インカ・リブレ Inca Libre
2015年11月18日 (水) | 編集 |


ホワイトラム……30ml
レモン果汁………15ml
インカコーラ……適量

こちらは「カクテル日和」様のオリジナルレシピカクテル、ということになるようです。

キューバリブレというカクテルがありまして、それが、ホワイトラム、ライム果汁(省略可)、コーラという構成。

インカコーラはペルーの「国民的コーラ」なのだそうで、通常のコーラではなく、このインカコーラを使ったところがミソなんですね。で、名前もインカ・リブレ、と。

コーラは本来は「コーラの木」のことで、そのコーラの木の種子を主原料にした飲料のことだったそう。この本物のコーラはカフェイン、テオブロミン、コラニンを成分として含むそうですが、現行のコーラはもちろんそれとは関係なし。

「コーク」というのは正確には、コカ・コーラの愛称(?)なので、コークといわれたらコカ・コーラのことだと理解していいようです。
……個人的にはペプシさんのほうが好きなんですが。(←どうでもいい情報)

リブレはLibreというつづり、スペイン語。
キューバリブレというのは英語とスペイン語ごちゃまぜの名称で。
英語で言うなら「キューバン・リバー」スペイン語風なら「クーバ・リブレ」または「クバ・リブレ」というべきところだそうです。

英語風では「キューバンリバー」といってますが、リバーはriver(川)じゃなくて、Libreをそのまま英語(ふう)読みしているんですね。
キューバ・リバーは意味は「キューバの自由」となるわけでしょう。
Libre は英語のLiberty に該当するのではないかと。

ともあれ、コーラじゃなくてインカコーラを用いたところがポイントとなる、わけですね。

カクテル:インカ・リブレは、ロングドリンク、アルコール度数は12〜13%ほど。甘口。
技法はビルド。
 
 
関連記事