Entries

思い込みの頑迷(少しだけ加筆修正あり)

 この種類のお話はときどきお見かけするけど、なかなか興味深い。
 3つツイート並びます。





 痴漢被害なり性犯罪被害となると、まず被害者に責任があるという考え方は、これ、意外でしょうが男性のみならず女性にもけっこうあるんですよね。
 犯罪発生の責任は被害者にあるだと? あほか。犯罪者がいるから犯罪なんだろ——とまず言っておいて。

(服装と犯罪被害に相関関係はないということを真面目に科学的に研究した本があるので、興味か文句がある奴はそれを読め、と)
「ナンパを科学する」


 世の中には、このツイ主さまのご子息のような外罰型ヘタレばかりではない、ものの道理を理解している男性もいるのだ——という一例をあげておきます。
 TIMEの記事の拙訳で、読みにくい日本語になっているところはお目こぼし願いたいのですが;;

 ▶︎「トルコの男性たち、女性の権利のためにミニスカートを着用」2015/02/24
元記事:http://time.com/3718618/turkey-men-miniskirts-ozgecan-aslan/

 性犯罪被害について、なぜか加害者ではなく被害者のほうを責めるような言い方をしたうちの両親を、不肖わたくし、「ふたりとも、そこ座れ」と座らせて、テメエが年頃の娘(当時)を持つ親をやってんのになんだその不心得は! とセッキョーしたような人間でございます。
 この考え方がどれほど間違っているかはもう正直、話すのにも飽きているのでここでは申しません。
 
 ともあれ、興味深いと思うのは「女性の装いはすべて男性のためにある」という発想。

 これは、ほんとうにどういうことなんでしょうね。
 ツイ主さまのおっしゃるとおりで、男性は、その服装を見た女性から、「そんなカッコして、女を誘ってんの?」などと言われることは、まずないでしょう。
 そもそも、女性自身にそういう発想、ないですから——そりゃ、言われるわけないけども。

 ……と考えれば、わかりますよね。
「女性の服装は男性のためにある」という考えかた(をする人間)がある、というだけのことであり、じっさいに、「女性の服装は男性のためにある」わけではないのだ、ということが。
 わ か り ま す よね?(念押し)

 人間は外見ではない、というテーゼは真か偽か、ということについても以前ちょこっとお話しましたが——。
 化粧の歴史をみても、人が「装う」ことにはいろんな意味がある。自分のためでもあるし他者への「メッセージ」でもあるし、社会の中での身分や階級や職業を示す機能もあるから社会の中の「サイン」でもあるし、その人の主義主張を示すこともあるし、——単純に娯楽でもあるし、身体を心地よく保つことで精神状態さえ守るものでもある。

 とても一言では表現できないことですよね。装う、ということは。

化粧にみる日本文化 だれのためによそおうのか化粧にみる日本文化 だれのためによそおうのか
(2009/09/10)
平松 隆円

商品詳細を見る

(「化粧に見る日本文化」2010/05/31 エントリ

 それを、とにかく女性を見ればその外見はすべて男性へのメッセージ(誘惑であれ拒絶であれ)である、と「思い込む」。
 自分がそう思い込んでいることに気づかないほど強固に思い込んでいる。
 ナゾですねえ。(^^;)

 思い込みというのは、自分の願望を含んでいることも多い。そうであってほしい、「だから」そうであるべきだ、そうであるにちがいない、——となる。
 でもあいにくですが、「だから」ってのは意味不明なんですよね。そういう願望を持たない他人からみれば。
 
 外罰型てのは、心理学用語でして。
 簡単に言えば「なにかっつーと他人のせいにする」心理のことです。

 で、犯罪被害者のほうが「悪い」というような奴は、外罰型と申せましょう。
 無意識にでしょうが加害者の立場に立って「加害者は悪くない。被害者が悪い」という。
 つまり、自分(側)は悪くない。すべて、被害者(=他者)の責任だ。と。

 そういうわけで「女性の服装はすべて男(はっきり言えば自分)へのアピールのためにある」という発想をするひとは、精神構造として「他人が悪い」で固まってますから、こういう説明をしても聞きゃしませんしね。

 男性が犯罪者側になるのはわかるとして、では女性も同じく「被害者に落ち度がある」と考えるのはなぜか、というと。
 私はこちらのほうがある意味やっかいだと思ってますが、「過剰適応」だろうと思いますね。
 本当は自分に害があるのに、生き延びるためにその害あるものの価値観に自分を合わせていく、という状態になっていることが多いのではないかと思いますが、ここを突っ込んで話すとまたややこしいことになるのでやめておきます。

 なんにしろ、ものの道理を理解せず、筋道というものを捻じ曲げることで他人を傷つける迷惑な人たちがいる、ということですね。
 そういう人たちは「つねに自分は悪くない」と思い込んでいるので、なにを話しても無駄、という状態にある、と。
 

 ということは、こういう被害が世の中から消えることもないんだなと思うとまた心の闇に沈んでいくはめになるので考えないようにします;;


(………なにやら救われない気分のまま、終わっちゃいますね今日の話題;;)
(なんとかしようと思ったけど、なんともできませんでした;;)
 
 
 
関連記事

ご案内

プロフィール

みずはら

ブログ内検索

最新記事

地球の名言

presented by 地球の名言

右サイドメニュー

月別アーカイブ