へそ曲がりが言うことにゃ
2016年06月17日 (金) | 編集 |
 生まれついてのへそ曲がりなので、世の大勢が左に寄ってるなと思うと私は右により、なんだか皆さん、あの場所にばかり集まるんだなあ、と思うと自分はあんまり人がいない方へ歩いていく、という傾向がございまして。

 もともと、「死者にムチ打つ」趣味がないせいもありますが、今回はどちらかというと、へそ曲がり、天邪鬼のほうが顔を出しているようで、——東京都知事の舛添さんについては、基本的には黙っております。

 ま、私からすれば「よそさま」の知事さんですから——先日も東京へいったおり、タクシーの運転手さんに話を振られましたが、「東京都民の皆さまはまた選挙ですね。たいへんですね」で押し通し、いいとも悪いとも言わずに帰ってまいりました。
 ようは運転手さんのお嘆きを、そうですかそうですかといって聞いていればいいだけでしたから、楽なもので(笑)

 なにかの論調が、ひとつになってしまう、ということを私は随分、無意識に、警戒します。
 嫌っているというより、「警戒する」。
 大勢の人がわっと一方向にかたまると、ろくなことがない、と思っているので。

 群集心理っていうんですか。ああいうの——たとえ殺されても自分はあれには埋没しないぞ、と、心に決めているところがありますね。

 暴走した群衆というものを、私はつねに恐れているところがあります。嫌悪し憎悪し、怖れている。
 だから暴走していないあいだに、「本当にそう?」「ほんとうにそれでいいの?」「違うと思うなあ」というのを有形無形に示そうとする——そんなところがあるようです。

 魔女狩り、とかね。まあ、ああいったものです。私が警戒するのは。

 言っている内容が「正しい」としても、「多数派」というのはそれだけでもう暴力みたいなものですから——あんまり、近寄りたくはない。

 ということで、私の「へそ曲がり」がまたここで顔を出しているとお考え頂けるとありがたいのですが。

 ——舛添さん。ほんとうに辞任する必要がありましたかね?
 
 よそさまのことながら、私はそのように拝見します。
 不正は不正。セコイという、本来はある業界における隠語が大々的に使われるくらいの、なんともケチくさい話でもあります。
(せこい、は、もとは、役者さんあるいは寄席芸人さんのあいだでの隠語。⇨三省堂・大辞林
 公金の横領、という見方もできる。それもわかる。

 しかしそれでも——またここで議会を機能停止状態にし、選挙となれば億というお金が吹っ飛んでいく。
 任期満了も近いからということならまだわかるが、任期半分を過ぎたばかり。この時期の辞任は「適切」だろうか。

 みっともないしケチくさいし適法ではないのは事実。
 でも、ここでこんなやめさせ方をすることの、メリットとデメリットを比べた場合、どちらのほうが大きいのか?

 話を聞いている限り、結論は最初から決まっていて、そういう検討がなされたようすさえないこと、議会が機能停止状態になり、本来懸案の議題がたなざらしに置かれていることが、どうにも気になりまして。

 どんなことにもメリットとデメリットがあるもので、選択というのはそのどちらを重要視するか、優先順位としてどちらを選ぶかという話なんですが、そういう判断がなされたふうには見えない。
 思考停止、というのがまず群集心理の条件ですから、そりゃ、私としては「それでいいの?」と疑いたくもなろうってもんです。

 よそさまのことですから私が言うのも口幅(くちはば)ったいことではありますが、——正直、今回は辞任にまでいたるべき事案とも思えません。
 ひとつ残念なのは、でも、そういう考え方をする私から見ても、「多少の懲罰はあるのは当然としても、やりかけの仕事があるのでそちらの完遂を」ということがない、ってこと。

 石原慎太郎さんはそれでも、自動車の排ガス規制、暗黒街化した町の正常化、東京マラソンで観光都市としての地位向上という仕事をきっちりしていらした。
 そういうものがあるなら、「多少の問題はあっても、あの仕事はちゃんと仕上げて欲しい」という人たちがいたでしょう。

 舛添さんについては惜しむらくは、そういう、「引き止める」べき要素が薄かった、ということでないのかな。
 よそものが言うのも申し訳ないことですが。

 まだあの仕事が途中だよここで放り出されたら困るよ——と。
 そういう声はなかったのか。なかったのなら残念ですし、本当はあったのに、あのヒステリックな「群衆」にかき消されたのだとしたらちょっとシャレにならない。

 私はいわば「部外者」ですから、なんとも申上げようはございませんが、失礼ながらひとつのケーススタディとして、そんな目で見ております。

 なんにせよ。
「大多数」であればあるほど、私は疑いを濃くする。

 この性分(しょうぶん)はもう、治りそうもないな、ということ。(^^;)

         ●

 明日と明後日はちょっと遠出いたしますために、ブログはおやすみいたします。m(_ _)m
 Twitterのほうではちょこちょこ、投稿できると思います。

 遠出といっても、私の行き先は南ではなく北。
 
 皆様もどうぞ、よい週末をお過ごしください。
 
 
関連記事