パパ活に思うこと



 感想を求められても、「面白いねえ」としか言いようがないんですけども。(^^;)
(なんでアタシにそんな話題ふるんだよと疑問に思いつつ)

 パパ活ですかあ……。ネーミングがそもそも…ですね。
 まあ人の好みも考えも人生観もそれぞれなので頭から全否定はしませんが、でも、結局は寂しいなあという感じ。
 いつぞや、海外で日本の恥を晒しまくるおじさんたちは、——お金で買ったそれを「恋愛」だと思ってるんだ、という話を聞いたときはとにかく驚きまくり、そのあとはもうなんとも言えず「悲しい」気持ちになりました。

 恋愛か。……恋愛のつもりなんだってさ、あれが。
 なるほど江戸時代の吉原あたりじゃ、無理心中を迫る客から遊女たちを守る算段が、厳重に、あれこれなされたわけだよなあ、と、変な方向で納得いたしました。
 こうなってくると、恋愛ってなんでしょうね? という疑問が湧いてきますねえ。
 たぶん定義を語らせたら、もうそれこそ十人十色なんだろうな。
 ………日本では違法となる、海外での買春を、真顔で「恋愛」と言われてしまっては、私にはもう言葉もない。

 その一方では、この「パパ活」ってねえ。こちらは真顔で恋愛とまではいう気はないようですから——はっきり「収入」って書いてあるから——、そのへんは、まあよかったなと思いますが。(なにがよかったかは自分でもよくわからない)

 ただ、ここでふと思い浮かんだのは、「なにかと幸福感の低い日本の中でも、とくにお若い、未婚男性の幸福感が低い」というお話。

未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会
2016年5月24日 15時45分 Newsweek 日本版

 記事の中にあることは、まあとくに目新しいこともないのでそれはいい。

 ただいまジョン・グレイ博士の本を、ショックを受けつつ目からウロコを落としつつ読んでいるわけですが、——火星人も金星人も結局は、「誰かを愛していたい」のにねえ、と思う次第で。

 これは聞けばちょっと意外に思う方も多いのではと思いますが、じつのところ、むしろ欲求としては男性の方が「愛情を与えたい」気持ちが女性よりも強いようです。
 ただ、——現在の社会、その文化や歴史において、そのへんが「許されていない」し、理解もされていない。
 愛情豊かな男性はむしろ、女性的だと排斥される「文化」になってる。

 愛情を分け与えることで自分が満たされていく、つまりは幸福感を得る、ということが、無視されたり冷笑の的とされたりで抑圧されている。
 未婚男性に幸福感がことさらに低いのは、その愛情を与える対象が(まだ)ない、ということと無関係ではないように思います。

 でもたぶん——男性自身、その欠乏感と「不幸」感の原因を、自分で認めることもできない——というのがグレイ博士の見解ですね。

 世の男性に幸福感が薄ければ、当然女性の方も同様となるわけなので、やはりここらへんで、いままでの「文化」を、ちょっと見直したほうがいいんじゃないかな。——いえ、ゆっくりとでもそういう方向へ向かっているとは思うのですが、もうちょっと加速させたほうがいいような。

 だれかに愛情を与えたい、という欲求があることは、いいことなんですよね。子供が、ちゃんと成熟した男性になった証ですから。
 まだ愛情を与えるべき対象をもたないゆえの欠乏感(幸福ではないと感じてしまう感覚)を、だから、否定はしないでもらいたい。

 でも、いまの世の中の空気とか文化とかって、そういうの、ぜんぜん認めてくれないんですよねえ……。
 愛情深い男性を「女性的」だといって否定、非難するのは、旧来型の男性のみならず、女性もそうなんだもんねえ。
 そりゃつらいですよねこの状況。

 私も自分と同世代の女性たちの、シナプスの先端まで染みついてんじゃないの? というくらい強固な「男は男らしく女は女らしく信仰」には、驚いたりうんざりしたりしてますもん、けっこう。(^^;)

 男性はじつは愛情を「与えたい」という欲求が強い(ある意味では女性よりも)のだということを、まずは自覚して認めてもらいたいし——これは世の中全体にそうなってもらいたい。
 
 女性の側にとっての落とし穴は、「信じること」の重大性を見落とすこと。
 男性にとって他者から「信頼される」ことが、命の根幹といえるほどに不可欠な要素だということを理解したいところ。
 女性は本来は、そういうことが得意なはず。——信頼感を寄せる、そのサインを送り「つづける」ということが。

 私はけっこう露骨な「男嫌いで女好き」ですが(でも残念ですがストレート;;)、女性が好きという理由がそのへんですもん。言われている意味、わかる気がします。

 ほかにもいろいろあるけれど、まずは、そのポイントを抑えるだけでも、ずいぶん「幸福感」は変わってくるんだろうなと思います。

 パパ活も——、まあそれでよろしいのであれば海外違法買春よりはまだマシともいえますから、あえて非難することもありませんが。
 おそらくここでいうSugerdaddy もまた、抑圧されちゃった欲求の、ちょっとゆがんだ形だろうと思うと、……ちょっと切ない気がします。

 愛情を与えたいという気持ちがあるのはすばらしいこと。
 私としてはまず、そのことを申し上げたいと思います。
 

pale-color-bouquet.jpg

  
 
関連記事
プロフィール

みずはら

ブログ内検索
最新記事
リンク
地球の名言

presented by 地球の名言

カテゴリー
RSSフィード
月別アーカイブ