ひなまつり2016
2016年03月03日 (木) | 編集 |
 毎年気になるのが、「旧暦では、いつ」ってこと。
 本日、2016年3月3日は旧暦では「1月25日」だそうです。
 旧暦はようは太陰暦ですから毎年けっこうなズレがある。閏年のみならず「閏月」があったと聞いたときはびっくりしました。(^^;) 7月が年に2回あったりね。(七月と、閏七月:例ですが)

 ということで旧暦だとその年ごとに、気候としてはズレというか、差がかなりあるんでしょうね。
 今年の旧暦三月三日は、新暦4月9日だそうです。

 でもって、本来の桃の節句というのは「上巳(じょうし)」つまりは陰暦三月最初の巳(み)の日ですからえーと……旧暦三月十一日、新暦4月17日。

 本来はこの五節句はどれも季節の変わり目を示し、そのたびに厄を祓い、生命力を復活させる意味があるわけですから、男も女も関係などありゃしません。
 ただまあ、長い年月の間には、そんなふうにする習慣も誕生したということで。

 三月三日の節句は「女の子」のおまつりゆえ、いいトシをしたオバさんが雛人形を飾るのは「不適切」だと思う人もあるようですが、以上の理由からそれは的外れであると申し上げます。

 私がこういうお説に接するたびにイラっとくるのは、他人を見下す(=自分より下位に置く)ことでやっと自分のプライドを維持できるという程度の馬鹿な男がいうようなことなのに、なぜかそれを真に受けて、同じように鸚鵡返しにいう女性の存在があるからですね。(^^;)

 べつに、アホな男を「是認」するわけじゃないですが、あれはようはいささか「足りない」わけなんで、まあ、それはそれでしょうがない。いささか「足りない」ことについて、私もひとさまのことをとやかく言えた義理ではございません;;
 でも、その「足りない」おつむが作り出した戯言を、真に受ける馬鹿がどこにいるか、と思ってしまうわけです——けっこうそこらじゅうにいますが。(^^;)

 他人が自分を馬鹿にしてくるのに、なんでそれに「迎合」しちゃうかなあ。他人に馬鹿にされたとき、受け流すか、受けて立つかはありますが、自分がそのとおりですつって阿諛(あゆ)するという選択肢はない。
 どうもこのへんが理解できません私には。
 これも心理学でいう「過剰適応」のひとつだろうと思っておりますが——自分がそういう過剰適応の状態にあるとは認識しない人と話をするのは本当に疲れます;; 私としてはもうそのまま、お疲れ様でございますといって素通りさせていただきとうございます;;
 あたしゃそんな話に付き合う気は毛頭ございません。

 話を戻してそんなわけで、上巳。

 桃は魔除けと言われますね。花も魔除け効果があるし、桃の実には呪術的なパワーがあると信じられた。
 桃の節句というのはそのあたりからでしょう。
 
 魔除けなんていうとまた嫌な顔をする人もあるでしょうが、桃の葉は古来から薬草として使用されたもの。保湿効果や消炎作用、抗酸化、抗アレルギー作用もあり、ニキビ、湿疹の治療薬に用いられてきました。
 厄除けというのはようは病気をしないようにということですから、病気を退ける効果のある桃を、魔除け厄除けとしたのはそれほどおかしな話ではないでしょう。

 雛人形も昔には、人形ではなく「ひとがた」で、これに厄を移して流すという風習と、貴族のお姫様に「ひひな遊び」があったのがだんだん「習合」していったと思われます。

 雛人形を飾るのは厄除け祈願。
 であれば、「女の子」限定のまつりというのがどれほど的外れかはおわかりでしょう。

 そういうことですから、女性のいないお宅であっても、いいんですよ雛人形を飾っても。
 春らしくて、ぱっと明るくなって、うっとうしい冬の気を吹き飛ばしてくれますよ。最近ではインテリアとして購入する方も多いとか。けっこうなことだと思います。

 季節の行事を、少しでもいいから取り込むのは、自分自身の気持ちもリフレッシュしてくれるもの。
 花を飾ったり、伝統の料理も好きなようにアレンジしたりで、楽しむのも、「季節を感じ取る」ことなので、おすすめです。

 出来合いの、ひな祭りのお弁当やお菓子の盛り合わせとか、そんなんでもいい。

 季節を感じること、「新しい」ものを取り込むことって、さりげなく、でも確実に、少々疲れた「気」を新たにしてくれます。いちばん肝心の目的はそれですから。

 もう今日は間に合わない……という方。大丈夫です! そんなときこそ旧暦ですよ!
 本格的にウチは旧暦でいくから、と思えばまだ時間はありますので。
 本来なら、そのくらいの時期のほうが花もちゃんと咲いてますしねー…。これは新暦の弱点だ;;
(本来の桃の開花時期は3月下旬〜4月上旬。あるいはそれ以降)

 本日は老若男女のべつをとわず、どなたにも、新しい春の生命力が訪れますように。(^人^)

お雛様 31a4dcb8628cb9cdde74d093ed3df06a_s
© acworks

 
関連記事