キングス・バレイ King’s Valley


スコッチウィスキー…40ml
コアントロー…………10ml
ライム果汁……………10ml
ブルーキュラソー……1tsp.


いやー、カクテルについての投稿も久しぶりになってしまいました。(^^;)
初心に帰るつもりで(?)参りたいと思います。

さても。
カクテル、キングスバレイ。
1986年、第1回スコッチウイスキーカクテルコンテスト優勝、上田和男氏の作品。
上田氏はほかにも多くの受賞作品があるそうです。キリモミ3段振りのハードシェークで、美味しいカクテルを作れることを広めた功績もおありとのこと。

ライム果汁はできましたら生ライムから。この爽快さはやはりフレッシュジュースがいいですよね。
上田氏のレシピでは、スコッチウィスキー限定とされているそうですが、ほかのウィスキーを用いる場合もあるとか。……まあ、お好みでともいえるし、バリエーションもあるでしょう。

ブルーキュラソーもコアントローも、オレンジ風味のリキュール。柑橘系のリキュールとライムで、かなり爽快さがあるようです。で、後味にはスコッチの風味。
バランスのよい一杯ですね。

名前の由来はスコットランドの渓谷から「谷の王者」とされたそうですが、どうもこの名前だと、エジプトの、例の「王家の谷」を思い出しちゃいますね。(^^;)

なお、きれいな緑色のカクテルなんですが、でも緑色の材料はまったく使っていない、ってところも、特徴のひとつ。


カクテル:キングス・バレイはショートドリンク。TPOはオールデイカクテル。アルコール度数は27%ほど。中口。

カクテル言葉はありません。
 
 
関連記事
プロフィール

みずはら

ブログ内検索
最新記事
リンク
地球の名言

presented by 地球の名言

カテゴリー
RSSフィード
月別アーカイブ