2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2015.11.19 (Thu)

放牧地にて

 昨日はそんなわけで母の検査結果を踏まえての話し合いがありました。
 思っていたほどには結果は悪いものではなくて、やはり本人がこう、必要以上に神経質になっているところがあったようですね;;
 昨年アブレーション治療を受けましたが(2014-10-05エントリー)ちょうど1年経ったところで。
 
 状態は悪くないので、経過観察、つぎの検査が3ヶ月後、ときまり、大きな発作が万一あった場合の対処、連絡方法も教えてもらったので、こちらとしては一安心。(^^)
 まずはよかったです。

        ●
 
 

 こちらのツイートには前段がございまして。
 私のところのTLにも出ていたんですが、…えーとなんだっけな、犬やら猫やらの画像をツイートしてくるのが気持ち悪いとか。ツイートするのはまあいいけど「これ(画像)で癒されてください♡」は気持ち悪いとか。

 可愛いと思うのがツイートされてくるのはしょっちゅうですし、こういっちゃなんだがそれを共有したいなというのが、SNSの基礎の一つではあると思うのに、そういわれちゃったらもうどうしようもない。
 あらそうですか気持ち悪いですかお気の毒に。
 と思ったきりで、私は気にしていませんでしたが、上記ツイートをおみかけして、ああ、たしかにそうだなと思いまして。(^^;)

 ほかはどうだか存じませんが、少なくともツイッターというのは、当初思っていたよりも私好みのところがあったようです。
 というのは、SNSというわりには意外なまでに、あっさり淡白な構造をしているので。(^^;)

 フォローするしない、リムーブするしないの勝手さもよろしいですし。
 あとは、自分の好きなものを好きなように、というのが基本姿勢ですよね。

 もちろん、見る人のことをまったく考慮しないということはないですが、それでも基本は、自分が好きなもの、が基本になる。
 自分が好きなものを万人も好きであるということはあり得ない。
 それでも、これ好きなんですよー、といって示す。
 そこになんの意味があるかというと、たぶん意味はない。(^^;)

 好き、というのは、いわゆる「自己開示」だなと思うんですよね。
 嫌い、というのは、べつに言わんでもいいこと。
 嫌いよりは好きなもののほうが、人生にははるかに大事だし意味のあることだと思うので——その大事なものを他人に示すというのは、「心を開いて」いくことだと解釈してみる。

 勝手にそんなふうに「開いて」いけばいいだけで、つながりがあるとしてもそれはいたって緩やかなもの。

 この、放牧地に放されて勝手に草を食べていていい、みたいな感じがいいな、と思っております。

 で、自分が好きなものを他者全員も好きと言ってくれるわけではないのと同じで、誰かが、これ好きなんだよねと示してくるものが、すべて自分の気に入ったものであるとは限らないのは当たり前。

 放牧地でのんびりする条件は、結局、「自分の勝手を誰かが許してくれるように、他人の勝手を自分も許す」態度にあるんでしょう。

 それはルールというほどでもない暗黙の了解ってやつかもしれません。

 その暗黙の了解を了解できない場合は——やはり放牧地ではない、もっときちっと管理された場所のほうが、その人には向いているんでしょう。

 自由とは、「放埓(ほうらつ。身勝手)」のことではない、とは以前から思っておりましたが。
 もうひとつ——自由とは、相互に許すことである、ということなんですね。

 この許しは、義務とか責任とかいうほどのことではなく、もっと緩やかなものだけれど、でも、たしかに存在しているし、自由を機能させるには必須のものでもある。
 そういうことのようです。

 犬猫の動物画像や、「癒されてください♡」につきましては。
 私はむしろ大歓迎。
 飼い主バカって可愛いもんですよ。ねえ。+.(*'v`*)+

(バカなんて言ってすみません;; 言葉のアヤってことでお許しを;;)
 
 
関連記事
12:18  |  身辺雑記2015  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |