政治を知るためのお勉強
2016年07月13日 (水) | 編集 |
 今日はお盆の入りですね。
 静岡ってお盆は7月ですか8月ですか、と聞かれましたが、両方じゃないかな…。お寺さんの都合次第って感じで。(^^;)
 うちは父方の菩提寺が7月、母の実家のほうは8月でやるので、お盆は7、8月の両方ということになります。

 どっちかに統一したらどうだろうかと思いますが、もし統一するならやはり8月のほうがいいなあ。7月はご覧の通りの梅雨末期で、気候も安定しませんし雨も多いので墓参りもままならない、って感じ。
 8月盆の頃はもう、秋の虫もその声が聞こえてくるころだし、それほど雨に悩まされる季節でもないし、ということで。

          ●

・「三宅洋平氏を支持できない理由。
2016年7月7日 イケダハヤト氏 ブログ「まだ東京で消耗しているの?」

 まあ、なんとか無事、参院選挙も終わりまして。
 思わずミュートにしちゃった「選挙期間中の他人の悪口が超絶激しい」あの方はどうかしら、と、そろりとようすを見に行ってみたりしているわけですが。

 東京都民の皆様におかれましては、もうひとつ選挙が待っているわけで……たいへんですね、としか、部外者としてはいえないんですけども。(^^;)
 
 あんまり政治に絡む話というのはしないほうがいい(特にツイッターでは)、と思っておりますが、選挙となりますと判断に少々迷うかたもあるようで、そういう場合は僭越ながら私見を申し上げることもございます。
 で、そんな話をしているときに「どうしたらそういう話がわかるようになるだろうか」という質問をいただきまして。

 そういう話というのは、政治の話のことですが、新聞雑誌等を鵜呑みにしないのはいいとして、鵜呑みにしないにしろ自分で考え判断する、そのためにはどうしたらいいんだろうか、ということですね。
 疑うばかりではなにも判断はできなくなる。判断の根拠は? ということで。

 学校の試験じゃないので、とりあえずこれを押さえておけばいいというようなものもありませんが、ただ、やはり、こういう「社会」という「おおやけ」のことを考えるにはなにはともあれ「個人の利益」はいちどどこかで放棄する必要はあるでしょうね。

 で、あとは政治には独特の「文脈」があるわけですが、これもまた、学校で体系的に教えてもらえるようなことではない。

 私のオススメはマキャベッリですが、なぜか、日本ではマキャベリズムというと「目的のためなら手段を選ばい」とかって、なんとも、極悪非道な論理、みたいに思われるし言われることが多いようです。

 でも、身も蓋もなくても政治って利益の確保の話だし、利益って現実そのものなんだし、人間の「現実」がどんだけヒドイものかは、だいたいの人にはわかってるはずですよね。

 マキャベッリの思うところでは、——彼のいた時代はいわばイタリアの戦国時代ですから、なによりも社会が安定して、人々が平和に暮らしている、ということが最大のミッションなんですよね。
 国民の生命財産を守ること——これが政治の最大目標であり最低限の責務である、ということは、「本質」だともいえる。
 本質というのは、なにがどうなろうと変わるものではない。

 ということで、その本質をゆるぎない信念で押さえていたのがマキャベッリだと思いますので、——彼のいうことを100%鵜呑みにされても困りますが、でもまあ、あの思考回路を理解できれば、さほど、選挙に関する報道をきいても、惑わされることはなくなるかと思います。

 好き嫌いとか、理想とか、自分の個人的な利益とか、そういうものをともあれうっちゃりで土俵の下へ叩き落す、そういう「感覚」があれば——冷たい現実そのもののまえで、それほど取り乱すこともなくなると思いますね。

 政治を志すものは歴史を学べ、といった高名な政治家がいたはずですが誰でしたっけ? チャーチル? あれ? 違ったかな。(^^;)

 他人の言うことを鵜呑みにしない、疑いを持つ、視野を広く——といわれても、具体的にはどうすればいいかわからない、ということがもしあるなら。

 洋の東西を問わず歴史についての本を読むことが、いちばん手軽な方法としてオススメですね。
 そのなかでマキャベッリは身も蓋もないからいいぞ! ということですね。(^^;)

 次点は、マキャベッリを「我が友」と呼び、ユリウス=カエサルを最上の愛人とする、塩野七生さんの御著作一連を(笑)
 政治における「文脈」は一千年まえだろうがなんだろうが、変わりゃしません。なんせ人間が、一千年まえとたいして違わないんですから。

 
 自分の不勉強を棚に上げて、なにかっつーとすぐに「だまされた」などという怠惰な精神が私は大嫌いなんですが、ではなにを勉強しろというのか、と言われるのなら、「歴史を」と申し上げる次第です。
 
 
 
関連記事