2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2016.04.26 (Tue)

岡目八目


 2020年の東京オリンピックのエンブレムが無事、決定しました由(よし)、まずはようございました。

 市松模様というのも古典柄の一つで、あれはなぜか、単純なのにきわめて「強い」柄なんですよね。
 着物や帯のどちらかを市松にしたら、どちらかは無地に近いくらいにしないと、私などは着る勇気がありません。(^^;)

 格子柄のバリエーションという見方もできますが——あの格子の大きさが、細かいとそうでもないけど、大きめになると、かーなーり、派手な印象。シンプルなのに派手。
 この柄を考えた人、天才。——と個人的には思っております。

 そんなわけで、私自身はあの図案、わりと好きでした。
 ただ、幟(のぼり)などに使われる場合には、あの格子ひとつはもっと大きくても良かったのかも——遠目になると無地に見えちゃうかな、とか思っておりますが。

 でも、あの格子の大きさ、形、配置、……さりげないようでも、デザイナーの方はどれほど心血を注いでお決めになったことか。
 私はそういうこまやかな神経を持ち合わせないので、想像をするしかありませんが、でも、ああいうデザインをするときに、どれほど細かい、私のようなしろうとからすれば「どうでもいいじゃない」と言いたくなるような、細かい違いに神経を使うことは、見聞きしております。
 このデザイン、さりげないようでも、この形に決めるまでは大変だったんだろうな、と。
 もっとも、そのこと自体は、どのデザインにも言えることでしょうね。

 ま、なんにしても無事決定で良かった。

 新聞は、その審査過程についてまーたぐだぐだ書いていたようですが——あの連中は、なにがどうだって絶対アラを探して悪口言うんだから、まともに聞く気もありませんが、(^^;) 選考過程の公正さがどうこうと書いてあったようです。
 よくもまあ、ああやって次から次へといちゃもんをつけられるもんですよね。
 あの陰湿さ、本当にうんざりする。

Number web スポーツ・インテリジェンス原論
「北島康介の落選と、千葉すずの遺産。
 基準を明快に運用した水連に拍手を。」


 選考といえば、オリンピックに出場する選手の選考過程。

 あれは不思議なもんだなーと思って眺めております。
 水泳の方はごらんのとおりで、選考会一発勝負で決めてしまう。あれでいいんじゃないでしょうか。

 陸上の方は情実(じょうじつ)だかなんだか知りませんが、毎回毎回、本当にスッキリしませんね。(^^;)
 水泳の方がかなりすっきりわかりやすく選手選考ができるようになったので、陸連の相変わらずのグダグダぶりが目に付きます。

 マラソンも、選考基準を決めて、選考会やって、それをクリアするかどうかだけで決めればいいのになあ。
 審判による演技点を競う競技ではないんですから、よーいドンで決めてしまえば、選手自身にも負担にならないはず。

 本番直前まで、オリンピックに出られるのか出られないのかといって、そちらで体力も神経もすりへらしていたら、そりゃオリンピックでいい成績なんかだせるかっつーんですよ。……違うの? (・_・;)

 とはいえ。
 この話をグダグダしていると、面倒臭くなった私の結論は、必ず、
「ようはオリンピックなんかやめればいいんじゃん」
 になります。(^^;)

 もはやすでにいろんな意味で本末転倒しているし、根元から末端までもれなく腐っているし、スポーツの意味を失っているし、なによりも、選手自身を損なうものになっているので、——「改革」なんかできるわけないんだから(ぶらさがっている人間の数が多すぎるから無理)、そんならすっぱりやめるのがいちばんいい。

 やめてしまって、それでもなお、スポーツとしてやりたいのかどうなのか。

 私は、オリンピックをアスリート自身の手に返すことができないなら、もはやオリンピックとは名ばかりの、お化けイベントでしかないこんなもの、やめる「べき」だと思っております。

 きれいに更地(さらち)にしたあと、それでもアスリートたちはそこに残っているかどうか。
 残っていたら——ほかのだれにも触れさせない、アスリートたちにとってこそ、意味のある競技会にしてもらいたい。


 ………とは、しょせんは部外者の勝手ないいぐさではある。それは承知しております。

 部外者は勝手をいう。
 でも、「岡目八目(おかめ・はちもく)」ということも、あることはあるんですよ。

 自分の利益などはカケラも関わりのない、いわば自利がいっさいない「岡目」には、そのように見えている。——そういうことで——なにとぞご寛恕を。
 
 
関連記事
13:27  |  身辺雑記2016  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |