【ネタバレ】「できそこないの男たち」



 こんな(失言)タイトルですが、べつに世の男性を腐(くさ)すものではないし、へんなふうに女性を称揚っていう本でもないので、そのあたりは、どうぞご安心ください。

 ノンフィクション系の本で「ネタバレ」つーのも珍しいでしょうか。(^^;)

 じっさい、どんでん返しがあるわけではないのですが、でもたぶん、書名から内容を読み始めると「あ。書名の印象とは違う」と思い、そのまま読み進んで純粋に科学のお話で、なるほどなるほどと頷いていたら、最後のエピローグはもう、完全に場外へうっちゃられた、という感じなので。

 私のみるところ、この本のいちばんのポイント、いちばん読むべきところは、そのエピローグにあるので、ここに触れないわけにはいかず、となると、フィクションのそれとは違うけどでもネタバレに含まれると思う……ということで、注意書きをつけました。

 とはいえこの本、初版が2008年の10月で——当時評判をとってすぐ買ったはずなので、私、この本をいったい何年ほったらかしていたのかと思うと忸怩といたします;;
 ネタバレもなにも、とっくに読んだ、という方もけっこういらっしゃるのではないかと。

 世界各地にある神話はいずれも、宇宙創生から話を始めますが、しかしまあ、あの一神教の始まりの話ほど、聞いて呆れるものもありませんね。
 神様はまずは男性をつくり、ついで、彼の肋骨から女性を作ったという。
 生物学はこれがむしろ反対だったことを証明している。
 ——なんて話は、聞いたことがおありかと思いますが。

 45億年ほどの地球の歴史、そこでの生物の発生の歴史を見れば、まずは女性が単性増殖しており、いわば生命は「女系」であること。
「男系」というものは生物の世界には存在せず、ただ、単性増殖だけでは限界がある、遺伝子組み合わせのバリエーションを増やし、「母から娘への遺伝子を、タテ以外の方向へ橋渡しする」のが、本来のオスの役目であること。

 性染色体にはXYがあり、オスはXYである、と学校で教わりましたが、話はそれほど単純ではないこと。
 世の中にはゲノムとしては男性でありながら見た目は女性、あるいはその逆、という人もいるわけですが、そういう人たちの遺伝子の研究から、「具体的に」本来メスであるべきものをオスにかえている、決定的な要素——ZFY遺伝子の「誤認」を経て、「真犯人」SRY遺伝子を突き止めるまでの、科学史が語られます。

 と同時に、ああいう学会というところ、研究の厳しさ、「勝利」する以外には「なにも手にすることがない」世界のお話も展開され、このあたりはサスペンスドラマさながらです。
 冷徹な科学の話が、どうにも人間臭くなるのも面白い。

 ということで。
 科学——生物学においては「生命の基本形は女性」であり、「女系」であり、オスはその遺伝子の橋渡しをすることだけを目的に「急造」された「いきもの」にすぎない。だからその体の造りは不格好であり奇妙な不都合があり、病気になりやすくて短命なのだ、と。
 
 でも。
 ここでミソジニスト(女嫌い)の皆様にはご安心いただきたいのですが、ではなぜ、現在の人間の社会(生物学とは別次元)では、あたかも男性のほうが優位であるようになっているのか、という点について。
 福岡先生の私見とのことではありますが、それは、「女性が欲張りすぎたためだろう」とのことです。

 本来、カマキリのオスのごとくに「消費」されるだけだったものを、あえて永らえさせたのは「欲深い」女性である、という、——いかがでしょう、嬉しいでしょう? こういうお話。

 私としては、なるほどそれもありそうだ、と思って聞きました。
 ただ、いまこうなっている世の中にあり、そんな遠い昔の話を現代に「そのまま」持ち込むのも意味のないことですから、なるほどねえというばかり。

 私が感動したのは、さらにその「向こう側」のお話でした。
 これこそが本書の核心であり肝要、と思います。

 エピローグで提示される「問題」こそが、本当は「核心」で、ここまでのお話はすべて「前振り」にすぎないのではないでしょうか。

 長々と本1冊かけて生殖の仕組みが語られてきましたが、ここまでいっさい触れられなかった最大の問題がここに現れる。終章という、まるでおまけのような場所で。
 目にしたとき、ぞくぞくしましたね。
「この」疑問をとりあげてくださる方があったとは。
 この疑問——、「生殖行為はなぜ、快感と結びついているのか」。

 生物学も脳科学も、この疑問には答えていない。理屈はあるけど答えになってない。

私が知りたいのは、生殖行為が、なぜあの快感と結びついているのか、ということだ。あの快感は、人間が経験できる他のいかなる快感とも異なる。……
 生物学者や脳科学者はいうだろう。それは性的快感をつかさどる神経が特別だからです……
 これもまた答えとはなり得ない。私が知りたいのは、その特別さの理由だから



 なぜ、「こんなもの」に「そんな」麻薬が付属するのかを疑問に思いながら、そんなことは考えたってしょーがない、という気でいたので、思わぬところで「同志」をお見かけしたような気持ちでした。

「それが一体なんであるか皆目見当がつかない事象に対して、科学者が成し得る唯一のアプローチは、ホモローグを探す、ということである。ホモローグとは類似するなにものかという程度の意味である。あの感覚は……何かに似てはいないだろうか」


 示されるのは、ジェットコースターです。(このへんがネタバレですの)
 ジェットコースターで得られる快感の「感覚」はなにかといえば、ようは「加速度」。
 加速度を、私どもは体のどこで、あるいは何で感じているかは不明とのこと。視覚や嗅覚におけるレセプターのようなものはここには存在しない。
 どこで感じ取るかはわかっていないが、でも、たしかに、「加速覚」はある。と。

 加速覚はなぜ快感になるのか、は、また読んでいただくことにして。
 加速の感覚はようは「時間を追い越す」速度の増加を感じることであり、私どもは普段その時間という媒体の中にいるために、時間の「存在」を知覚できない。

 海の中に生まれ、そこで一生を終える魚は、自分が水というもののなかにいることを知覚しない。そういうことですね。

 水の存在を知るには水を飛び出すしかなく、知覚できない時間の存在を知るには、時間を追い越すしかない。


 台湾の南海に位置する蘭嶼(らんしょ)には、ヤミ族と呼ばれる人々が住んでいて、彼らはトビウオを部族の象徴として尊重していた——そんなお話で本書は終わります。

……ほとんどすべての魚は水のなかで一生を過ごします。…魚たちは自分が、水という存在のなかで生きていることに全く気付いていないのです。……自分たちを載せている媒体の存在を認識できないのです。
 ただひとり、水から一気に飛び出すことのできるトビウオだけが、その存在を知っているのです




 知性とは、こういうものなんじゃないかと思いました。

 知覚すらできないものから飛び出して、自分がいる場所を、存在を、知ろう、知りたい、という——存在を知りたい、という強い欲求が、本来は、知性というものではないか、と。


 水中から飛び出したトビウオは、どれほどの快感を得て快哉を叫んでいるでしょう。
 水から飛び出し大気を切りながら。
 
 
関連記事
プロフィール

みずはら

ブログ内検索
最新記事
リンク
地球の名言

presented by 地球の名言

カテゴリー
RSSフィード
月別アーカイブ