Entries

コスモポリタン Cosmopolitan



昨日は冴えた青のカクテルだったので、今日はルビーレッドのカクテルを。(^^)

もともとのレシピは、ウォッカ、コアントロー、クランベリジュース、フレッシュ(生)ライムジュースを、「3;1;1;1」の割合で。というシンプルなものだったそうで。

ウォッカは通常のものではなく、柑橘系の香りをつけたシトラスウォッカを使う場合もあるそうです。
じつはウォッカって「無味無臭」なんですよね。
それではつまらないからという理由で作られたのか——柑橘系の香りのするウォッカ、「シトラス・ウォッカ」というものがあるとは、私は初めて知りました。(^^;)

コアントローは、ホワイト・キュラソーの代表的な銘柄。それとクランベリジュースと生のライム果汁ですから全体的には柑橘系の香り爽やかな——クランベリジュースのおかげで甘口になるところ、中甘口、くらいに抑えられている模様。

コスモポリタンは「国際人」、「世界主義者」という意味を持つ一方で、どこにも故郷を持てない「根無し草」の意味もあるそうです。なるほど。(^^;)
諸説あるうちの一つに過ぎませんが、マサチューセッツ州プロヴィンスタウンのゲイ・コミュニティで生まれた説があるとか、ドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」の登場人物がこのカクテルをよくオーダーしていて有名になったとか——ちょっと見ただけでもいろんなエピソードを背負ったカクテルですね。(^^;)

色合いは強いルビーレッドから淡い桜色までいろいろです。クランベリジュースの量やお酒の銘柄の関係なのかな。
いずれにしても、きれいな色ですね。
色合いをみるのもカクテルの楽しみのひとつでしょう。

カクテル:コスモポリタンはショートドリンク。TPOは、食前酒またはオールデイカクテル。アルコール度数は20%ほどで、味は中甘口。
技法はシェイク。


カクテル言葉:「華麗」
 
 
関連記事

ご案内

プロフィール

みずはら

ブログ内検索

最新記事

地球の名言

presented by 地球の名言

右サイドメニュー

月別アーカイブ