誰がために鐘は鳴る For Whom the Bell Tolls
2016年02月05日 (金) | 編集 |




シャープ、鴻海交渉に重点…革新機構とも協議
2016年02月04日 23時31分 YOMIURI ONLINE

シャープ、鴻海に優先交渉権 「外資傘下」強まる
2016.2.4 13:25 産経WEST

 まあ、社員さんにしてもそりゃあ、「寝耳に水」ですよねえ。
 昨日のお昼のニュースで私もたまたま耳にしまして。

「優先交渉」ってことですから、まだ100%の決定ではありませんようで。
 ただ、鴻海(ホンハイ)さんも相当しつこ…、もとい、熱心ですね。以前からもうずっと——それこそ何年越しになるでしょうか、ずーーーーーっとこのシャープ買収については手を挙げ続けてますね。
 
 熱心なラブコールにはちょっと注意が必要かも? と思わないこともない。(^^;)
 ただ、緊縮策を持ち込まず、ほぼ企業の規模は現状を維持したままでいける、という条件は、シャープさんにしたら魅力的でもありましょうね。

 個人的には、うえのツイートを拝見して、「そうだろうなあ…」と思いました。
 昨夜のぞいたときにはリプもなんだか荒れ気味で、「こんなん相手にすることないですよ」と思わず独り言。企業の公式さんもたいへんだわ…。
 以前からちょいちょい申しておりますが、ほんと、そろそろ、すべてのリプに返信とかはやめて、相手にしちゃならないものは相手にしないという姿勢を標準にしたほうがよろしいように思います。

 私もそろそろスマホを買い換えようかと思っているところなんですが、これは——iPhone やめて、AQUOSにすべきでしょうか? (^^;)
 NちゃんがAQUOS使ってて、いいようでもあるしなあ。私の場合はパソコンがMacなんで、連携ということではやはり iPhone が楽なんですけどもね。

 それにしても、とくに株式を公開している会社というのはたいへんですよねえ。
 シンガポールの投資ファンドがまたぐちゃぐちゃとコメントしているそうですし。

 独自に基礎研究ばかりを進めているとある企業が、株式公開はしないといっていたのを思い出します。
 こちらは基礎研究ばかりなので、即座に商品化等のお金につながるわけではない。でも、基礎研究はイノベーションには不可欠なものでもあるんですよね。
 ゆえに、単純な成果主義とは相容れない。十分に、また自由に研究をできなくなるのでは本末転倒、でも「株主」なんぞは簡単に本末転倒する、だからうちはあくまで独自に行く——というお話。

 当然大きな会社ではありません、でも、私はそれがいいなと思いました。

 会社は株主のものという発言を聞いたときも、もう違和感バリバリどころの騒ぎではなかったし。
 誰のもの、という言い方自体が子供っぽくて、馬鹿かというしかないものではありますが——さて。

 シャープさんのこの件も、単純に買収というだけではなく、技術流出という懸念があるために話がややこしいことになっていますね。
 私としては、ホンハイ鴻海さんの「愛」が誠実なものであればいいけどなーと思うばかりでございます。
 企業体に愛なんてもんがあるか、という話ではありますけども。(^^;)
 外交、その交渉でさえ、結局は現場の人間同士のお話——お互いの人間性、「信頼」関係できまっていく。それを思うと、今回の再建案も、人間同士のありようがまるで無関係ではないでしょう。

 今日の午前、シャープさんの株価は上昇のもよう。午後はまた売りが出るかもしれませんが——まあ、誰にとってもいいように、と、願うばかりですね。
 投資ファンドなんぞはどーでもいいが、社員さんのためにこそ。
 個人的にはそう思っております。
 
  
関連記事