おどしたりすかしたり
2016年04月16日 (土) | 編集 |
 そういえばもう1年になるんですねえ。
 誰か余計なことをいったのか、地元の結婚紹介所から入会勧誘の電話が来るようになって1年ですよ。あまりのしつこさに、なんだかげっそりしてきました。
 先日も、私がちょっと外出中にまだ電話がきたのだそうで、母がてきとーに往(い)なしてくれたようですが、どうにも。

 いちどは、病気をしておりますので、つってしばらくは静かでしたが(大病の疑いがあったので嘘ではない。6月に検査があるのでまだ完全に『無罪』でもない)、年明けからまた増えてきてます、最近。

 なんでああいうところから電話が来るようになったのか不思議でしたが、近所の世間話とか、ほかの勧誘ついでに、あそこん家にも嫁きおくれがいるよとか、誰某ちゃんの同級生でいるよとか、そんな悪気もなく個人情報どうたらという意味でもなく、ぽろっとしゃべったことを、じつに細かにキャッチするんだそうですね、ああいう業者さんは。
 誰かが世間話のつもりでしゃべったんだろうなーと思われますが……本当にもう、どうしてくれよう

 最初は私もさして嫌がることもなく、どこでどうお世話になるかわからないしと思ってハイハイと話は聞いていたのですが、ちょっとね。
 勧誘のときに、1年たてばひとつ歳をとるわけだから、少しでも早いほうがいいと思う、ということを言われたんですね。

 いやまあ、いかな中高年向け紹介所とはいえ、それはそうだろうなと思うので、それはべつにいいんですが、そういうわけで1年経ちましたので、その勧誘の方がおっしゃるところの「商品価値」は下がったわけですよ。
 ひとつ加齢したし病気は怪しいしで、もう価値ないでしょ、と、これですっきりお断りのつもりで申し上げたわけですが、そうしたら、年齢なんか関係ない、みたいなことを言われまして。

 かえって不信感が募りましたね。

 ああいうものの勧誘に、どういうノルマがあるかは存じませんが、ともあれ自分のなにかの目的達成——入会者を増やす——ためなら、もう脅したり賺(すか)したりを、平気でやるってことなんですね。

 あるときには、1歳でも若いうちに入会しないと不利になるよ縁遠くなるよと脅し(とっくに遠いわそんなもん)、年齢でひっかかるなら結構ですよと断ると、年齢は問題じゃないからという。
 きちんとしたものの考えがあって言葉になっているわけではないんですよね、つまり。
 申し訳ないですが——そういう態度、大嫌いでね

 ここで入会者を何人確保したいのでお願いします、といわれたほうが、よほどスッキリしますわ。
 泣き落としに弱いので、そういわれたら入会したかもしれませんよ(笑)

 どういえばいいんでしょうね——言葉に誠実味ってもんがないんですよね。

 自分の目的を隠していかにも親切そうに、こちらのためを思ってのこと、みたいな顔で「嘘」をいう。

 それがバレないとでも思っているんでしょうかねえ?
 だとしたら、私もずいぶんなめられたもんだなと思うばかりですが。

 仲人口(なこうどぐち)、という言葉がありまして——これは本来は、話をまとめるために相手方をじっさい以上に美化して伝えるもののいいようのことで、こういう、勧誘文句とは異なりますが、でも、誠実味のない言葉だというのは、共通してますね。

 なんかもうあまりにもストレスに感じるので、つまらない愚痴になりました。
 そこまでやったら悪いよなあ…と思ってきたんですが、……もういよいよ、迷惑電話に登録してもいいでしょうかね(涙)

 暖かくなるといろんなことが活動的になるようで、あれこれお誘いが増えるのも嬉しいことですが、こういうことも混ざってくるんだな……と、いささかげっそり。というお話でした;;
 
 
関連記事