Archive [2017年02月 ] 記事一覧

21世紀のカリスマ

 いっときはやたら「カリスマ」という言葉が使われました。  ある種のリーダー的な存在、あるいは新たな試みで注目されている誰か、あるいは業界なり店舗の中でのトップ、人気者、——というのを誇張して「カリスマ〇〇」という言い方をする。 カリスマ経営者、カリスマ美容師、カリスマ店員、……カリスマも大安売り。 本来のカリスマは、そういう身近な存在ではなく、むしろ「近寄りがたい」というニュアンスを持つので、そんな...

All you need is LOVE

幼児が膝をすりむいて母親のところに泣いてきた。母親に抱きしめてもらいたいからである。しかし母親はその子を置き去りにして、薬局に傷薬と包帯を買いに走る。子供の傷口を手当てすることが治療ではない。うつ病者もそれと同じなのである。— うつ病に隠された心理bot (@utsubyo0_bot) 2017年2月25日  日本でももちろんですが、世界全体で見ても、このうつ病の患者数は増加しているそうです。 お役所や学会が新たな病気を...

人を生かす

・女の子を拘束する「呪い」、親が解かねば / 駒崎弘樹さん2017年2月24日06時52分 朝日新聞 DIGITAL 女は女らしく男は男らしくという「呪い」をかけるのは通常は親。 であるので、その親御さん自身が、「女のくせに、などといわれても耳を貸すな。女だからといってできないことは何もないのだ」 と、6歳の娘さんに語るというのは、まさしくその呪いをかけられた身としては、「いいなあこういう人が親だったら楽だったよな...

愚痴をとめる方法

 昨日はプレミアムフライデーとのことでしたが、いかがでしたでしょうか。 よーするに変な残業至上主義や行き過ぎた滅私奉公(……古い言葉のはずなんだけどなあ;;)カルチャーを打開したり、とにかく消費にお金を回したりしてほしい、ということでしょうが、メリットはちゃんとあることなので、定着してくれるといいなと思ってます。 経済の「本体」は内需にあるというトランプ米大統領の考えは私も賛成なんですよね。そういう...

歌のいのち

歌はもともとみんなのものだった。みんなのものであることが歌の命だった。やがて排他的な財産権が発明され、財産権は職業作家を生み、歌は栄えた。誰もが歌を作る時代になり、職業作家も消えていった。今や歌が誰かの個人的な所有物であるということを誰も疑わない。そのことが、少し悲しいのだ。— 佐藤龍一 (@RyuichiSato) 2017年2月14日  昨日はちょっと面白いところから、大晦日のあの紅白歌合戦に、好きなアーティスト...

「敷居が高い」

 ときどき「発作」のように言いたくなってしまうのが、日本語の誤用。 たまたまなのか、一度気になりだすとますます気になるという現象なのか、耳にする機会が重なってしまい、ちょっとイラついているのは「敷居が高い」。 少なくともこの1週間の間、数回にわたって、「〇〇店さんは高級、というイメージがあって、ちょっと敷居が高いんですけども…」 という表現を耳にしまして。 個人の会話じゃなくて、テレビ番組中で。 ...

不滅にも近く

 本日は222(にゃんにゃんにゃん)で猫の日でございます。 だから何をすることもないのですが、ねえやっぱり可愛いよねえと呟いておこうかなと。(^^ゞ 私は単なる猫バカでして、この上にある「猫キチ」様には叶いません。でもって、その猫キチさえもひれ伏すのが、岩合光昭さんという、「猫の神様」という存在。(^^;)      ●・ペットの生前の姿、ずっと そっくり人形が飼い主癒やす2017年2月21日07時54分 朝日新聞 D...

名言の我田引水

 本日はちょっとばかり、お休みでもないんですがあっさりめで参ります。  昨日はなかなか派手な低気圧が来ておりました。台風や低気圧の影響でめまい、立ちくらみを起こすのはよくあることですが、昨日は1〜2秒、失神したらしくて、なかなか派手にぶっ倒れまして。 席から立ち上がり、伸びをしたらふーっと立ちくらみのような感覚が来た。 と思った次の瞬間には倒れていた、という次第。 幸い打ち身くらいで大したことはあ...

袋井たまごふわふわ

 昨日は、 「ONE OK ROCK 2017 “Ambitions” JAPAN TOUR」ということで、エコパアリーナへ行ってまいりまして。 本当ならそれについて書きたいところ、セットリストはもちろん具体的なことを書く、「ネタバレ」はご法度、とのことなので、書くに書けない;; どうしても舞台美術や演出、演奏について書かないわけにはいかないところがあるし、それを避けて書くには至難の技だし、やってもいいけどものすっごい「思わせぶり」な仄...

行ってきました「ONE OK ROCK 2017 “Ambitions” JAPAN TOUR」(随時追記)

教養とは何か

 明日はお出かけのため、こちら、おやすみいたします。m(_ _)m      ● うちの猫が風邪をひきまして。 猫風邪といえどバカにはできないものでして、また猫エイズ陽性の子なのでなおさら気を使うところがあり、ちょっとドタバタしていて時間がないので、あっさり目ですが。 簡単に口にするしよく耳にもするけれど、説明してみろと言われると、びっくりするくらい何も説明できない、そういうものがあります。 自分の日常に...

ご褒美をくれる人

 まだどーでもいい話になりますが。「自分にご褒美」というのが、どーにも違和感ありまして。 で、たまたまテレビを見ているときにこの「褒美」なるものがどういう言葉かを解説していましたが、やはりこれは、「上位の人から、下位の人へ贈る」という意味のことばなんですね。 今はテレビ時代劇もほぼなくなっているので見聞きする機会もないんでしょうが、昔のエライ人が「褒めてとらす」なんていうの、あれが「褒美」。 褒め...

メモ:言いわけ

あんまり「昔話」をするものじゃない、しても意味ないのかもしれないけれど。たぶん、ご存知ではないことを少し。あの頃、私がどんな話を聞かされていたか——それを聞いたら、ずいぶん驚くかもしれない。最初は笑っていられるとしても、度重なるとそうもいかなくなって。否定できる材料を何も持っていないことに気づいても、質問もできなくて。頼みの綱は、細くなっていくばかりだったし。否定する材料どころか、むしろ、耳にした話...

ご案内

プロフィール

みずはら

ブログ内検索

最新記事

地球の名言

presented by 地球の名言

右サイドメニュー

月別アーカイブ