人外魔境
 本日は、どうにも気持ち悪いし不快だし不愉快だし、そういう気分になるのはほぼ回避不能と思われる話題です。もういまから謝ってしまいます、こんなお話でごめんなさい。

 女性専用車両に、わけのわからないことをいっては無理に乗り込もうとする馬鹿の話は、うっすらとでも聞いたことがある、という方がほとんどかと思いますが、それについての詳細。
 私も、これほどのこととは思わなかったので……あれこれ考えてしまいました。



 ツイート主さまはふつうの……ふつう、という概念も難しいものがありますが、一般的な常識をわきまえていらっしゃる殿方ですね。
(御宅に猫がいる、というだけで個人的に好感はねあがるってあたりが我ながらもう、猫バカすぎる。(^^;))

 で、くっついているメディア——ブログエントリーですが、内容をごらんくださいというのもはばかられるものがありますが、だからって自分が細かく説明していると吐きそう、というのは困ったもの。

 エントリーを読まずとも、こちらのツイートの詳細を開いてリプ(コメント)だけでも、もう流し見ただけで、ソーゼツさがおわかりいただけるかと。

 私も兼ねてから、なにゆえに女性専用車両なんていうと目の色を変えるのだろうかと疑問に思ってきましたが。
 こちらを拝見して、疑問はいっそう濃くなりました。
 なにを言っているのかがぜんぜんわからない。目的がわからない。
 ただ、信じがたいほどの悪意がある。それだけは確実。

 女性専用なんとかというのは差別だと言いながら、彼らの意識は差別意識そのものでしかない。
 差別はけしからんと言いながら自分こそが深刻な差別者なんですけど、それを認めるようなことは金輪際ない。

 バカかと思ってきたけど、バカじゃない。
 キチガイそのものだ。
 というよりむしろ、もはや人間ですらない領域にある。

 ということで、暗澹たる気持ちになりまして。

 ツイッターでは文字数制限のこともあり、入り組んだ話題には深入りしないで、書くのならブログで、というようにしていますので、今日もそんなふうにしてみた次第。
 ですが。
 これ、見た人をもれなく嫌な気持ちにさせるのはわかっているので——そのあたりは迷いました。

 なんにしても、もちろん世の中にはいろんな人がいるというのはわかってはいることですが、ここまで病的な精神状態があるのかと。そのあたりに驚きました。
 ある種の精神病かもしれないし、あるいは人格障害かもしれないし(人格障害は『病気』ではないそうです)、サイコパスに含まれるかもしれない。
 そのあたりは専門家のご意見を聞ければありがたいんだけどなと思っております。
 あまりのことに、どう解釈すればいいのかわからない;;

 差別感情は、私には通常、被差別者よりも、差別者(差別する側)に、痛々しい理由を見ることが多いのですが、こちらの人々は、それ以上のものがあって怖い。
 その意識がこうやって外へ現れるまでの経路を、逆に内に向かって辿っていくと、それはもう、人間のものとは思えないような場所へ入ってしまう。そんな恐怖感があります。

 悪意しかない。——そんな人間があるものだろうか?
 
 で、これはもう、人間である無しにも関係なく、生き物の本能そのものだなと思うのは、「他にも向かうべき敵はあるのに、手っ取り早く自分を誇示できる、弱い相手を狙って攻撃する」心理がむき出しであること。
 自分より弱いものを狙うというのは、これはもう、すべての生き物にある意識ですよね。
 彼らは、ことさらにその意識に忠実です。
 
 だからこの話は、差別がどうとかってことが本質じゃない。それは彼らの作りだしている幻想にすぎない。
 だから、その話に乗ってはいけない。
 私にわかったのはそれくらいでしょうか、——いまのところは。

 この世は、三悪趣(さんあくしゅ)といわれる最下層の地獄から、仏のおわす極楽までが混在している場所だ、というのが私の見るところなんですが。
 ふと思い出したのは、地獄よりもさらに下層がある、というお話。
 いまや懐かしき「オーラの泉」で、ちょこっと聞いたお話で。(^^;)
 あんまり長々話すべき話題でもないから、さらっと通り過ぎてしまったけれど、印象に残ったお話でした。

 地獄の下には、魔界というものがある。
 魔界にまで堕ちてしまってはもう、人ではなくなる。

 上記ツイートについたリプを見ながら、思い出したのはそんなこと。

 本来なら、人と魔界は接触はないものですが、でも、あいにくこの現世はそれがあり得る場所なんですよね。
 魔に落ちたものからの害を、可能な限り小さくできるようにと、そんなことを願うしかありません。

 現世的な対処としては、ようはまあ——彼らの言うことを相手にしない、とりあげない、ってことで。
 長々書いてきたのに、結論はそれだけ(笑)

 ちなみに。
 上記、ツイート主さまのその後のつぶやきを。
 実感こもっていらっしゃる……。(^^;)





 
 
関連記事
プロフィール

みずはら

ブログ内検索
最新記事
リンク
地球の名言

presented by 地球の名言

カテゴリー
RSSフィード
月別アーカイブ