情と理
蓮舫氏の二重国籍疑惑は何が問題なのか
田上嘉一 /弁護士/BUSINESS LAWYERS編集長
2016年9月9日 0時59分配信 Yahoo ニュース

 冷静でわかりやすい解説かと。

 国籍については、これは国力の問題で、多重国籍でも気にしないで済む国もありましょうが、世界の中では少数民族である場合、ありていに言えば「小国」である場合は、やはり攻めるよりも守りを固める必要があるため、重国籍は認めない、というのは現実的な対応だと考えております。今のところ。

 ミャンマーがかつて鎖国政策を取ったときにも随分、国際社会とやらからはあれこれ言われましたが、歴史的な背景や、地政学から見たときには、「大国」に飲まれず「小国」なりに生き残るには、これしかないというところもあったと思いますね。
 
 日本というのもその実態は立派に(?)小国でございます。
 外部からの刺激によって簡単にしっちゃかめっちゃかになる可能性は高い国なんですよほんと。それが、それこそ海に囲まれているとか、天皇という「核」があるとかいう諸条件があって、奇跡と言っていいくらいの「国」なんで。

 これを壊すのは案外、簡単なこと。
 いーかげんそのへん自覚しましょうや、と時々イラついていることがあります。(^^;)

 ということで、「小国」としては、重国籍は認めない、という「選択」をしてきたことについて、私はそう悪いことではなかった、というより、そのかみの「欧米列強」に飲まれまいという危機感から考えれば、当然の選択だっただろうと考えます。

 ということで、民進党(旧民主党)(あの過去をなかったことには絶対させません)の、蓮舫さんの国籍問題についての話題。
 個人的には、日本の国会議員という人が外国籍を有しているということは、そういうあたりから考えれば望ましいこととはいえず、平時はいいけど、何か問題が起きたとき、苦しい立場に追い込まれるリスクもあるので、田上さんのおっしゃる通り、最初から、自分で、誰に言われずとも、あらかじめ手を打っておくべきことだっただろう、と思います。

 この辺については一度、考えた方がいいかもしれませんね。公務員や、代議士という人々が、どうあるべきかは論じないわけにはいかなくなっているように思います。
 あのアメリカだって、大統領となりますとさすがに、「移民1世」「帰化」の人は立候補できませんから。

 私は考えなしの移民政策には反対の立場ですが(労働市場の解放は賛成)(労働の問題が一気に移民の話になるところが理解できないと思ってる)、こうしてみるとやはり人間にとっての「根っこ」はあだおろそかにできないのだと思いますね。

 蓮舫さんについてはそういうわけで——確かに現状、国会議員に立候補する時点で片付けておくべき物だったのに、なにやってんの、と、「政治家としての資質」が疑われる、というところが「問題」とはいえましょうね。
 この際ですから分かりやすいようにしておけばよろしいんじゃないでしょうか。

 その一方で、やたらヒステリックに騒ぐ人々についても、——「何アレ」という目で見てしまいます。

 これは、田上さんは指摘していらっしゃらない、もっと下世話なところがございまして。


 これねー……。(^^;)
 庶民の間にあるのはこちらの方でしょうね、主に。

 物には言いようというものがある。これは日本ばかりじゃなく世界標準というものらしいのですが、政界ってところは全く、聞くに堪えない暴言の嵐ですもんね。
 そのことに対して無感覚になっているらしいところがまた問題。

 いつぞや、自分なりの喧嘩の作法のお話をいたしまして、その中で「トドメは刺すな」と申し上げましたが——まあ、こういうことなんだよね、と思っております。

 マッキャベリも、自分が一度、徹底的に叩き潰し、恥をかかせた人間を、その後、甘言その他で慰撫し懐柔できるとは思うな、と書いていますが——その通りだと思います。

 人間は、恩は忘れても恨みは絶対忘れない、そういう生き物です。

 一度でも叩き潰したら、もう、それで終わりですよ——相手だけじゃない、叩き潰した自分自身もね。

 ゆえに、本来ならそこまで騒ぎ立てることじゃないけれど、感情的にどうしても、ということなんでしょう。

 でも、彼女がそういうことをしたからといって、こちらも同じことをしたら、こちらも、彼女と同じところに落ちることになる。
 そのあたり、よく考えて、是々非々、情は情、理は理、冷静な対応をお願いしたい。
 ……と思って横目で見ていた件。
 
      ●

 明日は所用ございまして、投稿が遅くなると思います。
 遅くはなっても休まないと思いますので、(^^; よろしくお願いいたします。m(__)m
 
 

関連記事
プロフィール

みずはら

ブログ内検索
最新記事
リンク
地球の名言

presented by 地球の名言

カテゴリー
RSSフィード
月別アーカイブ