タバコをやめた人
2017年01月27日 (金) | 編集 |
 こちら↓のツイート、添付されている画像の猫の表情が好き♡



 ちゃんとは話を聞いてないんですが、飲食店での禁煙を、努力項目から義務化させましょうかという話題があったそうで。国会へ提出されるような段階の話ではなかったようですが。

 嫌煙家としては大歓迎だけど、愛煙家の方には気の毒だよねえ、などと喋っていたときに、
「元からタバコを吸わない人よりも、自分はもともとスモーカーで、その後禁煙した、という人の方が、タバコにはうるさい。なぜだろう」
 という話題になりまして。

 ちゃんとした統計があるわけじゃないですから、事実かどうかはもちろんわかりませんが、私も、その場にいた数人も、しばらく記憶を手繰ったのち、
「…………そーいやそうだね」
 と頷いたんでした。

 私の周囲では、そもそも禁煙に成功した人自体が少ないので、サンプリング数としては心もとないんですがそれでも3人いる。
 で、言われてみるとその3人ともが、私などよりははるかに態度が厳しいんですよね、喫煙者には。

 マナーのこともそうだし、たとえ自分の目の前で吸っていなくても匂いが本人の服にはついていたりしますが、そういうものへの苦情がちょっとすごい。
 何もそこまで言わんでも…ということも、ちょいちょい言います。

 自分だって吸っていたのに、とはよく指摘されるらしいんですが、顔をしかめて、「自分でも信じらんない、あんなクサイのに」とかいうので、うへえと思いますね。(^^;)

 カナダから日本へ戻ってきた何某さんには、あちらはマリファナが合法なのかな、タバコどころかそういうのを使う人を身近に見てきたそうですが。
「ホンモノの麻薬にハマるくらいなら、タバコ吸っててくれた方がいい」
 とのことでした。……うーん。そうか。

 人間てのは抑圧されたり禁止されたりするとかえって、内圧を高めてさらに悪い方向へ行っちゃうこともあるし、………禁煙成功者の方が、非喫煙者よりも、喫煙者には態度が厳しいというのも、同じ原理から始まっている気がする。

 タバコは、その害を感じない人には無害に近いくらいでしょうが、「感受性」は個人差のあることで、害になる人には超絶有害なもの。
 故にある程度のルールは必要だし分煙化も必要だと思いますが、禁止もやりすぎると危ないよね……ということで、しばらく話題がぐるぐるしてました(結論がでない)。

 私も、マリファナとか大麻とかに行かれるくらいならタバコ吸っててくださいなと思いますが……。
 さてさて。

 共存共栄、何かいい解決策が見つかるといいな、と思います。

 今回の井戸端会議での発見は、「自分もかつてはタバコを吸っていて現在は禁煙に成功している人の方が、元からタバコを吸わない人よりも、喫煙者に対し態度が厳しい」ことでした。
 自分でもそういうのを見ていたけど、他の人からも同じ話を聞くとは思っていなくて、「あ、じゃあこれは結構あることなのかな?」というのが、ちょっとした「発見」になりました。

 ちょっとまじめな統計、とってみたいですね。
 かつての経験者の方が、「部外者」より厳しいというの——「事実」と言えるだけの確証が出てきたら面白いな、と。

 ……ただ面白がってるだけであり、だからなんだということはございません。(^^ゞ ←無責任
 
 
関連記事