クリスマス満月
2015年12月25日 (金) | 編集 |
 どうもイブの方が盛り上がっちゃう感じなんですが、クリスマス本番は本日、12月25日でございます。

クリスマスプレゼント a069e42246958ac3f5676e333a43b435_s

 キリストのお誕生日祝いをする義理はあんまりないので、どうも忘れがちという気もしますね。(^^;)

 私は昨日は平常心で過ごしまして、今日、ケーキ等買ってこようかと♡ 今日でだいたい、実質、仕事納めにできると思うので、せいせいとしたところで飲めた方がいいなと……結局飲む話;;
(とはいえ1件、まだ片付くことが確定していない用件がありまして。月曜日になっちゃうと微妙なので、なんとか今日中にと思っているのですが…)
(でもこの『年内に』という呪文が、師走の慌ただしさに拍車をかけていることはわかってます;;)
(わかっていてもついつい……;;)

       ●

 今年のクリスマスは満月とも重なっております。なんだか、おめでたさ倍増って感じでいいですね。
 また、今日はいまのところ異様に暖かいんですよね。昨夜からかな。とても12月とは思えない暖かさ。
 これ、今日の夜までつづいてくれますかね? 暖かければちょっと外へ出て月を見るのもよさそうです。

 クリスマスの満月は38年ぶりだそうです。
 次は19年後とのこと。
 そういわれると、なんだかたいそう貴重なことに思えますよね。(^^)
 月が見えるか見えないか……それはまあ、お天気次第だから仕方ないですが。
 
 キリスト者でもないやつがクリスマスに浮かれるのはオカシイ、というご意見もありますが、クリスマスの起源を尋ねれば、古代ゲルマンの冬至祭(ユール)になるんだそうですね。
 あと、ミトラ教がこの日をお祝いしていたとか。
 であれば、太陽信仰がある日本人が浮かれていたってなんの不思議もございません(笑)

 古代の冬至祭はユールといい、現在でも北欧ではクリスマスをユールと呼ぶとか。
 じつは英語にもユールタイド yuletide という言葉があるんだそうですが、現在では実質、使われていないそうです。古語の扱いですね。
 Chrístmastìde は使ってるのかな?(←20世紀以前の文学作品を読んで過ごしたのでことさらに現代語に暗い)

 一陽来復、という言い方がありますが、私はこれが好きで。
 気温としてはむしろこれから冬の厳しさが増していくのですが、それでも、人の頭上では、太陽はもう春に向かっている、というイメージが好きなんですよねえ。(^^)

 2015年の追い込みもしつつ、月を待ちながら過ごして参りたいと思います。

 ……交通事故には気をつけたいですね;;
 ただでさえ年末渋滞がすごいんですよね今年は。でもって満月か〜…。
 どちらさまも(自転車含め)安全運転でどうぞ。(=゚ω゚)ノ
 
 
関連記事