Entries

夏きもの&簡単帯結び


 いつ以来になるのかちょっと思い出せないくらいお久しぶりで本日はきものの話を。

 わりとこう、「正絹(しょうけん)以外のものはきものじゃない」「きものを着るなら必ず正絹のものにすべき」「化繊は邪道」みたいな価値観のかたもいらっしゃるようですが。
 とくに夏のきものについては、私はこの意見には賛成しません。(^^;)

 暑いのを無理に我慢していたら、どうかすれば命に関わりますからねー。
 体に負担をかけずに快適に着る「べき」だと思いますね夏はとくに;;

 東レさんの、セオアルファと爽竹(そうたけ)、いいですよ〜。ほかにも同じように夏きものに適した素材もありそうですが、私が入手できたのはこのへんだったので。
 
 夏のきものはとにかく体調を維持できるもの、暑さに対抗できるもの、洗濯機で遠慮なく洗えるもののほうがいいです。
 いいですというより、私の実感としては「必須」ですね。(^^;)

 そりゃあ、冷房ががんがんに効いたところで過ごすとか、フォーマルな席へいくのなら、きちんとしたものを着ていくのが筋ですが、きもの=フォーマル、じゃないですから。

 だいたい、きものは正絹じゃないといかん、というのはどこから始まった概念だか、理解ができませんわ。
 庶民がまがりなりにも絹のきものを広く着られるようになったのは銘仙(めいせん)が大正期に発明されて以降のこと。きものの歴史の中では「ごく最近」と言えるくらい。

 江戸時代はきっぱり庶民には絹ものは禁止されていたし、じっさい、肉体労働にいそしむのに、たれもの(やわらかものと同意。染めの絹のきもののこと)なんぞ、長い袖をじゃらくらさせて、タラタラ着ちゃいられませんて。

 庶民のきものは長い間、麻で、江戸時代になってようやく木綿が加わるってところでした。
 化繊のきものときくととたんにバカにしてくる人については、知識が中途半端か、さもなければとてつもなく心や視野が狭いのだろうという解釈をしております。(^^;)
 もちろん、価値観や考え方の問題にすぎませんが——真っ当と思える理由もなく馬鹿にされれば多少はやり返す、くらいの気持ちはあるよってことです;;

 浴衣は木綿というイメージですよね。木綿も夏にはいいと思いますが、これ、湿気を吸うとだらだらしてくるし重くなるというのが……ちょっとつらい。
 
 浴衣はもとをたどると「湯帷子(ゆ・かたびら)」で、サウナのような蒸し風呂にはいるときに、汗取りとして着ていたもの。
 なかには「自分は、浴衣なんかで外出してはいけないと親に言われた」という方もいますが、これはもっともな感覚だと思いますね。
 バスローブでデートに行くヤツはいないでしょ、ってくらいの感覚ですね。

 とはいえ、現在の浴衣がバスローブ格ではないのは当然ですし、まずはきものに触ってみようというのにはうってつけの気軽さですし、よろしいと思います。

 ただ、長時間おでかけするなら、——木綿のものに比べるとちょっとばかり値は張りますが、そんなわけで吸湿速乾、科学の力の化繊素材をおすすめしますというお話。
 じっさい、木綿より楽なんですよ…。多少雨に降られたって平気だし。

 さらに。
 長時間のお出かけなら、浴衣の下に長襦袢を着ちゃえ、というおすすめ。

 長襦袢というのはいわば、ボディスーツやガードル、またはペチコートみたいなもので、アウターの形を整え、着心地をよくするという機能もあります。
 じっさい長襦袢を着た方が着崩れしない。
 暑いでしょうといわれますが——暑いことは、なにをどーしたっておんなじです;;
 だったら、汗も取ってくれて着崩れもしなくて着心地もいい方が、よろしいと思いますね。
 伊達や酔狂で着てんじゃないんですよ長襦袢も。(^^;)

 木綿の浴衣に長襦袢を着ても、もちろん構いません。夏のきものはようは単衣(ひとえ)、つまり裏地がないもののことなので。
 浴衣は棒襟(ぼうえり)だから襟幅を自分で調整しなくてもいいので、初心者さんには気軽でいいと思います。

 帯は半幅帯で。
 で、いちばん簡単な帯結びをひとつご紹介。

 半幅帯の、長さ半分のところを体の正面に当てまして(ひとりで着るときは背骨に当てて)、
2016-07-16 浴衣 - 1 (1)
(↑洗濯バサミは目印につけてます)

 ふつーにひと結びしまして。
2016-07-16 浴衣 - 2 (1)

 ふつーに蝶結びにしまして。
2016-07-16 浴衣 - 3 (1)

 タレを帯の内側に通しまして。
2016-07-16 浴衣 - 4 (1)

 結び目を隠すように垂らす。
2016-07-16 浴衣 - 5 (1)

 これだけ。

 自分で着るときは自分の体の正面で蝶結び作って巻きつけ、帯の下側を持って、右方向に帯をぐるっとまわして背中へ送ればできあがりです。

 帯が長くて、タレが長すぎるときは、結び目にぐるっと1周巻きつけてからでも。
 これは通常の浴衣用の半幅帯ですが、兵児帯(へこおび)でも可愛いかと思います。(^^)

 ご参考までに。
https://jp.pinterest.com/shimaiya/
姉妹屋・半幅帯
 
 
  
 
関連記事

ご案内

プロフィール

みずはら

ブログ内検索

最新記事

地球の名言

presented by 地球の名言

右サイドメニュー

月別アーカイブ