ブランデー・スカッファ Brandy Scaffa


ブランデー………30 ml
マラスキーノ……30 ml
アンゴスチュラ・ビターズ…1 dash

カクテルの飾りにマラスキーノチェリーを使うことがありますが、ここでいうマラスキーノは、マラスカ種のスイートチェリーの蒸留酒。チェリーを醸造し、それを3回蒸留し、さらに3年以上熟成したもの、だそうです。
甘いお酒ではありますが、アルコール度数30%はある。

ブランデーは40%くらいですかね。

またこのカクテルは氷で冷やすこともなく、シェイクもない。もとは、お酒の比重の違いを利用して「層」を作る、ブースカフェスタイルで作ったとか。
現在はまあふつうにビルドかなあ。グラスに注ぐ順序を間違えると、うまく混ざらないのでご注意。とのこと。

スカッファって、で、なんでしょうね?
調べましたが何語かすらわからない。イタリアの人名みたいにも思えますが。(^^;)

ブランデースカッファは、ショートドリンク、TPOはアフターディナー。アルコール度数は30%ほど。甘口。
技法はビルド。

甘口のお酒なのに、飲むと思わずむせる、という強さがなんともいえませんね。(^^;)

カクテル言葉はありません。
 
 
関連記事
プロフィール

みずはら

ブログ内検索
最新記事
リンク
地球の名言

presented by 地球の名言

カテゴリー
RSSフィード
月別アーカイブ