Entries

「敷居が高い」

 ときどき「発作」のように言いたくなってしまうのが、日本語の誤用。

 たまたまなのか、一度気になりだすとますます気になるという現象なのか、耳にする機会が重なってしまい、ちょっとイラついているのは「敷居が高い」。

 少なくともこの1週間の間、数回にわたって、
「〇〇店さんは高級、というイメージがあって、ちょっと敷居が高いんですけども…」
 という表現を耳にしまして。

 個人の会話じゃなくて、テレビ番組中で。

 これが本なら「この(版元の)会社には校閲がないんか!」と怒るところですが、テレビ番組ではなんといえばいいのでしょうか。
 情報番組っていうのかなぁ、そういう中での会話に登場するんですが、これを数回にわたって聞いてしまいまして。

 1回2回なら、ちょっとした「言いまつがい」かな、で通過できるんですが、あんまり回数が多くなると、もしや誤用がそのまま広まってるんだろうか? と不安になりまして。

 他に、これもう絶対違うんだけどなあ、という誤用が「悩ましい」。あと「何気に」。
 後者は完全に口語ですから(……そのはずだけど今後、文語にも入り込んできたらやだなあ;;)まあいいとしても。

 敷居が高い、は、でも、今のうちに直せる人には直しておいてほしいなあ。

 高級店だから敷居が高いよね、というような場合は、お高い店なのでそう気軽には入店できない、行きづらい、という意味なんでしょうが。

 敷居が高いってそういう意味じゃないですから!

 これは、たとえば仲の良かった友人がいたとして、でも些細なことで大げんかしちゃって仲違い、こうなるともう友人宅にも気軽には行けない、顔を出しにくい……という場合。
 すっごく恩義がある人で本来なら挨拶にも行くべきところ、でもまだ借りたお金を返してなくて、合わせる顔がない……という場合。

 そういうときに使う表現なんですよね「敷居が高い」って。

 確かに、気軽に行けない、という意味ではある。あるけれども理由がぜんぜん違います。
 不義理をしている、あるいは申し訳ないことをしてしまって後ろめたい、顔を出せない…というときに、敷居が高い、と申します。

 それくらいいいじゃない、と言われそうですが、でも、こういう「解釈」の違いから、ものすっごい誤解が生じることもあるんですよね。
「御門違い」という言葉は本来、相手の見当違いを指摘する言葉なので、「オマエ何をバカなこと言ってんだよ」くらいのニュアンスになる(ことがある)。

 でも、ただ単に「担当部署が違います」くらいの意味だと思って「御門違い」を使った人がいまして。
 あたしゃ危うくその人と喧嘩になるところだったですよ;;
 念のためと思って確認をとったらそういうことで、解釈が違っているのだとわかって収まりましたが、……カンベンしてくれと思いましたわ;;

 こういう誤用を指摘されても、でもだって、と変な言い訳をして訂正しようとせず、「そんなどーでもいーことにこだわってバカじゃない」みたいなことを言って開き直る人もいますが、——そういうものでもないんですよねえ…。

 言葉は変化するものであるというのも、これは言葉をちゃんと使える人がいうことなんであって、ただ勉強不足なだけの人が言い訳にするにはあまりにも見苦しい。

 ただ、どのみち言葉でのやり取りには、そりゃどーしたって精度の限界はあるもので、多少の理解の齟齬があっても、言いたいことがなんとか通じればいいやとも思うので、普段はいちいち指摘はしないんですけど。

 私も時々——花粉症が発症するには、ある限界量を超えたときに発症する、みたいに——ある程度までの許容量があり、それを超えると我慢の限界でわっと喋り出すことがありまして。
 だから自分では「あー、また例の発作だ…」と思うんですが。(^^ゞ

 でも、小さな行き違いから大きな喧嘩になることも、あるっちゃあある。気をつけていて損になることでもないと思います。
 ので、意味の解釈に気がついたら、そのあたり、ご配慮いただければありがたいです。

 あと、「馬鹿の一つ覚え」という言い方がありますが、誰かがポンと言った言葉がやけにウケたので、みんながみんな同じことを、しかも回数を重ねていう現象にも、私は耐性がありません(笑)

 最近は良くなりましたが、以前には「絶景」と「絶品」の乱用がホンッッットに酷かった;;
 地元テレビ局の情報番組で、絶品絶景を繰り返すばかりで何も説明しないという事態が続いていたとき、さすがに頭にきてしまい、「絶品もしくは絶景を3回言ったらチャンネル変えるから」と言っていたら、ものの10分ともたなかったということが。(^^;)
 あれは酷かったなー……。

 最近はそう耳障りなこともないので助かっております。ありがたいことです本当に;;

 ああいうのって流感みたいなものかなあ;;

 私も、この発作、少しでも爆発する回数を減らせるように精進したいと思います;;
(人間が練れていないのは認めます;;)
 
 
関連記事

ご案内

プロフィール

みずはら

ブログ内検索

最新記事

地球の名言

presented by 地球の名言

右サイドメニュー

月別アーカイブ