Entries

カサンドラの予言

 本職の占い師さんではないのですが、ちょっと事情あって自分で占いを学んで、プロではないにしろ素人とも言い切れないという、そういう方も、結構いらっしゃるんですね。

 自分自身にあれこれ思うことや思い悩むことがあり、占いというより「運命学」というものに独学で取り組んで、気がついたら友人知人の間では「あの人の占いは当たる」と評判を得る。
 口コミで見てもらいたいなんて人も結構くるけど、プロじゃないからお金も取らない、でも当然、責任も取らないよというくらいの。

 そういう方に、ひょんなことから私、結婚運を(笑)見ていただきました。

「結婚のチャンスは少なくとも、あと4回はあるよ」
「へー。この年で、ですかぁ?」
「適齢期に年齢は関係ない」

 ………とは言ってもな(笑)

 過去に何度そんなチャンスがあったのかは聞きませんでしたが、どっちにしろ、いずれも見事に空振りしてきたわけですから、この先4回と言われてもなあ、というのが私の本音。

 ちなみに、見てもらったというのは私がお願いしたわけじゃありませんので念のため。
 知人にくっついて雑談しているうちに、「そういえばこちら(=私のこと)がね……」などと、よけーなことを言われただけです;; ……くそ もう何年もそういうことがなくなっていたからすっかり油断してたわ。

 母に話したら変なふうに喜ばれてしまったので、内心、かなり複雑です。
 あたしゃあんたの骨を拾ったらそれでお役御免を願うつもりなんですけどねえ母上。

「まだ」チャンスはあるよと言われて、希望に思うどころか、かえって気分的にはヤサグレてます。

 しかしまあ、過去が空振りだったからといってこの先も皆同じとは限らない。
 ひょんなことからひょんなことになる「可能性」もある、ということなら、別に否定する理由もない。

 できるだけ後腐れないよう、シンプルに身軽に過ごすつもりですが、もしそんなことが万万が一にもありましたその時には。
 まあせいぜい、盛大に笑ってやってくださいませ。(^^;) ←多分こいつがいちばん信じてない 
 
 
関連記事

ご案内

プロフィール

みずはら

ブログ内検索

最新記事

地球の名言

presented by 地球の名言

右サイドメニュー

月別アーカイブ