Entries

事実上おやすみ

 昨日は母と「辻井伸行×三浦文彰 究極の協奏曲コンサート」へいってまいりました。
 2月17日〜28日にかけて各地で行われるコンサート………これも「ツアー」ですよねえ……、そのうちの1日。
 昨日の会場はオーチャードホール、渋谷Bunkamura 。
 
 チケットを取るときはあんまり会場のことは気にしておりませんで、とにかく自分が動ける日かどうかが最優先の確認事項。
 今回はまた抽選制だったのでなおさら、行けるんですかどうですか…という感じでしたので。(^^;)

 あらためてチケットとれてから確認したら、ようはBunkamura とわかって、クラクラしました。
 私はまだいいですが、母を連れてあのスクランブル交差点か……と思いましたらもう;;

 田舎住まいでもああいうの平気な人がいるので、ここで田舎住まいを理由にしてはいけない……えーと、……私は人間の作りが田舎者なので、とにかく人でいっぱい、という場所が苦手で。

 以前には野田秀樹さんのお芝居をみるのに通い詰めたところではありますが、とうとうあの街の感じそれ自体には、好意的にはなれませんで。

 そんなわけで昨日は、うちの母がとにかく大丈夫なんだろうかというところで心配しつついきましたが、本人、私なぞよりはよほど器用に歩いてました。よかったよかった;;

 コンサート内容についてはまたあらためて書きたいので今日はもう実質、おやすみ。(^^;)
 自分が行くだけならいいけど、人の心配をしながらってのは、へんなところで消耗しますね;;

 ということで、行きの新幹線車内でいただきましたお弁当。
 地元、桃中軒(とうちゅうけん)さんのお弁当。
 
 その名も「伊豆 竜馬 飛翔会席膳」。

 それはなんですか私が坂本龍馬好きと知ってのことですか、とおもわずアホなことを考えてしまいました。
 真面目な話、なんでこのへんで竜馬さん? と思いました。

2016-02-24 桃中軒の弁当2種 - 1

 お弁当についていたリーフレットによると、「伊豆龍馬会」というのがあるのだそうで。
 まあファンはどこにでもいるだろうけども。

 脱藩した龍馬さんを特別に赦免してくれと、勝海舟が、土佐藩の殿様、山内容堂さんに申し入れ、これを許されたのが、下田、宝福寺でのこと。
 ああそうか、あれ下田でした? (^^;)

2016-02-24 桃中軒の弁当2種 - 3

 美味しかったそうですので、それでよろしいかと。

 私がいただきましたのは「世界遺産登録記念 韮山反射炉弁当」。
 こちらはもう、ご説明するまでもなくて、タイトルどおりです(笑)

2016-02-24 桃中軒の弁当2種 - 6

 韮山代官だった江川太郎左衛門英龍さんの銅像写真つき。
 いえこのかたはなかなか立派な方です。地元ひいきでいうのではなく。

2016-02-24 桃中軒の弁当2種 - 7

 当時、幕府うちにも逸材はいたのですが、いかんせん、人数少なすぎだし、ネットワークはないし、ほかがもうどうしようもないし、なによりやはり「時代の趨勢」には勝てず。
 それでも、逸材はいたということはひっそりとでも、記憶しておきたいところ。

2016-02-24 桃中軒の弁当2種 - 8

 こちらも会席膳ふうですね。
 お弁当というとどうも私にはご飯の量が多くて、泣く泣く残すことが多いのですが、こちらはご飯よりおかずのほうが多めで良かったです。品数も多いですし、お味もようございました。
 むやみに味付けが濃いのは苦手なので(あとで喉が渇いてしまう;;)、これくらい上品な感じだと助かります。

 ごちそうさまでした。(-人-)
 
 
関連記事

ご案内

プロフィール

みずはら

ブログ内検索

最新記事

地球の名言

presented by 地球の名言

右サイドメニュー

月別アーカイブ