コミケ参加者
2016年12月30日 (金) | 編集 |
 人の関節の柔らかさ・固さというのは生まれつきのものだそうですが、お世話になっております整体の先生によると、私は関節が柔らかいんだそうです。つまり怪我をしにくい。
 とはいえ、何かスポーツをしているわけではないし、あんまり意味ないような気もするんですが、確かに振り返ってみると、運動神経が鈍くてトロいわりには、怪我はしたことなかったんだなあ。

 ……と、怪我をしてから気がつく(笑)

 昨日はちょっと重いものを持った拍子に、持ち方が悪かったようで右肘靭帯を傷めてしまいました。

 ほっておけばいいだろうと思っていたけど時間がたつほど痛みが増してきたので、これはダメだな、ということで暮れの整体院へ無理に突っ込んでもらいまして;;
 とにかく冷やすこと動かさないこと、とのこと。
 それでもすぐに診てもらったおかげか、今朝になりましたらかなりいいですね。痛みもあまりないし、昨日は曲げ伸ばしもできなかったけど曲げる方は問題なくなった(といって調子に乗って続けていてはいけない感覚はある)。

 今日はひとまず大人しくしておれ、とのことですが……おとなしくつってもなあ。
 痛みや張ってくる感じが出る直前まで様子を見ながら、仏壇を拭いたり、できることはやってます。

 だって本当に何もやらないなんてこの年末にさあ! そりゃ、逆に無理ってもんですよ。

 諸事、基本的には左手でやってます。腕を伸ばす他には、手首をひねるような動作ができない。手首がどうこうではなく、やはり肘のところで動きがブロックされる感じです。
 顔にあれこれ塗るのと洗髪がやりにくい……。やれやれ。

         ●



 昨日からコミックマーケット91が開催されています。
 過去にも様々な、いわゆる有名人という方々がおいでになっているコミケですが、少なくともこれまでは、だからと言って騒ぎになったことはありません。

 今年の夏は何と言っても西川貴教さんが話題でしたが、今回は! なぜか!! 「あの」!! 叶姉妹がおいでになる、とのことで。

 本質的にはアングラな世界であるコミケとは無縁そうな方々なのに(というより究極の対極だべ)、どーした? 何があった? とは思いつつ、さすがにこれは話題が「すぎる」と思われたか、事前に準備会からもコンタクトしたみたいですね。
 叶姉妹のエライところは、ちゃんと事前に下調べもして、アドバイスも受けて、従って「敬意を表する」態度ですね。

 キモオタの祭典てどんなんだよ(嘲笑)、という態度ではないところが、エライなあ。と。

 で、受け入れ側としては——上記ツイートの通り。

 通常なら叶姉妹がちょっとありえない場所へ「降臨」となれば、勝手に写真撮ってネット上に溢れかえるところ、あれだけの人(昨日の来場者数17万人と発表あり)がいても、そういう非公式の画像が1つもないというのは、立派。

 コミケにおいては参加者はひとしく「参加者」であり、「お客様」はいない。常に法的には黒に近いグレーゾーンにあるコミケは、参加者一人の行為一つで簡単に消えて無くなるものだという危機感は共有されてきた、という歴史がある。

 とはいえ、現在は諸外国からの参加者も増えたし、物見遊山的にくるやつが一人もいないと言ったら嘘になる規模だし(でもそういう人は大抵、泣いて帰ることになると思いますけどね)……今回も、叶姉妹がおいでになるのは構わないけど、周囲がどうかなと思っておりました。

 昨日は来場時間が遅くなったということもあったかもしれませんが、ともあれ、叶姉妹といえども「いち参加者」に過ぎない、ということを忘れた不心得者はいなかったようで、何よりです。この調子でいってもらいたいと思います。
(離れたところから拝むくらいはまあいいでしょう;;)

 でもこういう態度って、当たり前っちゃ当たり前だと思うんですよね。
 何かの仕事できているならまだしも、あくまでご本人のプライベートなものであれば、押しかけたり話しかけたり勝手に写真撮ったり騒いだりって、どー考えても「プライバシーの侵害」。
 そういうものを「有名税」などという開き直った考え方は、「盗人猛猛しい」というものだと考えてます。

 夏コミの西川さんのときも、周囲のサークル参加者は「サークル参加者同士」という枠を出ることなく、ご本人に対応したと聞いております。それでいいんじゃないですかね。コミケ以外の場所でも、そういう考え方がフツーになってくれるといいなと思ってます。

 過去、ちょっとだけ面白かったなと記憶するのはローリー寺西/ROLLY さんで、気がついた人たちももちろん声をかけるなどはしなかったけれど、思わず、そっと跡をついて歩く人が続出し、遠目には「ハーメルンの笛吹き」状態だった、とのこと。
 それでも目につかないように、そっと、ってところが面白いなと個人的には思ったこと(笑)

 面白いといえば、事前の情報としてはむしろ、「叶姉妹が来るのはいいけど」、恭子さんをエスコートする「グッドルッキングガイ」は来るのか!? と色めきたったところでした(笑)
 ご本尊よりも脇侍(きょうじ)の方が話題をさらったみたいな感じ(笑)

 もちろんそちらの同行はなかったようですが、——なんなの、その妙な動揺ぶりは(笑)

 ともあれ。
 有名人といえども「参加者」である、というこの精神は、このまま維持していけたらいいな、としみじみ思ったことでした。

 叶姉妹には、コミケ、楽しんでいただけたのかな。
 楽しんでいただけたならいいんだけどな。
 せっかくなんで。+.(*'v`*)+
 
 
関連記事