Entries

オタクネタはこっそりと

使用禁止「保護なめんな」ジャンパー  ネットでは「何が悪いのか」激励相次ぐ
2017年1月18日 18時33分 J-CASTニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/12558411/

 よくあることですが、いろんな話がごっちゃにされたまま、それぞれの人がてんでにわあわあ言っている、という印象。
 なので、可能な限りひとつひとつにほぐしてみますと。

【生活保護費の不正受給は違法】
 ま、当たり前っちゃ当たり前ですね。

【不正受給を正すのは市職員の正当な職務】
 これも当たり前。

【不正を正す職員を不正受給者が脅すのは犯罪】
【不正受給は認められるものではない】
【脅迫に屈して不正受給を見逃すことがあれば、見逃した職員もまた犯罪者となる】


 ここまではよろしいかと思いますが、その問題となったジャンパー。

【不正受給を許さない、というのは当然】
【本来はこれは人に見せるために作られたわけではない】
【人目につかないところで着用するのは自由】


 ファーストガンダムにあったセリフからの引用ってことで、私としてはその文言を聞いたときにはミョーな笑いがこみ上げてくるのを禁じ得ませんでした(笑)

 ということで

【職務に忠実であろうとすることは正しい。市民として支持する】
【ジャンパーを着ての外出は、不適当】
【不適当ではあるが法的に処罰されるようなことではない】


 というあたりにまとめられるかと思います。

 まあ今後はそういうジャンパーを着て外は歩かないようにしてください。
 って、それだけですね。

 ただ、この記事に限った話としてお聞き願いたいのですが、この記事で読む限りでは、
「やはり後ろ暗いところがある人間は敏感になるのかね」
 というのが、私の感想です。

 職員さんがなんだかお揃いのジャンパーを着ている、というとき、その文字が何か、何を意味しているかなんてことは私はほとんど気にしませんし、仮に分かったとしても、「あえて言おう、カスであると(by ギレン)」であれば、何やってんすか、と、鼻の奥でぐずぐず広がる変な笑いを堪えるだけですわね。(^^;)
 ガンオタ(ガンダムオタク)ではないけれど、まあ、それに多少なりとも近いところにいる人間としては。

 その程度のことであるにもかかわらず、この文言をあたかも「脅迫」のように感じたのだとしたら、そんな風に感じる方に、何か脅されるべき心当たりでもあるんですか、ということになりますよ。
 
 心当たりがあるかないかはともかく、少なくとも——、これに反応した人はずいぶん敏感だね、とは言えるんじゃないでしょうか?

 不正受給を正すことと、このジャンパーが外部に着ていくには不適切であったということは全く別次元の問題。
 なのに、なんだかミョーなコメントとかリプとかをお見かけしてしまいまして。
 不正受給者を取り締まる職員を「悪者」みたいにいう人がね、ちょこちょこいるようです。
 あの話題とその話題をごっちゃにしたままものを言ってるなという印象。

 なので、ちょっとここでは、ごちゃっとした話題を「分離」してみました。

 分離したのに、なおゴタゴタ言うと、「不正受給を正してもらっては困る」と言う発言に受け止められかねないので、その辺りにはご注意を。

 不正受給は犯罪ですから、きちんと取り締まり、正してもらうことは必要ですし、そのいっぽうで本当に支援が必要な人に、正しく給付がおこなわれるようにとも、念を押したい。
 不正を正すことと、適正に行われることは表裏の関係ですから、そのことも大事にしたい。

 で。
 私もオタクの端くれの端くれなので、このジャンパーそのものにつきましては——、こういう笑えない事態を、アニメのセリフでちょっとだけ茶化して気分を「軽い」ものにしようと言う、いわばユーモアの感覚は嫌いではありません。(^^;)

 でも、こういう「内輪ネタ」って、外にバレると恥ずかしいんだよね〜;; と、あらためて実感してもおります;;

 とか言いつつ、不正受給を正しに行った、職務に忠実な職員さんに切りつけたという犯罪者がもしあるなら、「職員さんをいじめる、悪い人!」と、こっそり呟いておきたいと思います。

 こっそり。
 ……ひっそり。(どこが)
 
関連記事

ご案内

プロフィール

みずはら

ブログ内検索

最新記事

地球の名言

presented by 地球の名言

右サイドメニュー

月別アーカイブ