い出した人には、エロ本は日頃から目障りで邪魔なものなんでしょうが、それは大きなお世話ってもんです。お店ごとに条件も環境も違うんで、何を陳列して何を販売するかはお店側が考えて決めること。
 私もあちこちで立ち寄るコンビニがありますが、商用地区と一般住宅地とでは同じコンビニ店でも品揃えが違います。利用者が多い時間帯や、求められる商品の傾向も違うでしょう。

 コンビニもボランティアでやってるわけではなくてご商売ですからねえ…。利用者として言えるとしたら、「1種類でもいいから紙おむつもすこし置いてもらえないか」という要望くらいでしょう。それだって必ず採用されるわけじゃない。

 エロ本を退けてほしい、と言う要望と、赤ちゃん用品も置いてほしい、と言う要望はそれぞれ別の件だから、これをごっちゃにするのは確かに意味がわからない。
 でも、こういう「話題のごちゃ混ぜ」は、けっこうあちこちで見かける気もしますね。
 
 ごちゃ混ぜにすると答える方もごちゃ混ぜになるので話がややこしいことになるし、話がややこしくなると人間どうしたってイラつきますし、イラついた同士で話をすると喧嘩になるし、喧嘩になると感情的になっててもはやものの道理もへったくれも双方で無くなりますから、——話題のごちゃ混ぜはやめたほうがいい。自分のために。

 で、紙おむつ。
 そういうわけでコンビニだって商売なので、売り上げに関係してくる。紙おむつが必要な人が多く利用するコンビニなら——巨大マンションの近くとか住宅地の中にあるとか——考慮されるかもしれません。あと、駅の近くもそうかな。

 エロ本は。

 ……雑誌・書籍、というものの中の一種類ですから、エロ本だけを除外せよとは私は思いませんが…。
 ただ、「えろ本は日常における必需品か?」というところで、ハッシュタグを作った方などは「必需品である紙おむつを優先すべき」という意識なんでしょうけども、この場合、率直にいうと利用者にとっての必需品かどうかより、お店にとって売れるか売れないかの方が優先事項だと思われます。

 お店が、置いておきたいというのなら、あえてそこを反対することはできないように思います。
 ただ、紙おむつやミルクは、あってもいいんじゃないかなあ、とも、思います。そちらには賛成します。

 エロ本においてはゾーニングっていうんですか、「あのへんには安易に近づかない方がいい」という雰囲気を醸し出して、コーナーわけをしてもらえればいいかな、と。(^^;)
 エロ本を気軽に買える環境については、私はそう特別な否定派ではありません。人間、抑圧されるとろくなことにならない、ということは、まあいろいろあって承知しているつもりですので。
 野放しはいけないが、過剰な抑圧も健康的じゃない。

 なんにしろ、こういう話題のごちゃ混ぜには、気をつけた方がいい、と思いました。

 変に話題をごちゃ混ぜにした結果、いらぬところで人様からの反発を食らうと、一番聞いてほしいところを無視されることに(大抵は)なるので。
 自分の本当の利益になることは何か、という判断は、心がけておいた方がいいなと思ったお話でした。


 余談ですが、昔よく行った本屋さんは、一般書籍の裏手にエロ本コーナーを作っていましたが、通常の新刊から話題の小説、なんて棚を見て歩いていると、ふと気がついたらそのコーナーに入り込んでいる、ということが度々ありまして。
 最初はびっくりしたけど、あらためて、導線として見てみると、うーむお見事、と言いたくなるほど、そのコーナーに入れるようにしてあるんですね。本の並べ方とかで。

 平積みのところばかりを見ながらどれどれと歩いていて、ハッと顔を上げると、川上宗薫さんの本の背表紙が並んでいたりして、慌てて退散したことは何度かあります(笑)
 一般書籍棚へ戻りながら、「またやられた、見事だ〇〇書店さん!」とか思ってました(笑)

 あれはあれで立派な技術ですよねホントに。
 
 
関連記事
12:09  |  身辺雑記2017  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |