Entries

再開のピンタレスト

実はSNSではなかったPinterest(ピンタレスト)!
 インスタグラムとの違いやブックマークとしての使い方を徹底解剖。

http://gaiax-socialmedialab.jp/pinterest/402

 いちどはアカウントを取得したものの、使い方がわからない(直感的に)、目的がよくわからない、バルーンヘルプが出てきたりするけど意味不明、「◯◯しますか?」とか聞いてくれるけどそもそもその◯◯がなんのことだかわからない、といって用語をいちいち調べる時間をとれない……ということで、「??????」状態のまま、結局、退会(でいいのか)しちゃった「ピンタレスト」。

 ちょっとしたことで先日またのぞいてみたら、……前回よりは直感的に操作できたので、また登録してみました。

 とはいえ。
 やっぱり、ピンタレストの使い方はいまいち「ピンとこない」。(^^;)
 くだらないダジャレ言ってる場合じゃないですけど;;
  
 つまりピンタレストの「正しい」(あるいはもともとの)使い方、目的ってなんだろう? と探して、辿り着いたのが上記におきましたリンク先。

 ピンタレストはこれまでのSNSとも違い、だれか個人をフォローするのではなく(それもできます)、ある人が作った「ボード」——設定されたテーマにそって情報を集めて、コルクボードでにピンで留めておく、そのボード「だけ」を、フォローすることもできるという。

 私が、なんだかよくわかんないや、といって使用をやめたのはいつごろだったかな……あのときよりは、このボードの作り方、表示のされ方、画像への「紐付け」(黙っていてもURLがわかるのはもちろん、同じ画像をピンしている人など、付随する情報がくっついている)も、ぱっとみてすぐにわかるような画面構成になっているし、ああ以前よりもずっといいな。と思いまして。

 なんでもかんでも、繋がる繋がるって、いちいちうるさいよ、と思ってしまう私ですが、私なぞよりははるかに「つながりたがり」の人々にさえ、「SNS疲れ」なんてものが言われるこのごろでもあります。
 そういうなかで、ピンタレストは、人との「関係」ではなく、ボードのみのフォローが可能というのを見てもわかるように、純粋に、情報だけ——「自分が好きなモノ」だけを、関連づけていけるというのが、面白いところであり特徴である、とえるようです。

 ピンタレストは、SNS ではなく、ブックマーク、といえるそうです。
 ただそのブックマークは、毛細血管のようなネットワーク化がすでにできている、——キーワードを決めてなにかひとつピン留めした瞬間、関連するものがわっとばかりに押し寄せてくる。
 そんなイメージです今のところ。

 植物や動物などの画像はいいんですが、食べ物関係のボード、あるいはそれをもとに収集されてきて関連情報が表示されるホーム画面がもうね——飯テロのレベルじゃない。(^^;)
 とんでもない量で、しかも画像付きで視覚にもろに訴えて、一気に表示されるというのは。

 お腹が空いているときに(空いてなくても!)、やたらにホームを開くのは危険だぞ、という気がします(笑)

 なお、上記記事、本文中にしめされた図がわかりやすい、イメージしやすいもので、なるほどねー、と納得いたしました。

92f6f0ba049314dc712608c8a85bec6b.jpg

 インスタは私はやってなのでよくわかりませんが、FacebookとTwitterについては、なるほど、というところ。

 なおこの図はその情報の扱い方、志向性の違いを(おおざっぱに、概念として)示したものであり、じっさいどう使われているかという話とはちょっとチガウので念のため。

 自分のホーム上でいいなと思う画像を見つけて、開こうとしたらもう元ファイルは削除されてます、とか、そういうこともありますが、なかなか面白そうです。
 使いこなす、というところまではいけない予感もいたしますが、(^^;) まあ、ぼちぼち、つづけてみようと思います。

 いちど挑戦してみたけどイマイチでした、という、前回の経験を踏まえつつ、こんどはもーちょっと仲良くできますように。(-人-)
 
 

関連記事

ご案内

プロフィール

みずはら

ブログ内検索

最新記事

地球の名言

presented by 地球の名言

右サイドメニュー

月別アーカイブ