オール・ハロウズ・イヴ
2016年10月31日 (月) | 編集 |
 ツイッターの方で、「ハロウィンというといきなり怒り出す人がいる」と呟いていたら、なんだそりゃ? と言われましたんですが。
 いらっしゃるんです、そういう方が。(^^;)

 サッカーの、全日本チームの試合で渋谷の例のスクランブル交差点でのばか騒ぎにも、そりゃーもー、罵倒というくらいのことをいう人なので、ハロウィンというと、ああいう乱痴気騒ぎ(……死語でしょうねえこれ;;)を連想するようです。
 で、ハロウィンと聞いた瞬間怒り出すから、こちらとしては「え?? え、なに? どうしたの??」という感じで、ぽかんとするしかないわけです。(^^;)

 ハロウィンは正確には「オール・ハロウズ・イブ All Hallow's Eve」で、キリスト教では10月31日〜11月2日まで、死者の霊を慰める行事を行うんだそうです。

 とはいえキリスト教はその教えを広めて行くにあたり、他宗教や、あるいは在来の信仰をツブしながら自分たちの宗教行事に取り入れて行くという、なかなか不気味なことを繰り返してきたわけでして、このハロウィン、万聖節イブも同様。

 ケルトでは11月1日が「新年」。冬の始まりの日でもあるそうです。
 いわば10月31日は大晦日なんですね。で、この時には亡くなったひとの霊が帰ってくると言われる。
 そう聞くと「ケルトのお盆か」と思いますが、決定的に違うのは、彼らは悪霊だということ。
 生きている人間に取り付いてあの世へ連れて行こうとするんだそうですよ。物好きな。

 ともあれ、いきなり死者の世界へ連れて行かれるのは嫌だなということで、ああいうお化けの扮装をして、生きている人間ではなく、悪霊の仲間だと思わせ、だます、というのが、あの仮想の本来の目的だそうです。

 日本でも正月になると祖霊はくるけど、それは「年神様」と呼ばれ、丁重に神棚や床の間に迎え入れられるので、………なんか、ケルトの亡魂は可哀想だなあ、という気がしてくる。
 なんだろうこの扱いの差。

 このハロウィンについては調べれば調べるほど納得しがたいものが出てきて、話しているとキリがありません。(^^;)
 
 現行のあの「トリッカートリート」っていうのは、いつからそうなったかは存じませんがともあれ、欧米で子供のための行事として浸透したもの。
 大人が参加するようなものではない(お菓子をあげる方)ですが、例えばスクランブル交差点のああいうのは——確かに、ハロウィンでもなんでもないんでしょうね。(^^;)

 ハロウィンが日本でももてはやされるようになったのは、ここ10年以内のことじゃないでしょうか。
 私は一応、英米文学に多少なりとも関わった都合上、この行事のことも聞いていて、大人どもも仮装する、どうかすると仮装したまま仕事OKなんて会社もあると聞いて、それいいなあなんて思っていたんでした。

 ゆえに、他人にはあんまり話が通じない行事、という認識でいたんですが——、知られるようになったのはいいけど、今度はわけわかんないことで「あんなバカなものをやるなんて」と、ぷんすか怒り出す人と遭遇し、「…………はい??」と戸惑う羽目になりました。

 イヤリングはこっそりハロウィンのを着けていたりしますが、髪の毛に隠れているので気づかれないのは幸い。(^^;)
 自己満足で自分で楽しんでるだけですから、気づかなくてけっこう。
 気づかれたらウルサイし(笑)

 ただ、浦安のネズミーランドや、お菓子メーカーさんの気合の入れようを見ていると、今頃の季節というのはこれまでは「イベント枯れ」というのか、クリスマスまでは目ぼしいイベントがなかったのを、ちょうどよく、イベントを仕掛けて、お客さんを呼び込めるものになっている——ようですね。

 その辺りを見ると、「いーんじゃないでしょうかハロウィン」と思います。
 それなりの経済効果があるなら、そう悪いもんじゃないでしょう。

 個人的には。
 仮装する元の意味が「悪霊の仲間のふりをする」ものだったというなら仕方ないかとは思うけど——、どうも、おどろおどろしいもの、ゾンビっぽくて臭そうなもの、流血状態、という、目で見てあんまり楽しくない路線の仮装は、どうにかして欲しいような。(^^;)

 現行のハロウィンの行事は子供を主役にしたもの、と私は認識してますが、でも、肝心の子供さんの中には、ああいうお化けを怖がって、ハロウィンを嫌がることもあるんだとか。
 そりゃ可哀想だよ……。お菓子をもらえたってダメでしょうねそういうの;;

 そう考えると、グロではない可愛い系列の仮装が、主になってくれるといいなと思います。

 元から日本人のほとんどにはキリスト教の宗教行事は関係ないし(クリスマスにミサに行くひとなんていないのと同じで)、日本から見れば本家と言える欧米でも、多分、元の意味を知っている人も多くないと思われるし。
 どうせ原型を崩してしまったのなら、時代に合わせて可愛い、楽しめる仮装が主流というふうになってもいいんじゃないかな。

 基本的には子供さんに楽しんでほしいので——小さい子が喜んでくれる仮装の方が、いいですよね。

 頭に斧をめり込ませて流血ダラダラ、みたいな、そーゆーのはやめれ。(^^;)

 そもそも、新年に帰ってくる祖霊を「悪霊」扱いするところからしてアレなんだろな……。
(言いにくいことはぜんぶ「アレ」で済ませる)
(日本語ってベンリ)

 ともあれ。
 確かに言えるのは、ここでいよいよ「冬」になること。

 日本では新年は早春、命の胎動の季節とみなしますが。(一陽来復ってことで)
 太陽が弱りきり、「死」の世界になることをもって「新年」とする、という、この発想の違いがそもそも興味深いことではあります。

 レイ・ブラッドベリが愛した10月も今日で終わり。
 秋と冬の間(はざま)となる今日、どうぞ楽しくお過ごしください。(╹◡╹)

7ac5f91ffa90ae6ea1c6f5602b543ab8_s.jpg
 
 
 
関連記事