ハラルの扱いについて
 こういうのって結局、誰が儲けたくてやってんのさ。と思う件。



 度々申し上げておりますように、私は「一神教はどれも平等に嫌い」でございます。理由は「男嫌いだから」ですが、この論理についてきてくれる人は少ない(笑)
 それをわかってわざと言ってるときもありますけどね(笑)
 宗教の話をしようとしてるのに、教義すら蹴散らす「私、男嫌いだから」では、そりゃあ、アンタ何言ってんの? って顔にもなりますわね(笑)
 そのへんはわかっていたり狙っていたりのことなのでお気遣いなく。(←?)

 これは由々しき問題だな、と思ったのは、「自称・少数派の味方」が、またしてもいらん問題を起こしかけている、ということ。

 学校給食でハラール? とびっくりしましたが、そういうわけで、給食でもハラルに配慮し、豚肉を使うなということを言っている連…人々がいるそうで。

(ハラール Ḥalāl イスラム法において合法的と判断される行為。転じて,イスラム教徒が食べてもよいとされる食品。ハラル食品。 ハラーム)



 しかしそれはムスリムの方々がおっしゃるのではない、というのですから意味不明。

 在日本のムスリムはそんなことは要求しないし、自分たちの宗教を他の人には強要するつもりはない。こんなことを勝手に言われては、かえって日本の社会においてムスリムのイメージが悪くなったり、嫌悪感を持たれたりするのではと懸念する——ということが事実であれば。

 誰だよそのよけーなこと言って、せっかくの平和を乱している「悪い」奴らは。ということになります。

 そちらの正体を探る話はまた別の機会にするとしても、でも、これははっきりさせた方がいいかもしれませんね。

「イスラムは、イスラムではない人々に、自分たちの教義や習慣を強要しない」

 これが守られていれば無用の摩擦は避けられる。
 フランスでは、公的な場での、ムスリム女性のスカーフの使用を認めるか認めないかで裁判にまでなりましたが、あれはよろしくないなと思って見ておりました。

 郷に入れば郷に従えで、フランスはキリスト教の国。それが「近代化」をへて、むしろ宗教色は「公的な場」では排除する方向へ動いたはず。それがその国の習慣であり「法」である。
 その習慣や法に従う気がないなら、最初から移民になぞ来るもんじゃないと思いますね。

 イスラム教徒であることをやめろとまで言ったらいけませんが、そうは言わない。ただ、学校のような公共の場では、十字架を掲げないのと同様にイスラムの教えもナシだ、というのであれば、いーんじゃないですかそれで。と、私はそのように思って見ておりまして。

 他はどうか存じませんが、基本的には在日本のムスリムの方々は、「嫌・イスラム」の空気が醸成されることを心配するようです。無理もないと思いますね。
 そういう中で、あえてご本人たちはハラルの要求などしないのに、「正義の味方」気取りの日本人がそんなことを「問題提起」するのは、逆に迷惑。——というお話。

 これが事実なら、「またかよ左巻き……」、と。(^^;)

 なにぶん、まだツイッター上でお見かけしただけの話題なので、真偽のほどやどの程度の「問題」なのかもわかりませんので、ここで書くのもどうかとは思いましたが。

 バカと基地外は声がでかい、というのが私の持論でして、馬鹿らしいからって放置していてもいけない、ということは、過去に「実績」がある。
 ので、「またこういうバカなこと言いだしたんだって?」という話題として、書いております。

 しかしまあ、なんでしょうかねこの連……、人たちって。
 なぜ、何もないところに無理やり何かの問題を起こそうとするんだろう。
 なんの問題もないよ。強いていうならあんたがたの存在が問題だよ——って、そうまでして、はっきり言われたいのかしら。言われれば怒るくせに。(^^;)

 ムスリムは、非ムスリムには強要はしない、というのも、私としては話半分、100%額面通りに受け取る気になれないというのも、確かにありますが、でも、少なくとも、日本においては今のところ、そんな問題は起きていない。ということは、確認しておきたい。
 他者への強要はない、ということを、はっきりと掲げてもらって、変な左巻きに付け入る隙を見せないでいただければ、いちばんありがたいのですが。

 ハラルで一儲けしたい、ということならまだ理解もできますけどねえ。
 
 大相撲でも大砂嵐関が、エジプト出身でムスリムであり、その宗教的な義務なり習慣なりは守っているそうで(ラマダンつらそう;;)、力士なんだからどうこうとも日本側は言わないし、大砂嵐関も、ちゃんこの内容をどうしろこうしろなんて「強要」していない。

 それでいいんじゃないでしょうかね。

 ともあれ、バカは放置しておくと図に乗る、ということを私もちょっと心配しておりまして、その意味で、ちょこっと書いてみました。
 
 ちなみに私の男嫌いというのは、現実にその性別の「人」を嫌っているのではない。
 男性性が「象徴」する、人間の傾向、性向が苦手であり、社会的にはその「原理」を支持しない、——という意味でございますので念のため。

 そりゃまあ、きれいなお兄さんときれいなお姉さんがいたら、迷った末にとはいえきれいなお姉さんの後をついていってしまうくらいには女性の方が好きですが(でもセクシャリティはあくまでもストレート、異性愛であるというこの理不尽さ)、男性を無条件で嫌うということではございません。

 男性原理バリバリの女性だって結構いますからね〜;; カンベンして欲しいと思いつつ過ごしております。(^^;)
 
 
関連記事
プロフィール

みずはら

ブログ内検索
最新記事
リンク
地球の名言

presented by 地球の名言

カテゴリー
RSSフィード
月別アーカイブ