2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2016.06.15 (Wed)

歩きスマホは誰でも危険

 ◯◯さんのファンですと言っていながら、なぜ、その人を目の前にみようものなら殺しかねない勢いで「襲いかかる」のか、なぜ相手の人権を無視して当然という感覚になるのか、そんなんで好きって言えるのか、と、どーしようもない疑問を昨日は熟熟(つらつら)——というよりダラダラ書いてしまいました。
 が、ふと昨夜、「好きっていってもいろいろある。——アレは、こういう種類の『好き』なんじゃないか」と思いついたので、メモ代わりにツイートしておきまして。



 私の場合は、どなたかのファンであるという自覚を持つときは、ふつーに「人」を好きと感じる感情がありますが、「相手を人間扱いしない」あの「好き」は、たとえるなら、好きな食べ物を目の前にしているときの「好き」が近いんじゃないか、と。

 そう思ったら(勝手に)納得。
 そういうことなら、「好き」であることと「相手を人間扱いしない」ことは同時に成り立つ。
 好物の食べ物を人間扱いしてたら食べられませんもんね。
 好きと言っていながらなぜ相手に危害を加えられるのだという疑問は、これなら(いちおう)解ける。

 これが正解かどうかは、もちろん、わかりません。
 ただ、私の疑問には、いちおうこれでひとつの解となる、ということですね。
 ………どっちにしろ怖いな。(^^;)

 私の考えるところではそれは愛情ではなく「欲動」だ。
 欲動が悪いという意味ではないです。それは生き物としての動力ですから。
 でも、それ「しか」ない、とか、それがむき出し、ってあたりには、正直言って、戸惑いを覚えますねえ……。うーん。

         ●

「公正」という点で考えるなら、駅員さんよけいなことを言ったよね、というのが、私の思うところではあります。

 この件については私の敬愛するツイッタラー(…っていうんですかね)おふたりが、じつに対照的なご意見なので、ちょっと興味深くて。





 おそらく、この話題の出処と思われるツイートはこちら↓。



 いろいろご意見もあり、怒る方もあり、「クスッと笑う」人もあり。いろいろですね。

 で、どう思うかなあと自分でも考えてみたんですが、結論は最初に申し上げた通り。
「駅員さん、ひとこと余計でしたね」

 歩きスマホをしているのは子供連れの方ばかりではないし、その危険性は子供連れのひとだけが突出しているわけでもない。
 諸事情かんがみれば、子供連れだろうが一人歩きだろうが、歩きスマホは危険行為だということは変わらない。
 全体の利用客からみれば子供連れの客なんてごく1部というより少数でしょうに、それをわざわざピックアップしたってことは「なんらかの思惑、意図があった」んだろう、という解釈になるのは自然でしょう。

 なんでわざわざそんなこというの? と思うと、駅員さんは何を言いたかったのか、と気になる。
 歩きスマホの危険性は誰であろうと同じだが、なんの意図があって「少数派」を「目立たせた」のか? と。

 それでなくても今の日本てどういうわけだか子供に冷たいし、社会全体が虐待ムードを持っているといってもいいくらい。親御さんの心労度というのはもう極限に近いだろう、と、私としては同情を禁じ得ないくらいです。

 それでなくてもピリピリしているのに、わざわざケンカをふっかけるようなことは、いうべきではなかった。私はそう思います。はい。
 
 ただ、日頃から敬愛するおふたりが、わりと反対意見を述べておいでだということで——で、おふたりともおっしゃることはいずれももっともなので、ふむふむと感心しつつ拝見したという次第。

 で、元ツイートの主さまの続いてのご意見が面白かったので。




 なにか事件や事故が起きると、その「報道」が、すぐに「悪者探し」になるけど、なにかあったときに、すぐに「誰が悪いんだ」と、誰かを叩こうと身構えるのはやめたほうがいい。——とは、私も以前にどこかで書いた記憶。

 なにかあったときに、すぐに「怒る準備」に入るんですよね皆さん。
 なにかあったら「怒らなければならない」というのが「心のクセ」になってる。

 怒るために、誰が悪いんだ、と「犯人さがし」を始める。よくないと思いますねこういうの。

 正義なんてろくでもないものはさっさとドブに捨ててこい——とは、いつから私もいうようになったかな。正義というものそれ自体は、もう高校生の頃には不信感を持っていたけれど。

 誰が悪い彼が悪いという正義感が世の中をかえって悪くしている——という見解には、私は賛成ですね。

 正義なんてなくたっていいし、正義じゃないからなんだっての。
 正義の味方は人殺しをしてもいい、という価値観がなくなったら、少しは話をしてもいいけれど、そういう価値観がはびこっている間は、私も、正義なんてク■じゃ、という見方を変えることもないでしょうね。



 そういうことだと思います。
 今回の結論は「駅員さん、ひとこと余計でした」と、「偏見にもとづくターゲットにされて、子供連れの方にはお気の毒でした」と「誰であろうと危険行為はやめよう」ということですね。
 それぞれは違う話なのに、ミソもクソもごっちゃにするからケンカになる……ような気がします。
 
 
関連記事
12:06  |  身辺雑記2016  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |