Entries

変わらずにいるために変えること

 夫婦同姓を強要する現行の法律は、合憲か違憲か、なんてことが、とうとう最高裁まで持ち込まれたというお話。
 結論は、僅差で合憲となったようです。

 これについては私個人は反対意見です。
 あの法律は、明治憲法の時代であれば合憲でけっこうですが、いまの憲法は明治憲法じゃないですからねえ。

 ま、それはともかく。
 ネット上、おもにツイッターで眺めていましたが、夫婦同姓について賛成にしろ反対にしろ、それぞれのご意見を述べるかたがたのほとんどは、「お話にならない」ところから話を始めちゃってるな、——と思いました。

 感情論なんですよね。好きか嫌いかという。
 好きか嫌いか、そんなもんは他人と話してもどうにもなりません。好き嫌いは自分の好みのことですから、いいとか悪いとかの話ではないし、好き嫌いでしかないのを、「正義か悪か」で裁こうとしたら、そりゃもう喧嘩にしかなりませんて。(^^;)

 まずは、社会の有り様が変化しているわけですが、現行法はそれに適っているか。
 社会における常識というのは、変わらないようでいても、じつはその時代を反映して少しずつ変化しているもの。法律というのは「可能な限り、一般社会常識に合致する」ことを目的にしていますから、その目的から考える必要は、あるものと私は考えます。

 あとは、社会制度とはまたべつの次元で、その国の文化、というものがあります。
 これもまた、可能な限り守っていく必要はあると思いますが、——これいつも金剛組さんのことを思い出すんですが、
「伝統を守り、変わらずにいるために、変化をし続ける」
 これはもう、必須ですね。
 式年遷宮みたいなものでしょうか。

 古くから続くものを続けようと思うなら、新陳代謝させないと、腐って滅んでしまう。
 変わらずにいるために、変わり続ける。

 夫婦同姓絶対維持派は、伝統主義と密接に関係していると思われますが、であるならば、彼らが「変わり続けることで変えたくないもの」は、なんなのでしょうね。

 少なくともそのことをきちんと説明した人を、私はまだ、ひとりも見たことがありません。

 私は「家」制度が嫌いで、個人的には自分の生まれた家を呪詛しかねないほど毛嫌いしているので、個人的な感情、好き嫌いでは、あんなもの、ゴミ箱に捨てるだけでは飽き足らず、「お焚き上げ」しないと気が済まない、くらいのものがありますが。
 
 個人的な感情はそうであっても、しかしたしかに、家を存続させ「家系」にまで仕立てていく、その効果や意味までは否定する気もありません。
 ここでは詳細書きませんが、菩提寺で、顔も知らない先祖の「百回忌」を見たとき、深く感じ入るものがありました。
 若いときであれば、なんとも思わなかったはずのものですが。(^^;)
 
 夫婦同姓派のひとは、現実というものを無視しながらものすごい妄想を口走ることが多いのですが、それでもその「感情」の奥には何か、「変化してでも変えたくないもの」があるのでしょう。

 ただ、それは図々しいし横着すぎるわ、と思うのは、「自分はいっさいの変化をしたくない」という主張がまざってくる点ですね。
 好きでも嫌いでも、世の全ては変化していく。
 子供のようにそこで地団駄踏んでも、時間の流れをとめることはできません。
 べつに、そうやって地団駄踏んでいたいならそうしていればいい。子供が、気がついたときには骸になっているだけですから、どうぞ気がすむまでおやりになればいい。

 金剛組さんほどの格式も伝統もある「会社」が、変わらないために変化をし続ける、とおっしゃり、じっさいその努力を重ねておいでのことを思うと、なんとまあ図々しい、と思いますね。正直。

 伝統というのなら、日本もまた、東アジアの伝統にそって、むしろ近世まで夫婦別姓が「伝統」でしたよ。
 
 私はいまだに、「国体」とはなんなのか(あ。国民体育大会のことじゃないですよ;;)が、はっきり理解できずにいますが、同姓維持派のひとの中にも、その国体に属するような考えがあるはず、とお見受けします。

 自分個人の好き嫌いや利益の話は置いてもらいたい。

 伝統や国体を、私も別に全否定はしない。
 変わらずに後世へ残していくために何が必要なのか。
 自分の感情はぬいて、冷静に、必要な変化とそうではない変化をみきわめて話をすること。

 これは必要なことだろうと思います。
 ぜひ別姓にせよという人たちについても、同じです。

 好き嫌いをいくら相互に叫び合っていても、無駄だし話は進みませんよ。
 虚しいことをしてんなあ、と思いながら、ツイートやニュースその他を眺めております。

 他のことはどうでもいいんですがとりあえず、無戸籍になっている人たちの救済はとにかく、1分1秒でも早くしろ、と。
 こっちのほうがよほど重大事だと思うんですがなぜ、その重大事こそが無視されるのかがわかりません。

 やっぱり世間様とは意見が合わないなあ。
 いつものことなんですけどね。(^^;)
 
 
関連記事

ご案内

プロフィール

みずはら

ブログ内検索

最新記事

地球の名言

presented by 地球の名言

右サイドメニュー

月別アーカイブ