ドリー・オデア Dolly O'Dare
2015年11月15日 (日) | 編集 |


ドライ・ジン ----------------------------- 2/3
ドライ・ベルモット ---------------------- 1/3
アプリコット・ブランデー --------------- 1 tsp
オレンジピール --------------------------- 1 片

アプリコットブランデーはアンズのお酒。杏子は長野県を中心に多く生産されているので、アプリコットブランデーは日本でも作られています。香りもよく甘く、デザートリキュールとしてもよく供されますね。

ドライジンとドライベルモットの組み合わせといえば、あのマティーニですね。(^^;)
それとほぼ同じ内容ですからかなりのドライ、辛口なんですが、アプリコットブランデーと、オレンジピールの香りのおかげで、不思議と飲み口はマティーニよりもやさしいイメージです。

ドリー・オデアは、20世紀半ばには存在していたコミックだというのですが、詳細不明です。
ドリー・オデアが主人公の名前で、女性の刑事さんなんだとか。
それで、このきついキックと華やかなカクテルなのかなあ、と、イメージはできる気がしますね。(^^)

辛口の仕上がりなので食前酒がおすすめ。

ドリー・オデアはショートドリンク。TPOはオールデイカクテルながら、おすすめは食前酒、カクテルタイム。
アルコール度数は30%ほどで辛口。
技法はシェイク。

カクテル言葉はありません。
 
 
関連記事