2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2016.03.25 (Fri)

山へ洗濯に、川へ芝刈りに



 いわゆる有名人の不倫をしたのしないのというお話はたいてい無視しますが、今回はご本人に、選挙に出るかも、というお話もちらほら聞こえていた状況下だったので、そこで少し気になったのと。
 どうもここんとこ、昔話をあれこれ思い出すことが多くて、で、指を折って数えてみるともうそれなりの年数たってるし、時効だよね! いいよね! という気持ちにもなったので少し。

 なんのことはない、例によって「王様の耳はロバの耳!」というだけなんですが。(^^;)

 これはもう男女差なく聞かされたことで、正直、さしもの私も途中でうんざりしてたんですが、いわゆる浮気ってやつの「理由」に、「寂しかったから」っていうの、どーにかなりませんか。
 これはほんと、性別による有意差は見られませんでした。ただちょっと状況が違うくらいで。
 あれ皆さん本気で言ってんのかなー。いまだに不思議なんだけど。

 誰かとの人間関係がうまくいってないときの、ストレス具合というのはもちろんお察ししますが、私の脳内ではどうしてもリンクしないんですよね、——何某さんと最近うまくいってません、ということと、ほかの誰かで「埋め合わせ」をしようという態度が。

 本当は仲良くしたい人とうまくいかない、というときの、ストレス。「寂しい」感じ。そこまでは理解できます。
 が。
 それをほかの人で埋め合わせる、という発想がわからない。
 可能なわけないでしょそんなこと。

 何某さんという人間はひとりしかいない。その人との関係についてのお悩みを、他人で「代用」できるわけない。
 何某さんとの関係上の寂しさは、その人とのあいだでしか解決しないこと。
 そこで他人を持ってくるのは、結局、ただの逃避でしかない。なんの解決にもならないことをやって、自分も他人もさらに傷つける。

 それを正当化しようとするのはなぜですか。

 なぜ、とは言ってますが、このへんについてはもうそれこそウンザリするほど、言い訳のようなことは聞かされているので、あらためてここで繰り返していただかなくてもけっこうです。というより積極的に断固としてお断りいたします。

 これはもう、全方位的に他人に対して失礼だなあと思うわけです。
「あれはただの浮気だから」
 というのも、正直なところ私を怒らせるだけでしたし。
 その人(浮気相手とされる人)に対してなんつー失礼な! ということで。

 ただ。
 浮気どうたらについては納得できるものではないにしても、「本命」とうまくいかんといって悩んでいる部分だけは責めるわけにもいかないので、「アンタはいったいなんの言い訳をしてるんだ」とは思いつつ、本人たちには指摘せずにきました。
 その寂しさは浮気を正当化する理由にはまったくなってないぞ、とは。

 寂しいというところまではわかるけども、だったらほかに趣味でも始めれば? というのが私の思うところ。

 ようは浮気っつーのをしたいんだろう、と思いました。本人たちには言ったことないですけど。

 本来ならまるっきり「筋違い」の話なのに、まるで、その寂しさがあればあらゆる不誠実な行為は許されると思っている——あるいは「思ってほしい」みたい。

 ということで。

 この奥さんについても、「私にも至らぬ点がありました」というのはけっこうですが、「だからって不倫を認めるわけにはいきませんからね」と念を押したくなりました。(^^;) じっさいにはプライバシーなんで、私が関知するような話ではないのはもちろんですが。
 そのお気持ちは、奥様ご本人のお気持ちということで承りますけれども、だからってねえ——これですべてが「帳消し」になると思ったら大間違い。

 誰かとの人間関係のつまづきが、なぜ、不貞行為を正当化し得ると考えるのか。

 これもまた、わりと世間には多い考え方のようですが、納得は出来かねます。
「あまりにも頭痛がひどいので、川へ芝刈りに行ってきました」
 みたいな話に聞こえるんですよね私の耳には。(^^;)
 まったく辻褄の合わない、アンタなに言ってんの? 正気? というくらい「筋違い」のお話に。

 はー。やれやれ。
 20年来の胸のつかえをちょっと吐き出して、少し気が楽になった気分です(笑)
「王様の耳はロバの耳」話、お付き合いくださった方、ありがとうございます。つまらない話をお聞かせして、申し訳ありません。(^^;)
(ほんとに単に自分の息抜きなんですよこのブログ;;)
 
 
関連記事
11:45  |  身辺雑記2016  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |