Entries

高砂祭り

 昨日は静岡市・鈴木酒店様(http://osake.eshizuoka.jp)の「高砂祭り」にお邪魔して参りました。
富士宮市・富士高砂酒造様)

 1月の、島田市・大村屋酒造場さんの会にも行くはずでしたが、内視鏡検査と処置2日後となってしまい、これでアルコール入れるアホがいるか! と怒られて欠席に(涙)
 今回はようやくお邪魔できたという次第です。
 長い道のりでございました。

「裏鈴木酒店」様の魅力とは、まずはこの種類の多様さ。これだけのお酒の種類をいただけるというのはなかなかあることではなく、お声がけしていただけるのもありがたいこと。(^^)

2016-03-12 裏鈴木酒店 - 1 (1)

 所定の会費と、あとは各自おつまみ類を持ち寄って、少しずつお酒を頂戴いたします。
 チェイサーとなるお水をよく飲むこと、酒の量は一気にいかないこと、というあたりに気をつけつつまいります。
 本格的に酔っぱらうと、お酒の味がわからなくなりますから、そのへんはほどほどに。(^^;)

 お集まりの方々は、お友達同士でいらっしゃる方もあるようですが、基本的には、初めましてのもの同士、ということになりますね。お邪魔するたび楽しく過ごさせていただいております。
 これはまあ、出席者は鈴木酒店様を中心としたつながりがあるということで、大きな意味では共通項があり、それで初対面でも話しやすい側面もあるんでしょうね。
 酔うことが目的ではなく、お酒を「味わう」会ですから、みなさん酔いはするけど乱れない、というのも、ポイントになっていることかもしれません。

 といったところで昨日のラインナップ。これは私自身のメモとして。
2016-03-12 裏鈴木酒店 - 1 (2)

2016-03-12 裏鈴木酒店 - 2

 お酒というのは不思議なもので、辛口だから苦手とか甘口ならいけるとかってもんでもないなあ、と。
 特別純米辛口+10、どれほど辛口だろうかと思いましたが、辛口は得意とは言えない私でも飲みやすかったりして。

 お酒に詳しいかたもいらっしゃるので、ちょいちょいお話を聞けるのもありがたいことです。(^^)

 大吟醸「ソレイユ」は、日本酒ではありますがコルク栓詰めの瓶で、どーみても白ワイン、という外観。
 香りが果実の香りではないことをのぞくと、ほとんどワインと違いがないような……? という不思議な感覚。
 以前にもエントリー書きましたが、ワインコンクールの一つ、イギリスの International Wine Challenge IWC には「酒 Sake」部門があって、ちょっと謎にも思いますがでも、私がイメージする以上に、醸造酒には共通する味覚があるのかもなー、と思ったり。

International Wine Challenge  IWC
http://www.internationalwinechallenge.com/index.html

 梅酒はどれも美味しかったです。(๑`・ᴗ・´๑)
 スパークリング梅酒は、乾杯のいっぱいにもふさわしいかと。
 けっこう甘く感じたのはお茶入り梅酒。これはデザートワインとしていけそう。

 以前にもいちどいただいたことがあるヨーグルト酒。
2016-03-12 裏鈴木酒店 - 1 (3)

 カクテルにもよく使われるヨーグルトリキュールもありますが、日本酒——山廃本醸造仕込み、というあたりが贅沢で、これはもう、単品でおいしい。
 ………のですが、今回こちらに、果物のお酒を合わせるとおいしいというおすすめで……すみません人様のおごりでいただいてしまいました;;

 マンゴーなどでもおいしいそうですが、今回は白桃とラズベリー。(アルコールですよ)

2016-03-12 裏鈴木酒店 - 1

 これとヨーグルト酒をあわせていただくと……カンペキ、デザートカクテルですね。

 アルコールとは思えないほどのクリーミーな口当たりになります。アルコール度数はどのくらいになってるんでしょうね……。そのあたりは要注意という気もしますが、けっこうとろみのある濃厚な感じの舌触りでかなり甘くもあるので、自然と飲み方はゆっくりになりますね。

 で、こちら、なかなかいけませんが行ったときにはコレクションしている、レシート。
 このAAが可愛くてですね♡
2016-03-12 裏鈴木酒店 - 3


 今回は食べる方に力が入ったというのは、鮎の唐揚げというものがあったため。
 ぜいたくでした〜。ごちそうさまでした!
(自分が持って行ったものより、ひとさまのお持ちになったものをよく食べるという図々しさ・笑)
 
 
関連記事

ご案内

プロフィール

みずはら

ブログ内検索

最新記事

地球の名言

presented by 地球の名言

右サイドメニュー

月別アーカイブ