タバコ1箱千円
2016年10月26日 (水) | 編集 |


 え? と思って検索。
 ツイッターならもっとTLが沸くかと思ったらそうでもなかったですね。

「たばこ1箱1000円に」=自民議連
2016年10月25日(火)16時46分配信 時事通信

 受動喫煙の話は好き嫌いの話ではなく、例えばそばアレルギーの人にそばを食わせるのと同じ行為なんですが。
 相変わらず喫煙者の皆様はそのあたり、ご理解いただけないことが多いようで。
 そんなに自分が「加害者」だということを認めたくないものでしょうかね?

 とりあえず感情的になってわあわあいうのは(喫煙者も非喫煙者も)なんの益もないことなのでご遠慮願いたい。
 今朝も今朝とて、なんですか日本は「男女格差」ランキングでさらに順位を下げたということについて、それぞれの立場でそれぞれの人がヒステリーを起こしているので、ひとまず落ち着こうか? と突っ込みたくなりましたわ。(^^;)
 女は感情的になるからダメなんだ、と、顔を真っ赤にしてヒスってる男を見たときは、さすがに私も怒るよりも、「……大丈夫ですか?(イロイロ)」と心配になりました;;

 感情かあ。
 
 感情などない方が世の中平和でいいんだろうなと、たまーに思うことがあります、正直なところ。
 でも、感情は感情で大事なものだしこれを「味方につける」ことも大事なことなんだそうで。
 感情を邪魔者扱いするのは間違っているそうです;;

 タバコ1箱千円、というのは、これはまた提言があったというだけで草案作りさえされていない。
 この話も半ば定期的に出てくるので「またですかあ……」というのが、正直な感想。

 酒税はとっくに上がってるし、タバコだけが「保護」されるべき理由もないはずですが、愛煙家の方々は「税金を払っているんだから威張っていい」とお考えのようです。
 私はむしろこれは納税を褒めるのではなく、「他人の健康を害する罰金」という考え方の方が近いと思ってるのですがこれをいうとまたヒステリーを起こされるので厄介。(^^;)

 愛煙家でも長生きをする方を例にして、タバコの有害性を否定するのも虚しい言い訳。
 これは感受性の違いでして、有害物質を浴びても平気な人と、ほんのわずかでも重篤な病気の原因になってしまう人とがある。
 同じ花粉症でも、閾値(いきち)という、発症するレベルは個人差がある。それと同じこと。
 生まれつき体が丈夫な人を基準にものをいうのは、傲慢というものじゃないでしょうか。

 タバコの場合は煙が出てくるところが困るんですよねえ……。
 分煙というものが、もっと確実にできれば、双方にメリットになることなんでしょうが、液体でもないものですから、どうにも。

 タバコを1本吸うと、吸い終わってから5分後まで、吐く息のなかに有害物質が含まれている。
 小さい子供さんがいる場合は、喫煙者は、吸い終わってから10分くらいは、子供さんには接近禁止にしないと「分煙」にはならないというのですからなかなか、しつこいもんですよねタバコって。
 
 このしつこいいやらしさ、というのが、愛煙家のイメージそのものに思える……と言ったら怒られますか。(^^;)

 とはいえ、私も人様の趣味嗜好をとやかくいうのは好きではないし、寒風吹きすさぶ真冬、カフェのオープンテラス、誰もいないテーブルでタバコを吸う方を見たときは、本当にお気の毒だと思いました;;
 なんとかできないものでしょうか;;

 タバコ1箱千円は、それが禁煙のきっかけになったり、どうしても「好き嫌いの話ではなく健康の問題」「他人への傷害」だということを認めてくれない喫煙者の意識をわずかでも動かすきっかけになってくれればいいなとは思いますが。
 私としては、今回もこの話、なんとなく立ち消えになるんじゃないかと予想してます。(^^;)

 なぜと申しますに、立法府においでの方々に、相当数の愛煙家がいると見込まれますので。

 酒量はまだ調整できるけど、タバコは「中毒」だから、難しい……そういうことになる気がするな。
 オリンピックどうたらは後付けでしかなかろう。という予想。

 愛煙家の方にはお気の毒にも思います。本当に。

 ……結局「好き」なものって、「弱点」のことなんだよなあ……。
 
 
 
関連記事