アタマとココロ
2015年12月01日 (火) | 編集 |
同性婚の法的認可「賛成」51% 研究者ら初の全国調査
2015年11月28日 朝日新聞 DEGITAL

 ほかにも複数の調査結果がありまして、いずれも、数字に差はあるにしても過半数が同性婚を法的に可能にすることには賛成、という結果になってますね。

 興味深いのはこの「つづき」。
 法的な整備をすることには賛成だけれども、自分の友人が同性愛だったら戸惑う、という回答も多いという結果が出てました。

 それをみると、同性愛者自体が、十分に認められているわけではないことはわかりますね。

 自分の友人が同性愛者だったら…ということですが。それ仮定じゃなくて、すでにじっさいそうなのかもしれませんよ。自分が知らないだけで。

 カミングアウトはやはり現状では容易なことではないようですし、同性愛者とひとことでいっても、それは、いわゆるオネエ「だけ」ではないことすら、わかっていないひともけっこうありますし。

 あれじゃあなかなかいう気にならないのも無理はない。

 それに、最近になって小耳にはさんで、なるほどそれももっともな、と思ったのは、「そもそもカミングアウトといって意識化することにも抵抗がある」というご意見。

 公表するかしないか、二者択一をせまられる感じがおイヤなんでしょうね。なんというか——カミングアウトするかしないか、と迫られること自体、すでに「異端であることを告白するかしないか」のようで。

 ご本人にしてみればごく自然なことを、いうのか言わないのか、と迫られるのもおかしなことなんでしょうね。
 いうも言わないもなく、自然に日常の中へ溶け込ませていきたいという感覚が伝わってきて、なるほどそれもそうなのかな、と思いました。
(異性愛ストレートなので、ここで、わかる、とは言い切ってはいけない気がする)

 同性愛を異常と言って怒られたひとも最近にはあったようですが——じつのところ異常だっていいんですよね社会としては。
 異常、異端、というのは「種」の変化をもたらす。変化がいいものか悪いものかは人間の勝手なつごうで決まるだけのこと。変化自体は、個人にとっても社会にとっても必要だし、不可避のことでもある。

 変化を異常といったら人間、もはや生きていく甲斐もなくなりますよ。

 社会としても、変化はつねに起きていること。異常だから、なに? というのがじっさいのところ。
 社会においてそれでも、ちょっとどうにかしないとならないのは、異常だからではなく、それが社会にとって有害である場合、です。

 異常、というのもひとつの個性でもあり、必要な変化をもたらすもの。
 本来、異常というだけでは排斥されるものではない。

 排斥へ動く理由となるのは、社会の安全を脅かし、個人の生命をおびやかすもの。でしょう。

 同性愛者がいたからって、安全も生命も脅かされるものではありませんよ。
 ちょっとは落ち着け。——と思いますね。(^^;) あんまりヒステリックな反応をされると。

 とはいえ、自分にとって「見慣れない」ものに警戒心を持つのは、1個の生物の本能としては健全ではあります。
 が、自分の安全や生命を脅かすものではないことが確認とれれば、警戒を解くのも、健全てもんです。

 私も、ろくでもない人間ではありますが、ただこの一点——「見慣れないものへの対応」については、さほど間違った判断はしない、というところだけは、ありがたいなと思っております。

 差別はいけません偏見はいけませんといかに「教育」をしても、理性ではない場所から引き起こされる感情が関係するので、どんな感情が出てくるかは、本人にとってさえ、コントロールできないものですよね。

 私は幸いにして、先天的に——「教育」を受ける以前から、自分自身の感情として、不必要に「見慣れない」ものを恐れる感情はなかった、ということで。
 それは自分で自分に感謝。
「異常」とされる人に対して、過度の警戒心を持たず、安全だと思えばもうそれ以上のことはないという、そんなふうでいてくれて、ありがたい、と。

 偏見に振り回される人の気の毒なところは、理性では、差別だとも偏見だとも、自分の感情が攻撃に偏り過ぎているともわかっていても、「どうにもならない」ところ。

 正確にはどうにもならないこともないんですが、それはご本人次第。

 自分は「まちがっている」と認識しつつも変えられなくて葛藤するのも、つらいところですよね。

 それでも。
 感情的なところではまだ振り回されていつつも、同性婚を認めたってなんの問題もない、という認識が広がっているのは、いいことだと想います。

 いまは、過度に怯えて感情的な反応をしている人たちにも、社会制度のほうからだんだんに、大丈夫なんだよ、ということが届いていく——んじゃないかな、と思ったり。

drop-green_s.jpg
 
 
 
関連記事