Entries

冷やし中華はお好き

 今日は日曜日ということで、のんびりおやすみモードでいきたいと思います。
 
 冷やし中華というものがありますが、あれ、ちょっと苦手にしております。
 嫌いというほど強い感情はありませんので、ひとに付き合うくらいはまったく問題ありませんが、自分から好んで食べることはない。

 あの酢の効いた味が意外と苦手。
 
 冷やし中華はいつからあるのか、なぜあの酸味の効いたスープ(? タレ?)になったのか、とちょっと検索の旅へ出てみましたが、詳細不明でした。(^^;)

 昔は冷房なんかないんだし、暑いときには酸味がすっきりしておいしく感じられたんだろうなとは思いますが……うーん。ゴマの香りは好きなんだけどなあ……。

 私はじつは酸味が苦手なのかもしれません。酢豚ははっきり「嫌い」に振れているし(食べることはできますが)、その昔は幼児期トラウマのせいもあって寿司が苦手だったし(現在はまったく問題無し)、ところてんは大好きだけど、付属のタレではなくポン酢を使うことがほとんどだし。

 ………といいながら、野菜の酢漬け——三杯酢でも甘酢でもなんでもOK——は黙っていても自分で作って食べてるということは、酢の味が嫌いなわけではない、んですよね。
 謎ですねー……なにがよくてなにがいかんのだろう??

 ただ、酢の味そのものには、じつはウルサイのかもしれません。

 とある大手メーカーさんが「お米で作った純なお酢♪」といってCMを始めたときはつい、
「それじゃあなんですか? いままでのお酢は、お米で作っていない不純なお酢だったんですか?」
 それを聞いたうちの親、
「そうだよ? あれって酢酸だよ」
 知らなかったの? といわんばかりの口調で申しました。
 酢酸ですと?
 エチレンかアセトアルデヒドってこと?
 鼻腔にツンツンきて泣けるだけで旨味がないのも道理なのか;;

 寿司については——どうなんでしょうね、手軽に手に入る回転寿司や宅配のものですと、現在はほとんど、シャリには酢がきいてませんから(みんなネタのことばかりいってて、シャリの味についてはあんまり気にしてないみたい;;)、私が寿司の苦手なところを克服できたゆえなのかどうか、イマイチ自信ありません;;

 いちど、いわゆる冷やし中華ではなく、「冷たいラーメン」をちょこっとご相伴でいただきまして。
 麺はたぶん通常のラーメンのもので、で、スープは冷やして、つけ麺にしていただく。
 ひんやりした食感がよろしくて、これでいいんじゃないかなあ、なんで酸味のスープにしたのかな、と、そのとき初めて、冷やし中華のありように疑問を持ったんでした。

 暑いというよりじめじめとした湿気でちょっとめげておりますが……、昨日ははっと気がつくと自分の好みで酢の物三昧の夕食になってしまいました。
 ちゃんときっぱり、おいしいんですよね酢の物。——それでも、それなのに——冷やし中華の酸味が苦手というのは変わってないな? と思いまして。

 単純に、酸味だから好きとか嫌いとかではない夏の味覚。
 自分でもちょっと不思議に思ったり。

f9dbb26622311ddd1c1b58c745d8acb5.jpg
http://snapdish.co/d/bymena

 
 
関連記事

ご案内

プロフィール

みずはら

ブログ内検索

最新記事

地球の名言

presented by 地球の名言

右サイドメニュー

月別アーカイブ