2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2016.06.06 (Mon)

初老

 ピンタレスト、ちょっと残念なことになっております。
 昨日の午前にはふつーに使えていたのが、午後、気が付いたときには、ログインできなくなっていました。

 ログインしようとして、でてきたメッセージが、
「サインアップシステムにより、疑わしい点が検出されたため、このアカウントをブロックしてあります」
 という主旨のもの。(英文)

 なんでしょうかそれは? とヘルプセンターにメールで問い合わせたら、私がピンした(=保存した)アイテムになにか、スパムとかエロ関係とか、規約違反となるものがあって、それでブロックされたかもしれない、と。
 ブロックされたのはなにかの間違いでは、と思われる場合はこのメールに返信してくださいとのことだったので、返信をお送りしまして。ただいま、そのまま待機中。
 
 そんなに怪しいものをピンした覚えはないんだけどなー…。ともあれエロには心当たりございません。
 さもなければ私がなにか、知らず知らず規約違反のピン付けなり利用なりをしたかもしれない、と思ってあらためて禁止事項を読んでみましたがやはり心当たりはない……。

 なんでしょうねえ……。ともあれ、ブロック解除してもらえるのを(可否の連絡を)、ぼーっと待っているしかないようです……。

        ●

 初老、という言葉がございまして。

 阿刀田高さんだったか伊丹十三さんだったか思い出せませんが——どなたかのエッセイで、初老を「ういろう」と、かれこれ50年も知らずに読んでたよ! と、ショックを受けていた友人がいて。
 初陣(ういじん)、初冠(ういかんむり/ういこうぶり)、初産、初子、って、みんな「初」を「うい」って読むじゃん。だから初老も「うい」ろうだと思ってた、という説明を聞き、なるほどそれも一理ある、——というお話なんですが。

 初老ときいて、何才くらいだとお考えでしょう?

 これ、じつは40才なんですよね。初老い(はつおい)ともいうそうです。
 アラフォーじゃなくて、きっかり四十歳。

 ちなみに、「弱冠」は——これ、現在は誤用がひどくて、「弱冠 17歳で世界チャンピオンに」とかっていったりしますね。
 弱冠はこれまたきっかり二十歳のこと。ちなみに、本来的には男子限定で女性にはいわない。らしい。
 
 誤用の方が多くなるとそれもやがていいことにされていくわけで、誤用とも現在はいいきれないのかもしれませんが、私としては少々違和感あります。

 ちなみに、にぎり寿司、にぎり2個で「1貫」という数え方で子供の頃に教わったし使っていたので、現在の「にぎり1個=1貫」には、どーーーーーーしても! なじめず、現在はあの「貫」という単位は使いません。(^^;)
 諸説ある、というのはあとから聞きましたが、これ、やはり食べ物関係だからつい執着してしまうからなのか、自分の脳内では変更がきかず、どうにもキモチワルイので、「貫」という単位は使わないようにしています。(^^;)

 話を戻しまして。

 そういうわけで、四十で老人事始め、って感じですね。
 昔には平均寿命が50歳くらいだったとすれば、現在の感覚だと70歳くらいに相当するのでしょうか。
 そう思えば納得ですが、現在の状況で、40歳でお年寄り扱いというのは、ちょっとなー、という印象になるかと思います。

 たしかに、平均寿命も健康寿命も、昔に比べれば比較にならないほど伸びているので、40で年寄りとはあんまりな、むしろこのへんて「働き盛り」ってやつじゃん、——という仰せもごもっとも。

 それでもたしかに、ここをひとつの転回点と考えるのは、間違いじゃないなあと思いますね実感として。
 
 時間が、少なくとも2つ、あるのを感じます。
 ひとつには、そういう、平均寿命からくる、「社会的な年齢」。
 もうひとつには、人間社会の都合とは関係ない、ただ自然のうちの「いきもの」としての年齢。

 その両方をいったりきたり、バランスを取りながらやっていくしかないんだなあ、と思いますね最近。

 源氏物語でも、光る君が齢(よわい)の御賀(おんが)っていうから何かと思えば、「四十の御賀」だというので、最初に読んだときはびっくりしましたけどね。(^^;)
 まるで現在の還暦みたいな祝いっぷりなんですが、現在では還暦だってそんなにひどく、「お年寄り」扱いはしませんもんねえ。

 人間社会と、自然とのあいだには、けっこうな乖離が出てきている。そういうことのようです。

 気持ちとしてはそう老けこんじゃう必要はない。「もう歳だから」は、禁句にしておいていいと思います。
 でも、自分の身のうちにある、社会性とは無関係の、ひとつの「自然」もまた、気遣ってあげるといいんでしょうね。

 ただ、社会性と自然というのが意外と「噛み合わせ」が悪くて、間が悪いなと感じることも多い。
 その難しいところをあえてバランスを取れるようにする、というのも、必要な「知恵」かもしれません。

 へんなふうに守りに入らず、といって、無理無茶無謀はせず。ってことで。٩( 'ω' )و
 
 
関連記事

タグ : 人間

12:08  |  身辺雑記2016  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |