音のある眺め
2015年12月22日 (火) | 編集 |
完全に自分の趣味「だけ」です。
埋め込みコードが有効になっているのに気がついちゃったのが運の尽き。

たぶん諸権利の関係で「部外者」には「引用」を認めるのも難しいんだろうなと思ってあきらめていたので、あれ、埋め込みコードが有効になってる!! と気がついたらもー、いてもたってもいられず
なにかあって削除等されても文句言いません。有効である間はこのままに。

これはもう完全に聴覚フェチのヘンタイのいうことだと思ってお許しいただきたいんですが。
音というのは振動、周波数ですが、それがもうただごとではない、という音。
( ONE OK ROCK さんは全員ただごとではないですけど)(だから最終的にはエライコトになるんですけど)
たいへん貴重な動画になるのでここに埋め込み置かせてください。なんだかんだいってブログがいちばん管理しやすいので。

:) #あと1本気合い

Tomoya Kankiさん(@tomo_10969)が投稿した動画 -



音の不思議さについては考えることが多いです。
周波数であり振動であり、波であり物質(量子の世界ではフォノンといい、粒子と考えることが可能)であり。

その不思議がもっとも顕著なのは人の声ですね。声もまた肉体の一部ということの玄妙さ。
機材、道具を使って人が「奏でる」音もまた同様である、と思います。

もとから、その原初的なこともふくめて打楽器は全般、好きなんですが。
充分にクリアとはいえなくても、現れた瞬間に消えていくその玄妙さを垣間見ることができる。ありがたいなあ、と思います。
繰り返しになりますが聴覚フェチのヘンタイがいうことなので気にしないでやってください。



出し切った!!悔いなし!! 楽しかったなーこのツアー。 #Amusterdam #bittersweet

Tomoya Kankiさん(@tomo_10969)が投稿した動画 -




2016 4月 30 8:39午後 PDT
 
 
関連記事