「翻訳できない世界のことば」
 今日で7月も終わりですね。早いなあ。
 今日は日曜日ってことでのんびりいきたいと思います。
 まあ実質、おやすみみたいなもので。(^^;)



 お見かけして、面白そうだなと思った本でしたが、じっさい面白い。
 ことば、とは、結局その本質は何かといえば、「イメージと概念」だと思っております。

 具体的な物体についた名前のこと、というのは言葉の基本でしょうが、複雑な概念や意志を伝える場面においては、ことばというのは、概念——「意味」のことだ、と。

 まがりなりにも翻訳っぽい作業に関わってみますと、結局「対訳」では、言葉は訳せない、ということに気がつく。
 Good morning を「よい朝」と訳すのが対訳。「おはようございます」と訳せば、それが「翻訳」。

 翻訳というのは結局「相手がなにを言っているか」をどこまで拾えるか、その意味やイメージをどう他言語で表現するか、という作業なんですね。
 言葉をただ置き換えるだけでは、意味不明どころか抱腹絶倒ものの「ハナモゲラ」語になるのは、機械翻訳を利用した方ならご存知のはず。(^^;)

 ということで、異文化においては、まったく想像もつかない概念がありますね。
 ことばは「文化」そのものを背負う。ってことで、異文化のことば、その「意味」を理解するのは難しいし、よし理解できたところで、それを外国語でいうことはできない、ということは多い。
 
 その、できない、あるいはたいへん難しいことを乗り越えていくのが翻訳という作業ですが、ひごろはかなりの力技で(ときにはあえて意味を落としたりして)いっているところを、あえて、「原語のまま」にして、「訳せないことば」として、集めた本。

 見開きで、左ページにそのことばを、右ページにはイラストと、その「意味」が説明されています。
 ことばの絵本、という感じ。
 気楽に、どのページから見てもいいし、イラストと説明をみて、そんなことばが「発明」される、その土地のこと、気候のこと、人々のことに思井を馳せる——まあとにかく食べ物関係が多いなこの国は、とか考えたり(笑)——。

 1日が終わって、家でホッとしながら靴下を脱ぐと、足にくっきり、ゴムのあとがついていたりますが、トゥル語ではこれを「KARELU」カレルというそうです。
 私どもは「靴下のゴムのあとがついちゃった」というしかありませんが。
 トゥル語はインド南西部のことばだそうです。「肌についた、締めつけるものの跡」。

 体にそんな跡がついてしまうのは、私どもにとってもおなじみの現象ですが、それに具体的に名詞が与えられてるのは面白い。

 ちょっと人から嫌味っぽいこといわれて、気分の悪さとそんなこと言われるショックとで、思わずことばに詰まってしまい、なにもいいかえせなかった——というのは、なかなかつらい経験ですよね。
 で、あとあとずいぶん尾を引いてしまうんだけれど、あとから「こういってやればよかった!」と思いついたりする。
 でも、言い返すならその場で言わないと意味がないわけで——、なんでこれくらいの切り返しを言えなかったんだろう、と、くやしいやら自分に腹が立つやら。
 しかも、けっこういい切り返しを思いついたりするんですよね。で、なお悔しさが募ったりして(笑)

 これをイディッシュ語(中欧・東欧系ユダヤ人のことば)では「TREPVERTER」トレップヴェルテルというのだそう。
 直訳すると「ことばの階段」。あとになって思い浮かんだ、当意即妙のことばの返し方。だそうです。

 日本語そのものにはないけれど、「ああ、わかる!」というものもあって面白い。
 同じような状況を経験するのに、それを表現することばが、できたりできなかったりって、どのへんで決まるのかな、というのも、興味深いですね。(^^)


 私のお気に入りは。
 スウェーデン語の「MÅNGATA」モーンガータ。

 明るい月夜、海や湖、あるいはゆったり大きな川や、池や、——水面(みなも)に月の光がおちて、まるで一本道がそこに現れたようにみえることがありますが、あの光景。

「水面にうつった、道のように見える月明かり」。

super-moon.jpg
(↑2015年のスーパームーン)

 あの光に、ちゃんと名前をつけている言語があるんだなー、と思って、ちょっと嬉しくなりまして。
 モーンガータ。
 正しい発音なぞできるもんじゃありませんがでも、やはりその名前も美しいように思います。

 あの光の道にもちゃんと名前をつけた人たちがいる——ということが、じんわり嬉しい。


 気楽に読める「ことばの絵本」。
 けっこう楽しいです。
 
 
関連記事
プロフィール

みずはら

ブログ内検索
最新記事
リンク
地球の名言

presented by 地球の名言

カテゴリー
RSSフィード
月別アーカイブ